「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

ワンピース

ワンピース1109話ネタバレ最新話確定速報!エッグヘッド事件の衝撃が世界を走る?

ワンピース1109話ネタバレ最新話確定速報!エッグヘッド事件の衝撃が世界を走る?
Pocket

今回は、ワンピース1109話ネタバレ最新話確定速報!エッグヘッド事件の衝撃が世界を走る?と題してお伝えしてまいります。

2024年3月4日(月)発売の週刊少年ジャンプ14号に掲載のワンピース1109話-阻止-のネタバレ最新話確定速報になります。

是非楽しんで読んでくださいね!

尚、本記事は本誌ネタのネタバレを含んでおりますので、苦手な方はご注意ください。

>>ワンピース前回の確定はこちら!

漫画好きのあなたへ、必須アイテムコミックシーモアのご紹介です!

  • 毎日でも漫画を楽しみたいあなた。
  • 最近話題の復讐物でスカッとしたい方にも…。
  • 大人チックな漫画をこっそり読みたい方には絶対おススメだよ。
  • ライトノベルや雑誌に小説や実用書まで、好奇心旺盛なあなたに最適。
  • 少年誌などの定期購読や人気作品の単行本も…本誌派・単行本派のどちらにも対応してますよ!

それが国内最大級の電子書籍ストアコミックシーモアです。

NTTグループが運営する国内最大級の漫画・電子書籍ストアでサービスの運営15年の実績の安心安全なサイトなのです。

  • 人気のコミックから小説・ラノベまで充実の品揃えで新刊も続々入荷中
  • 独占配信のシーモアオリジナルも人気作品が目白押しなのです。
  • 豊富な無料立読みに加え1巻まるごと無料のマンガも多数。
  • ムフフな大人チックな作品の無料の”立ち読み”も豊富だよ。
  • 魅力的なSALEも毎日実施中だよ。
  • 更に更に期間限定“無料で読むも内容充実!

だから…無料登録するだけで直ぐに人気漫画が読めちゃうんです。

コミックシーモアは登録だけなら無料のの安心登録制のアプリです。作品が気に入って購入する時だけお金がかかるよ。)

今なら70%OFFクーポンやお得なポイント獲得チャンスもあるよ!

\今すぐコミックシーモアを無料登録!/  国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

それでは、ワンピース1109話ネタバレ最新話確定速報!エッグヘッド事件の衝撃が世界を走る?早速始めてまいりましょう。

 

Contents

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!

前回のワンピース-応答せよ、世界-では、瀕死の状態のDr.ベガパンクが更に友人でもあった社畜黄猿の攻撃を受けてしまいました。

その生死は未だ明らかにされていませんが、それと同時にエッグヘッドから世界に向けてDr.ベガパンクからのメッセージが遍く発信されたのです。

それは世界の”真実”についてのメッセージだということでした。

果たしてDr.ベガパンクが話す世界の姿とはどのようなものなのでしょうか?

他にはカリブーがオーガーに殺されそうになっても自分が持っている貴重な情報を盾に黒ひげティーチに会わせてくれるよう食い下がっている所…。

奪われたパシフィスタマークⅢの威権順位を取り戻すためにボニーを狙う海軍中将たちの姿…。

その窮地からボニーたちを助け出す巨兵海賊団ドリーとブロギーの活躍…。

そして更におぞましくなったサターン聖とニカ・ルフィ&サンジの戦いなどが描かれています。

その戦いの隙を衝いて、社畜黄猿から友人Dr.ベガパンクへの攻撃が加えられたのです。

それではワンピース1109話のネタバレ考察を進めてまいりましょう。

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!世界に衝撃を与えるエッグヘッド事件の可能性その後?

バーソロニューくまの過去編からエッグヘッドに登場したころのエッグヘッド事件の本質考察からこの数話の間にだいぶ様変わりした様相を呈してきました。

世界では伝説となっていてその実在すら危ぶまれていたエルバフの巨兵海賊団がエッグヘッドに上陸したあたりからでしょうか?

更には海軍本部の虎の子のパシフィスタマークⅢの威権順位をボニーに奪われたことによるバスターコール自体の危機的状況。

そしてニカ・ルフィにより世界の最高権力の一角サターン聖が殴り吹き飛ばされた事。

また黒ひげ海賊団のカタリーナ・デボンとヴァン・オーガーがエッグヘッドに上陸を果たし何をして行ったのかと言う謎。

トドメは海軍特殊化学班を率いるしがない天才科学者Dr.ベガパンクの命の危機から世界へ向けた真実の発信!

