「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

呪術廻戦

呪術廻戦255話ネタバレ最新話確定速報!人外魔境で宿儺と対峙する或る特異な呪術師たち!

呪術廻戦255話ネタバレ最新話確定速報!人外魔境で宿儺と対峙する或る特異な呪術師?
Pocket

今回のテーマは、呪術廻戦255話ネタバレ最新話確定速報!人外魔境で宿儺と対峙する或る特異な呪術師たち!と題してお伝えしてまいります。

2024年4月1日(月)発売の週刊少年ジャンプ18号に掲載の呪術廻戦255話-人外魔境新宿決戦㉗-のネタバレ最新話確定速報になります!

是非楽しんで読んでくださいね!

>>呪術廻戦の前回のネタバレ確定はこちら!

尚、本記事は本誌ネタの考察に加えてネタバレも含んでおりますので、苦手な方はご注意ください。

それでは、呪術廻戦255話ネタバレ最新話確定速報!人外魔境で宿儺と対峙する或る特異な呪術師たち!早速進めてまいりましょう。

 

呪術廻戦255話ネタバレ最新話の考察!

呪術廻戦の前話-人外魔境新宿決㉖-では一級呪術師最強の呼び声が高い呪術高専東京校2年担任の日下部篤也と宿儺のタイマン勝負が描かれました。

シン・陰流の使い手である日下部篤也の強さの秘密は簡易領域の使い方に有るようです。

領域に侵入してきたものをフルオート反射で瞬時に倒す術を持っているが故に…簡易領域で中和出来る以外の相手の術式にはある程度の山勘で当たっても領域にさえ取り込めば何とかなる…実際何とかなってきたのでしょう。

更に日下部篤也はその領域の広さを自在に操ることが出来る為、不意を突いて相手を自らの領域に引きずり込みフルオート反射で迎撃するという大技を持っているのです。

そしてその大技はまんまと宿儺に決まるのでした。

ある程度間合いを置いて宿儺に対峙した日下部篤也は一瞬の隙を衝いて領域を拡大…宿儺を取り込むことに成功するのです。

そして繰り出したのは、新技と思われる居合朧月”で宿儺の弱った心臓を狙うのですが…。

しかし、これだけ頑張っても日下部篤也の方なの切先は宿儺に届かず逆に致命傷ともなる前劇を胸に受けて倒されてしまったのです。

呪術高専の呪術師が倒されればそこに現れるのが”脱出”技で術師の身体を運ぶ憂憂でした。

今回の宿儺はその憂憂ですら鬱陶しい存在として感じたようで迫ろうとするのですが、そこに宿儺が見たことがない呪術師が姿を現すので死す。

1年前の百鬼夜行…夏油傑一派の幹部として登場しあの五条悟を10分もの時間足止めしたミゲルが人外魔境新宿に参戦…宿儺に宣戦布告するのでした。

それでは呪術廻戦255話の考察を進めてまいりましょう。

 

呪術廻戦256話ネタバレ最新話の考察!ここでミゲル登場の理由が意外だった?

現在クライマックスが描かれている呪術廻戦にある意味唐突ともいえるミゲルが登場しました。

呪術廻戦側にはまだ冥冥や京都校の何人かも残されていて、釘崎野薔薇や東堂葵など死亡確定していないキャラの復活もファンからは望まれている中でのミゲルの登場にはどういう意味があるのでしょう?

1番に上げられる関係性といえば今日が12月24日であることだと思います。

夏油傑一派が百鬼夜行を挙行した日…そこで夏油傑は命を落とし一派は自然消滅…ミゲルは五条悟に屈し呪術高専サイドの人間として協力をすることになっていました。

そう考えれば宿儺に対峙する高専側の呪術師として登場を果たしても違和感はないといえるのかもしれません。

しかしそれであれば、一時的とはいえ乙骨憂太と行動を共にしたことから考えれば乙骨憂太との協力関係を戦力にしても良かったのではないでしょうか?

他に新宿の地に単独でミゲルが登場した意味を推し量る材料が今のところ見つかりません。

 

呪術廻戦255話ネタバレ最新話の考察!ラルゥ登場の可能性は?

人外魔境新宿に外国籍ケニヤ出身のミゲルが現れたということは、もう一人国籍不詳の夏油一派の幹部…ラルゥ…の参戦も可能性として考えられないわけではないでしょう。

胸板のTクビの所にピンクのハートの印章?が付いたキャラと言えば思い出していただけるでしょうか?

ペリカン便で東京に降り立った夏油一派で上半身裸で菜々子から‐寒くないの‐と突っ込まれてもいました。

ラルゥもミゲル同様に夏油傑に心酔している存在でいらぬ野望などは持ち合せて無く、ただ一心に夏油を王と信じ抜いている存在として劇場版0では描かれています。

しかしラルゥには劇場版0含めて戦った姿が全く描かれていない事からその能力はミゲル以上に未知数ではあります。

また、百鬼夜行で現れた夏油一派では夏油傑に次ぐグループ内でのリーダーとして描かれていて夏油一派離脱後にミゲルと接点が有ったとしても何ら不思議ではありません。

そしてこのラルゥも戦闘シーンこそ描かれていないものの、公式ファンブックでの作者芥見下々先生の評価はミゲルと全く同じで”強い”と言うものでした。

また七海建人と菅田真奈美が一触即発の状況となった時に見せたラルゥの覇気のこもった鋭い叫び声は空気を震わせるほどのものであり、一瞬で両者の動きを止めるほど迫力に満ちたものでした。

その時に落ちとしてその叫びで遠くを飛んでいたハエが落下したのも特筆すべきことではないでしょうか?

果たしてミゲルに続いてここ人外魔境新宿でラルゥの未知なる強さが顕現する可能性はあるのでしょうか?

 

呪術廻戦255話ネタバレ最新話の考察!虎杖悠仁を魔境に残す脹相の狙い?

同じ世界を断つ斬撃を喰らった乙骨憂太とリカちゃんが憂憂によって助け出されたにも関わらず虎杖悠仁は新宿魔境に踏みとどまっています。

その目的は1点…伏黒恵を救う…ただその為だけに虎杖悠仁はこの人外魔境に踏みとどまったのです。

そこで現れたのは呪胎九相図の弟たちにかけたと思われる脹相の姿でした。

脹相は言います…思い出せ、イメージしろ…と。

そして…血管で身体の輪郭を形成するイメージを持てと虎杖悠仁に言うのです。

これって加茂家相伝の赤血操術のイメージそのものと言って良いでしょう。

赫鱗躍動”身体能力を飛躍的に向上させる血液を体内で操作する技になります。

この技には体内で血液を凝固させ、肉体自体の硬度を極限まで上げることも可能になって来ます。

先ずは虎杖悠仁の身体能力を上げ、次に肉体強度を上げることで宿儺に対峙する禪院真希と共闘して出来ることが有るのではないでしょうか?

いずれにしても宿儺の世界を断つ斬撃を赤血操術でダメージを弱め…既に呪力の働きが無ければ動かない伏黒恵の心臓を真希が釈魂刀レプリカで切り裂くと同時に宿儺の魂を治癒不可と下の地に…?

虎杖悠仁は伏黒恵の心臓を反転術式で治癒するという作戦ではないでしょうか。

 

呪術廻戦255話ネタバレ最新話の考察!最終局面に来て未だ術式が顕現しない虎杖悠仁の秘密?

呪術廻戦も2024年の最後を待たずに完結すると言われています。

しかしこの呪術師たちの活躍を描いて来た呪術廻戦の主人公である虎杖悠仁には未だに術式が刻まれていません。

大いなる予告として五条悟のつぶやきで宿儺の術式が刻まれるとは言われていますが、それも遥か遠い過去で行った本人も今はこの世にいません。

もしかしたらこの世に同じ術式を使うものが同時に存在することが出来ないとも考えられます。

この呪術廻戦で技は兎も角、同じ術式が同時に2人に刻まれた事は無いのではないでしょうか?