どれを取っても世界に衝撃を与えるような事だらけでエッグヘッド編の結末が中々見えてきません。

おそらくエッグヘッド事件の本質は、未来から俯瞰した場合あのエッグヘッド事件がターニングポイントだったと言われるようなことではないかと考えています。

そう考えると、世界を覆い尽くす正義という言葉が海軍から剥奪され海賊側にその主導権が以降するのではないかと考えています。

その重要なポイントとなるのが海軍が威信をかけて派遣した100隻からなる大艦隊と大将黄猿そして五老星サターン聖の敗北ではないでしょうか?

更にそこに光を当てたのはDr.ベガパンクが世界に発信した”真実ではないかとも考えています。

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!巨人族vs五老星の戦いが勃発!

巨兵海賊団の船長ドリーとブロギーに一発で仕留められた海軍本部土茶中将は完璧なモブキャラ決定ではありましたが、10本の指による指銃”土茶噛みが決まれば戦況はまた変わったものになったかもしれません。

その土茶中将の魔の手からボニーを守ったドリーとブロギーは懐かしい名前…ルフィとサンジそしてDr.ベガパンクのいるエッグヘッドの中央部を目指しました。

そこではルフィがニカに覚醒し、サンジはDr.ベガパンクを抱えながら黄猿と戦闘の真っ最中です。

そこにドリーとブロギーが現れれば当然ルフィ側の見方となりサターン聖と黄猿との戦闘が始まるものと思われます。

それはどのような戦いになると思われますか?

例えばあのバーソロミューくまの巨体でも巨人族が抱えれば大人が赤ちゃんを抱えているよりも小さく見えてしまいます。

サターン聖とてその体躯はくまと大差は有りませんでした。

そして黄猿もサターン聖ともどもニカ・ルフィに抑え込まれています。

この状況でドリーとブロギーが参戦して、麦わらの一味側の圧勝と行きたいですね。

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!Dr.ベガパンクがエッグヘッドに残り守るべきものとは?

ニカ・ルフィに対してエッグヘッドから連れ出してくれと言っていたDr.ベガパンクでしたが、瀕死の重傷の負い考えが変わったようです。

このエッグヘッドには命を賭しても守るべきものがあると言うのでした。

それはやはりDr.が人生の大半を費やして研究を重ねてきたもの以外に考えられないと思います。

ズバリそれは…Dr.がルフィたちに語った夢そのものなのだと思われます。

それは無償のエネルギー…ここにもそこにもどこかしこに溢れているエネルギーを遍く世界に届けるという夢そのものなのだと思います。

つまりエネルギーそのもの…それはマザーフレイムを生み出したパワープランとしか考えられません。

これだけはステラ自身が守るべきものでサテライトには任せられない自分自身の生きた証なのでしょう。

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!Dr.ベガパンク・ステラの命は引き継がれ未来に繋がって行く?

Dr.ベガパンク・ステラにとっては、生死と言う概念すら前時代的なものなのかも知れません。

サターン聖の触手に刺され更に黄猿の天叢雲剣に貫かれたのではDr.ベガパンクの身体が持つとは思えません。

しかしその肉体の死とはかけ離れたところに、Dr.ベガパンクの記憶や蓄積してきた知識そして生み出してきた最先端の技術は蓄積されていいます。

それはパンクレコーズ…将来的には人類皆との脳とも繋がると言うDr.ベガパンクの叡智の結晶です。

更にDr.ベガパンク・ステラの自我や個性はサテライトのそれぞれに引き継がれていもいるのです。

たとえ肉体が朽ち果てたとしても、これでDr.ベガパンクは死んだと言えるのでしょうか?

またその肉体の滅びたとは明記されておらずノミノミの実の能力で治癒される技術も完成されている可能性も考えられます。

いずれにしてもDr.ベガパンクステラの命は様々な所に受け継がれ更に夢の未来を形作って行くのでしょう?

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!Dr.ベガパンクのメッセージにある真実とはエネルギー問題?

Dr.ベガパンク身体が来た黄猿により貫かれて間もなく、そのメッセージは世界に向かって流されました。

その時サンジに抱えられたDr.ベガパンクは笑っていた様子です。

これはDr.ベガパンク・ステラが事前に準備していた世界中の人々へ”真実”を伝えるメッセージなのだと思います。

しかしこのDr.ベガパンクのメッセージが即…歴史的な世界政府の悪事を暴き出すものでも無いと考えています。

そのメッセージはDr.ベガパンクの夢を具現化した物ではないでしょうか?

ルフィたちに語ったその夢とは…世界中に無償でエネルギーが行き渡る世界…Dr.ベガパンクの夢のプロトタイプが既に出来上がっていたのかも知れません。

  • エネルギーは至る所に…世界中に満ちている…戦争の火種を消せる…科学はいつかそこに到達する!

その研究に没頭するということはイコール過去の秘密に迫る事だったとDr.ベガパンクは言っています。

もし自分にもしものことが有れば、このエネルギー研究を引き継ぐものを危険に追い込んでします恐れを感じていたのではないでしょうか?

そこでDr.ベガパンクはこの世界にあまねく満ちているエネルギーの存在を既知の知識として隠し立てできないものにしようと考えたのではないでしょうか。

しかしそのエネルギーが明らかになる時、一緒に歴史の秘密も明かされることになる危険を孕んでいるのではないでしょうか?

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!伝説の鉄の巨人の研究から強大なエネルギーを生んだDr.ベガパンク?

Dr.ベガパンクの夢である無償のエネルギー…このエネルギーの研究をすればするほど近づいて行くのが、200年前に聖地マリージョアで大暴れしたと言われる伝説の鉄の巨人でした。

その時、聖地マリージョアは伝説の鉄の巨人のエネルギー不足で事なきを得たと言います。

政府からは廃棄を命じられた伝説の鉄の巨人でしたが、当時の科学者の探求心により秘密裏に受け継がれエッグヘッドのスクラップ場に眠っているわけです。

その伝説の鉄の巨人が作られたのは実は900年も昔の事…つまり世界に満ちている無償のエネルギーとは伝説の鉄の巨人の動力となっていた古代のエネルギーということになるのです。

そして生み出されたのが”マザーフレイム”…世界をも焼き尽くす禁断のエネルギーだったのではないでしょうか?

そいえば200年前と言えば魚人差別に動きが有った頃とも言われており、伝説の鉄の巨人が動き出したのも関係があるのかもしれません。

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!エネルギー問題からDr.ベガパンクが空白の100年を解き明かす?

魚人族リュウグウ王国が世界政府と友好関係を結びレヴェリーに参加したと記録に残っているのが丁度200年前の事になります。

伝説の鉄の巨人が聖地マリージョアを襲撃した時期とリンクします。

この事に気付かないDr.ベガパンクの頭脳ではないでしょう。

何故伝説の鉄の巨人が暴れた時期に魚人差別が緩和されたのか…200年も前に動きがあったにもかかわらずその後も魚人差別が続いていることが秘密を解くカギになりそうです。

やはりこれもエネルギー問題と関係があるのでしょうか?

魚人族リュウグウ王国には3つの古代兵器の内ポセイドンが存在することが分っています。

正体はしらほし姫…ポセイドンという古代兵器がどのように発動されるのかは未だ全く明かされてはいませんが、しらほし姫には海王類を自在に操る能力が有ると言われており、島を一つ消すなど造作もないこととも言われています。

なにやらDr.ベガパンクがエッグヘッドをシービーストウェポンで囲って守っていた事を想起させるような出来事です。

Dr.ベガパンク古代兵器の一つポセイドンが持つエネルギーの秘密も解き明かしたのかもしれません。

200年前の魚人差別の緩和はその古代エネルギーを恐れてのことだったとしたら…起きた出来事が綺麗に結びつくのではないでしょうか。

Dr.ベガパンクは更にそのエネルギー問題が800年前の空白の100年に繋がっていることもエネルギー研究の副産物として知り得たのかもしれません。

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!過去の行き過ぎた文明はエネルギー枯渇で滅びた?

無償のエネルギーを夢見るDr.ベガパンクにとって一番忌むべきことはエネルギーの枯渇でしょう。

もし今エネルギーが枯渇したらDr.ベガパンクが長年作り出してきた未来島エッグヘッドは一時も置かず全ての機能を停止せざるを得ないのではないでしょうか?