呪力と言うエネルギーの性質…エネルギー保存の法則から行けば同じ術式で倍のエネルギーが存在するようなことは出来ないのかも知れません。

もしできたとしてもその呪力は分け合う…つまり足して1となるようなことになるのかも知れません。

五条悟の言うように虎杖悠仁に宿儺の術式が刻まれるとしても呪力総量は宿儺と分け合う形になるのではないでしょうか?

そう考えれば虎杖悠仁に宿儺の術式が刻まれた時、宿儺の呪力は著しく半減するのではないっでしょうか?

もしかしたらその時こそが宿儺を倒すチャンスになるのかもしれないと一人ほくそ笑んでいます。

 

 

呪術廻戦255話ネタバレ最新話の考察!虎杖悠仁と日下部篤也の魂の入れ替わり?

いよいよ虎杖悠仁と日下部篤也の2人が新宿決戦の場に残り宿儺と戦うことになったようです。

虎杖悠仁と日下部篤也と言えば、新宿での決戦を前にした冥冥道場で稽古に余念のない姿が記憶に新しいところです。

あの時の会話が逆転していた2人の伏線がようやくここで明かされるのでしょうか?

この場面に至るまでは虎杖悠仁が宿儺に受肉された伏黒恵と入れ替わるのではと考えていました。

そして類まれな呪力の才を持つ虎杖悠仁が宿儺を抑え込むのだと…?

しかし新宿決戦も最終局面に入り、この場面が設定されたということは日下部篤也自身が虎杖悠仁と魂の入れ替わりを演じるのではないかと思えてきました。

瀕死状態の虎杖悠仁は日下部篤也の肉体を借りて宿儺と最後の決戦に臨むことになるのでしょうか?

 

呪術廻戦255話ネタバレ最新話の考察!憂憂の高速移動で運ばれた五条悟たちの身体はどうなった?

新宿決戦の主戦場に憂憂と星綺羅羅が現れ日車寛見の身体をどこかに移動していました。

これは憂憂の高速移動の能力か、若しくは星綺羅羅の星間飛行(ラヴランデヴー)を活用して重症を負った呪術高専側の呪術師を家入硝子の所まで運んでいたと思われます。

宿儺が考えるには消えた五条悟の遺体も彼らが運んだものと読んでいた様子でした。

そしてその直後に虎杖悠仁がこの1月あまりで反転術式を習得した事に気付いたようでもありました。

またその後に宿儺は、自分より遥かに弱者のも虎杖悠仁の折れない意志に慄きながらも、苛立っている様子までが描かれたのです。

これは大きく異例な事なのではないでしょうか?

宿儺は更に主菜は”憑霊の餓鬼”とも呟いています。

こん憑霊の餓鬼”が何を指すのかと言う問題になって来ます。

それは五条悟…身体を治癒している間に五条悟の魂は虎杖悠仁の中で治癒されているのではないかと考えています。

つまり間もなく五条悟は復活を果たすものと考えられます?

 

呪術廻戦255話ネタバレ最新話の確定速報!

2024年4月1日(月)発売の週刊少年ジャンプ18号に掲載の呪術廻戦255話-人外魔境新宿決戦㉗-のネタバレ最新話確定速報になります!

是非楽しんで読んでくださいね!

 

呪術廻戦255話ネタバレ最新話の確定速報!ミゲルとラルゥ参戦の経緯は夏油への弔い!