その事に危惧を覚えたDr.ベガパンクはかつて世界政府と対立した古代の王国に思いを馳せることになったのは想像に難くは有りません。

その古代の王国が滅びざるを得なかったのはあまりにも文明が進んだが為のエネルギー枯渇では無かったのか…その疑問と克服がいつしかDr.ベガパンクの研究の中心を占めて行ったのではないでしょうか。

そこに取って代わろうとしたのが今の世界政府であることもDr.ベガパンクからしたら自明の理だったのかも知れません。

故に枯渇しないエネルギーを生み出す術を見つければ差罰をも無くすことが出来る。

更にそのエネルギーは世界中の至る所に満ち満ちている事を知ったDr.ベガパンクは更にその研究にのめり込んで行ったのだと思います。

その末に生み出されたのがルルシア王国を一瞬の内に吹き飛ばした”マザーフレイム”だったわけです。

過ぎたるは及ばざるが…歴史は繰り返すのでしょうか…それも姿を変えて。

世界政府と対立した王国が滅びたのはエネルギーの枯渇がその要因だったのではないでしょうか。

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!サターン聖と黄猿を捉えたニカの本気?

  • お前らは…逃がすわけ…ねェだろ…。

そう言ってニカ・ルフィはいつもとは雰囲気の違う鬼の形相を隠しながら社畜黄猿とサターン聖をその腕力だけで拘束するのでした。

恩人であるくまには仇を成し、仲間になったボニーを殺そうとしあまつさえ助けると約束したDr.ベガパンクを今にも死に追いやろうとしているサターン聖と黄猿をニカ・ルフィが許すはずもないのです。

何よりも自由に憧れ、何よりも仲間を思うルフィがニカとしての強大な力をまた一つ覚醒させたのかも知れません。

ニカ・ルフィは遂に世界政府の最高峰の一人五老星・サターン聖を倒すのでしょうか。

そして今まで軽くあしらわれて来た海軍本部最強戦力の一角黄猿を亡き者にするのでしょうか。

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!サンジとDr.ベガパンクの前にドリーとブロギーが現れる?

瀕死のDr.ベガパンクにサンジが必死に声をかけています。

  • くそォー…おいベガパンク…おい死んだのか…おい何で笑ってる…。

そのサンジたちを助けようとエッグヘッドの中央に2人の戦士が向かっています!

ジュエリー・ボニーに言われてルフィとサンジとベガパンクを助けに、だいぶ火が回って来た島内を奥へ奥へと進んで行ったドリーとブロギーでした。

その巨体がサンジやニカ・ルフィの視界に入ってくるのも間もなくのことでしょう。

辺り一面に火の手に覆われる前に3人を助け出しエルバフ方面の北東部の海岸まで帰り着かなければなりません。

そしてその場所にたどり着いた時に、知り合いの”学者”から聞いていたDr.ベガパンクが瀕死状態である事に心優しいドリーとブロギーは真っ先に救助を優先するでしょう。

Dr.ベガパンクの救助のための先を急ぐドリーとブロギーは戦いの場から早々に巨兵海賊団の海賊船へと足早に向かうものと思われます。

後に残ったニカ・ルフィとサンジはそれぞれサターン聖と黄猿との決戦に向けて動き出すものと思われます。

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!ドリーが言ったベガパンクを知る学者とは誰?

ここで一つ考えてみましょう。

ドリーが言ったDr.ベガパンクを知る”学者”の事です。

ドリーとブロギーが出発した場所はエルバフであることは間違いないでしょう。

その事から、エルバフにDr.ベガパンクを知る巨人族の学者がいると言うことで考えても良さそうだと思われます。

更に考えればその学者は我々パンピースファンにとってもお馴染みの存在でなければここで伏線として出す必要が薄れるとも思われます。

そう考えると候補は一人しか思いつきません。

かつてエルバフの巨人族を野蛮と読んでいたあの男…そしてオハラの湖に沈んだ膨大な学術書を引き上げる事を巨人族に進言したと思われるその本の価値を痛いほど知っているその男…更に全身に火傷に覆われ暫く身動きが出来なかったとすれば…。

学者と呼ばれるようになるには22年間も時が有れば充分でしょう。

Dr.ベガパンクを知る”学者”とは”ハグワール・D・サウロ“その人だと思います。

そして人類の叡智としてオハラの本をDr.ベガパンクに託したのもサウロだったのではないでしょうか。

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!オーガーがカリブーを連れて行く黒ひげティーチの居場所は?

ヴァン・オーガーは気に入らないながらもカリブーが持っているという情報が重要なことで有ればとティーチ提督の所まで連れて行くのかも知れません。

その黒ひげティーチは今どこにいるのでしょうか?

最終章突入~エッグヘッド編の中での直近の動きは勝者島でのローとの闘いでした。

その時にローに受けた”衝撃波動ショックヴィレ”の傷もまだ癒えないタイミングかもしれません。

軽薄で考えなしの所がティーチの欠点…ヴァン・オーガーは仕方なくワプワプの実で救い出していました。

しかし結果ローとの戦いはハートの海賊団を敗北に追い込み黒ひげ海賊団が勝利、文字通り勝者島のウイナーとなったのでした。

それ以来、黒ひげティーチ自身が表立った活動を控えていることから考えるとローから受けた傷がまだ癒えていない事も考えられます。

そうなると黒ひげティーチが今停泊している場所はまだ勝者島なのかも知れません。

カリブーはオーガーに連れられ勝者島で憧れのあの人…ティーチ提督に会うことが出来るのかも知れません。

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!カタリーナ・デボンのイヌイヌの実の恐怖の秘密?

デボンに触れられた後のサターン聖は、あまりにも異形で人間とはかけ離れた姿かたちに変わった上に声を発することなく悍ましい姿となって迫って来ます。

更に毒をも纏い、その姿はまるで巨大な毒蜘蛛と化したかのようです。

これが元々のサターン聖の悪魔の実が覚醒した姿と力なのでしょか?

デボンとの邂逅以来のサターン聖…正気を失ったような目と明確な意思が読み取れないようなあやふやな行動がどうも世界政府の最高権力を持つ五老星とは繋がらないのです。

もしかしたらサターン聖はデボンに操られているのかもしれません。

デボンのイヌイヌの実はベンサムのマネマネのみに上位互換とも考察してきました。

その上位互換のレベルが桁外れに上がっていたとしたら。

ただ真似るだけでなく遠くから操り人形のごとく支配しデボンが自在に動かせるとしたらどうでしょうか?

もしサターン聖が聖地マリージョアに帰還した後もデボンの支配下として動くとしたら…これほど黒ひげティーチにとって好都合な事は無いでしょう。

イヌイヌの実は”真似る”、”能力も頂く”、”遠隔で操る”と言った3つの力を持ち合わせた恐怖の力を帯びているのかも知れません。

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!バスターコールのエネルギーと解放のドラムが伝説の鉄の巨人を呼び覚ます?

エッグヘッドの廃棄場に眠る伝説の鉄の巨人!

ルフィの呼びかけに動いたかに見えましたが、エネルギー切れなのか直ぐに止まってしまいました。

その後ギア5thモデルニカの”解放のドラム”音に反応するかと思っていましたが、やはりエネルギーが無ければ動けないのでしょうか?

海軍のバスターコールに対して麦わらの一味たちも奮戦をするとは思いますが、やはり多勢に無勢…いかんともしがたい状況に陥るのではないでしょうか?

その時そのバスターコールが伝説の鉄の巨人にとってエネルギー供給となったらどうでしょうか?

エネルギーはあらゆるところに満ちている…Dr.ベガパンクの言葉が思い出されます。

バスターコールが引き金となりあらゆるところに満ち満ちているエネルギーを使い、更にギア5thモデルニカの”解放のドラム”が聞こえてくれば…。

伝説の鉄の巨人が発動する条件が出そろうのではないでしょうか?

その伝説の鉄の巨人はバスターコールを無力化しエッグヘッドを救うのではないか?

更に伝説の鉄の巨人を操れるのはかつての栄光の戦士バッカニア族だけなのかもしれないとも考えています。

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!エッグヘッドに鳴り響く解放のドラムでくまが自我を呼び覚ます?

バッカニア族ほど”解放の戦士”太陽の神ニカと密接に繋がっていた民族はかつてもこれからも登場しないのではないでしょうか?

そして目の前の盟友ドラゴンの息子であるルフィが大量の食べ物で満腹となり、ギア5thモデルニカに間もなくなろうとしているところでもあります。

唯一バッカニア族の末裔であるくまも言い伝えではなく本物の”解放のドラム”に触れるのはのは初めてでしょう。

ドンドットット・ドンドットット…ルフィのニカ化の心臓の鼓動音‥ドンドットット・ドンドット!

自我を失ったくまの本能の欠片にも、このルフィの鼓動が響き渡るのではないでしょうか。

そしてくまの中で解放のドラム音との共振が起り、何らかの変化をもたらすのではないでしょうか。

それは支配から自由への変化…つまりサターン聖の支配による様々な事からくまが解き放たれ自由を手にするのではないかと考えています。

つまりくまに自我と記憶が戻ってくる…?

ニカとバッカニア族は太古の昔からお互いに共振しこの海に自由を振りまいてきた者たちなのかも知れません。

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!ジュエリー・ボニー本当の血筋はネロナ・イム?

サターン聖がボニーを鷲掴みにしながらペラペラといつもの通り口も軽く重要なことを口走ってくれました。

そのサターン聖の言葉の中に攫われた後のジニーの処遇とボニーの血筋に関わる伏線も含まれていたようです。

  • 後に聖地の者の第8夫人となったお前の母に”薬物実験”をしたのも私だ…。

この聖地の者とは誰のことなのか…一般に○○の者と言う表現はその場所での一番の権力者を現わすことが多いようです。

更に想像を逞しくすればジニーに”薬物実験”を施すようにサターン聖に命令したのもこの聖地の者なのではないでしょうか?

つまりジニーは聖地の者ネロナ・イム聖の第8夫人となりボニーを生んだものと思われます。

サターン聖がジニーに施した“薬物実験”の目的も気になりますがボニーがイムの落としだねという場合…エッグヘッドにおけるサターン聖とボニーの関係が微妙に違和感が出てきます。

サターン聖は主であるイムの落胤を手にかけようとしているという事になるわけです。

確かに天竜人の人でなしぶりは子を子とも思わない事も想像に難くはありませんが、今回のサターン聖は自分のことでなく主の子供を始末しようといるワケです。

この辺りが、サターン聖にも裏切りフラグが立っているという考察に繋がって行くのでしょうか?

いずれにしても世界の支配者ネロナ・イム聖の落胤のジュエリー・ボニーがこのままサターン聖の毒牙にかかって果てるとも思われず、もう一波乱も二波乱もありそうに思えます。

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!無敵奴隷くまに覇王色の覇気が開眼?

くまは今となっては栄光のバッカニア族雄一の末裔となったようです。

しかしは幼少期からそのバッカニア族の血を受け継いだが為に苦難の人生を歩まざるを得ませんでした。

そう考えるとくまがバッカニア族の事を特殊な種族と呼んでいたのはネガティブな感情からだったのかも知れません。

つまり唯一生き残ったくまは自我を無くす枚までにバッカニア族とは何なのかを知ることは出来なかったのではないでしょうか?

単純に考えても世界政府を牛耳る五老星が恐れるほどのバッカニア族がただの捕らわれし絶滅種のはずがありません。

おそらく空白の100年で最初の20人陣営と覇権を争った王族なのではないでしょうか?

そう考えた時、バッカニア族とは天竜人と同等の王の血筋を受け継いだものとなります。

サターン聖に向けられた無敵奴隷くまの右腕が纏った覇気は武装色ではなく選ばれた血筋だけに現れるとされる覇王色なのではないでしょうか?

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!ボニーのニカみたいな未来がくまの覇気により実体を現わす?

ここまでワンピースを読んできてこの物語のラストヒーローは”解放の戦士”太陽の神ニカだと思ってきました。

そしてそのニカが姿を変えてこの世に姿を現したのが800年前の空白の100年で活躍したジョイボーイであり現代ではルフィのギア5thモデルニカだと考えてきました。

でも考えてみればワンピースの空白の100年は日本史における邪馬台国から大和朝廷に至る空白の4世紀をモデルにしていることが確実です。

日本史の方での空白の4世紀に神格化されたと思われる太陽神…それは卑弥呼でありそれを擬人化した天照大御神で女性なのです。

ここエッグヘッドで、ボニーが太陽の神ニカみたいの未来を手に入れるとすればそれは父であるくまの後押し無くして不可能なのではないでしょうか?

そしてくまから放たれた武装色の覇気を帯びたサターン聖のパンチの威力はボニーにも影響を与えることとなるのではないでしょうか?

覚醒したジュエリー・ボニー・ニカみたいな未来は…どこまでも色白でその身体が放つ輝きはくまからの10歳の誕生日プレゼントである太陽のペンダントに力を与え、凄まじいまでの光の力で敵をなぎ倒して行くのではないでしょうか?

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!くまの覇気に触発されダブルでニカが覚醒?

くまの思いは愛娘のボニーだけではなく盟友ドラゴンの息子ルフィにも及んでいました。

そのドラゴンが言うところの本能の欠片に突き動かされて苦難のレッドライン踏破に加え聖地マリージョアでの赤犬との激闘も乗り越えようやくエッグヘッドにたどり着いたバーソロミューくま?

ボニーを危機一髪で救い悪の元凶サターン聖に振り上げたくまの拳は明らかに武装色の覇気を纏っていたと思われます。

本能の欠片が意志の力を呼び覚ましたという事なのか、それともルームNIKYUの記憶と自我がくまに再び帰って行ったのでしょうか?

いずれにしてもくまが覇気の力を発眼した事は間違いない事実ではないでしょうか?

覇気は意志の力…それは攻撃の対象だけではなく周囲の者の覚醒をも呼び覚ます!

くまの手のひらで泣いていたボニーの”ニカみたいな未来“を呼び覚ますのではないか…そしてルフィにもその意志の力が及びギア5thモデルニカがもう一段上位の覚醒を発現させるのではないでしょうか?

その時瀕死のくまの前に彼が願ってやまなかったニカが…それも2人も現れ出でるのではないのか?

そしてダブルニカは今までくまから貰った愛を力に変換してサターン聖を打ち倒してくれるのではないでしょうか?

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!ボニーのニカ化はサターン聖の誤算?

ディストーション・フューチャー”ニカみたいな未来をサターン聖にお見舞いしたボニーでした。

しかしその力はボニーも自覚しているように段々と弱まってきているのです。

その秘密はサターン聖にあったようです。

ボニーのトシトシの実の能力はサターン聖が実験で与えたものだったのです。

  • いかなる未来にも変身できるが、現実を知るたびに選べる未来が狭まくなって行く能力。

これはサターン聖が言っている言葉ですが、”未来が狭くなる“という事は言葉を選べば”絞り込まれて行く”という事ではないでしょうか?

つまり現実を知るたびになりたいニカにボニーは近づいているとも受け取れるのです。

ここエッグヘッドでバーソロミューくまが未来を託した2人…ルフィとボニーがニカ化して共闘する可能性が出て来たと思っています。

そう考えると不可解なのがサターン聖の発言です。

ボニーの中でニカとルフィのギア5thモデルニカが繋がっていないと考えたサターン聖が‐実に惜しい‐と言っています。

更にボニーの今の弱さは、実はニカはいないのではと思い始めている証拠であるという事。

敵の未来に期待しているとも思える発言…これはサターン聖も世界政府を裏切るのか…?

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の考察!第二のオハラ・第二のゴッドバレー・第二の頂上戦争・これから何が起きるか考察?

エッグヘッドに有ると考えられるポーネグリフ解読の為の秘密…これがターゲットであればエッグヘッドが第二のオハラとしての展開になるとも考えられます。

ルフィとコビーが共闘して黒ひげを追い詰めるのであればゴッドバレーの再来とも言われる戦いが繰り広げられることになるでしょう。

はたまた、じいちゃんのガープをルフィが助けに向かうこととなれば麦わらの大船団もそれに付き従うこととなり第二の頂上戦争に繋がって行く可能性があります。

じつはマリンフォード頂上戦争には裏のシナリオがあり、ルフィがエースを助けた後のサカズキの攻撃をサボが現れて2人と助けるという筋書きもあったようなのです。

“とあるifストーリー”全3巻…面白いのでワンピース好きは必ずみましょうね。

最終章に向けて全て描かれてほしい気もしますが、ここは時系列から見てゴッドバレーの再来からでしょうか?

ルフィとコビーが共闘でガープじいちゃんを救うために黒ひげ海賊団を壊滅させる…単行本3巻分くらいは必要だと思います。

ここで長年持ち続けて来たエースの無念も晴らされるでしょうか?

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の確定速報!

2024年3月4日(月)発売の週刊少年ジャンプ14号に掲載のワンピース1109話-阻止-のネタバレ最新話確定速報になります。

是非楽しんで読んでくださいね!

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の確定速報!世界が受信準備出来るまで10分待つDr.ベガパンク!

世界への真実のメッセージが話される前に、正シャカからステラにアドバイスが入ります。

相手にも真実のメッセーを聴くための準備が必要であると。

迷ったあげくDr.ベガパンクは10分だけインターバルを置くことにしたのです。

海軍特殊化学班から発信されているこの念波は世界各地の海軍支部を中継して世界中に配信される仕組みのようですが、海兵たちが通信を切ろうとしても強制的に最大の出力が出てしまいメッセージを切ることは出来ないようです。

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の確定速報!Dr.ベガパンクのメッセージに慌てふためく世界の各地!

いち早くこの配信に反応したのは聖地マリージョアでした。

特に残りの五老星は配信を止めるように色々と相談をしている様子も見て取れます。

更に新世界”ドレスローザ”やイーストブルー”フーシャ村にグランドライン”ウォーターセブン“や”世界経済新聞社”など世界で各地が騒然となった中、電伝虫や映像電伝虫を慌ただしく準備する様子が描かれます。

そしてカマバッカ王国の革命軍の様子に加え、サテライト正シャカから”もうすぐ死ぬ”と言うメッセージを受けていたドラゴンの姿も描かれています。

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の確定速報!ニカ・ルフィにペシャンコにされても復活するサターン聖と黄猿!

仲間を逃がすためにサターン聖と黄猿を抑え込んでいたルフィは新技で2人を追い込みます。

“ゴムゴムのドーンシンバル(白い万力)

巨大なニカの手がサターン聖と黄猿をペシャンコの紙のような姿にかえてしまい、それをぐるんぐるんと回して遠くの軍艦まで投げ飛ばしてしまうのです。

しかしサターン聖は直ぐに復活し、ニカ・ルフィに攻撃を仕掛けてくるのです。

そしてサターン聖にはパンゲア城の他の五老星からのベガパンクの配信を止めるように矢のような催促が入るのです。

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の確定速報!黒いイナズマとともに現れた魔方陣!

“呼ぶぞ”と言いながら、おぞましい怒りの表情を見せたサターン聖!

その言葉とともに現れたのはサターン聖がエッグヘッドに登場する時に現れた黒い魔方陣、そしてエッグヘッドを破壊し焼き尽くすような黒いイナズマが幾つも落とされるのでした。

それを見ていた者はニカ・ルフィも例外なく驚愕の表情を見せるのでした。

 

ワンピース1109話ネタバレ最新話の確定速報!感想と考察!

皆が楽しみにしていたDr.ベガパンクによる世界の”真実”の配信は、残念ながら今回はおあずけとなりました。

と言うよりも本当にここで”真実が世界中に配信されるかもあやしい状況となって来たようです。

今までまさかのモブキャラかと思われていた最弱サターン聖がここに来て覚醒したのか、はたまた本当の実力の一端を見せ始めたのか…侮れない状況となって迫って来ます。

最後に魔方陣から立ち上る悍ましきものの姿は何なのでしょうか?

サターン聖は呼ぶぞと言って何を召喚したのでしょうか。

まさかの五老星揃い踏みも可能性としては出てきました。

次回のワンピースが2024年3月11日(月)発売の週刊少年ジャンプ15号に掲載される予定です。

 

まとめ

今回は、ワンピース1109話ネタバレ最新話確定速報!エッグヘッド事件の衝撃が世界を走る?と言うテーマでお伝えしてまいりました。

2024年3月4日(月)発売の週刊少年ジャンプ14号に掲載のワンピース1109話-阻止-のネタバレ最新話確定速報でした。

楽しんで読んで頂けましたか?

Dr.ベガパンクの世界の真実が800年前の歴史についてで、そこに全ての伏線が集約されていればワンピースがもうすぐ終わってしますことに…?

それでは寂しいので…やはり天才科学者としての真実とはエネルギー問題かなと思うのですが…!

それでは、ワンピース1109話ネタバレ最新話確定速報!エッグヘッド事件の衝撃が世界を走る?これで終了とさせて頂きます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

テキストのコピーはできません。