最初の1ページ目から登場したのが…期待されていた夏油一派の副リーダー格だったラルゥがミゲルと並んでの参戦です。

そしてそのあとからミゲルとラルゥが宿儺と対決することになった経緯が回顧シーンとして描かれています。

夏油一派は百鬼夜行で離散した後、自然派生的に3つのグループに分離してしまいました。

ミゲルとラルゥは五条悟から見逃してもらった経緯から…というか半強制的脅迫的に呪術高専側に組み入れられていたのは以前の呪術高専の本編にも描かれていました。

しかしミゲルにとっては乙骨憂太を伴って黒縄の捜索した事で五条悟に対する義理は果たしたと考えていたようです。

この辺の件はミゲルとラルゥの夏油傑に対する思いが現れていて興味深いところです。

結果参戦の条件として…五条悟と乙骨憂太が宿儺の前に敗れ去り且つ宿儺が領域を使えなくなっている場合のみ…2人で宿儺に立ち向かうという約束が交わされたようです。

 

呪術廻戦255話ネタバレ最新話の確定速報!ミゲルとラルゥの術式発動!

そして奇しくも新宿魔境がその条件と合致した状況になり、ミゲルとラルゥが参戦を果たしたということになります。

2人は冷静に宿儺を観察します…領域は封じられ反転術式も控えめ…4本の腕のうち下左腕は欠損しした右腕は戦闘には使えない…そして治りきらない心臓。

この状況の中で2人はいきなり術式を繰り出してきます。

まずラルゥ…心身掌握ハートキャッチ…術式対象を仮想の手で”掴む”という術式です。

その仮想の手は何度でも復元されるようですが、その破壊の時に生じたダメージは十分の一となってラルゥに跳ね返ってくるようです。

宿儺に狙われた憂憂を助けたのはこのラルゥの術式だったようです。

宿儺の評価は面白みのない術式ということでした。

しかしミゲル・オドゥオールの術式…祈祷の歌ハクナ・ラーナ…には宿儺も一目置いているようです。

肉体で刻むビートが呪いを退け、同時にミゲルの身体能力を強化向上させると言うものです。

五条悟もこのミゲルの力について評価はしていたようですが、それは術式への評価ではなく元々の恵まれたミゲルの骨格や筋肉に呪力強化が加わる事を恐れていたようです。

術式なしで、五条悟と呪力強化ありのミゲルが戦ったとしたら”線の動きなら五条の勝ち…”点の動きならミゲルが勝つとまで言わしめているのです。

 

呪術廻戦255話ネタバレ最新話の確定速報!黒閃に耐えた真希から悠仁〜脹相の波状攻撃!

宿儺の黒閃を受けそのまま戦いの場から退いたと思われていた禪院真希が戻ってきて釈魂刀レプリカを振りかざしています。

そこから虎杖悠仁がプロレスで言う所のダブルスレッジハンマーを宿儺にお見舞いします。

その時宿儺は…まだいたのか…と虎杖悠仁を睨みつけるのでした。

そしてナレーション…世界を断絶する解を発動するには伏魔御厨子と同様に閻魔天の掌印が必要だった…と入るのです。

更に宿儺に対して立て続けにミゲルの攻撃のシーンから脹相の穿血の攻撃が加えられますが、どれも決め手にはならず弱っているとはいえ宿儺を追い込むには至りませんでした。

 

呪術廻戦255話ネタバレ最新話の確定速報!宿儺が黒閃2連で反転術式の出力を取り戻すか?

その五条悟の言葉をアドバイスとしたのでしょうか、ミゲルの攻撃は拳を宿儺の腹部一点に絞って攻撃をしているようです。

しかし宿儺もそのままやられっぱなしではありません。

五条悟が2度の黒閃を発動することで失った反転術式の出力を取り戻したことを参考にしたのでしょうか…。

禪院真希への黒閃に続いて2度目の黒閃をラルゥ目掛けてお見舞いするのでした。

その黒い光の輝きを宿儺がほくそ笑みながら見つめるのです。

 

呪術廻戦255話ネタバレ最新話の確定速報!感想と考察!

ミゲルとラルゥの参戦は少し分かりづらい展開で進んでいるように思います…というかどうしても取って付けた感があることを否めません。

何故ミゲル…そしてラルゥまで…そしていきなりの2人とも不明だった術式まで披露したのです。

そしてミゲルに至ってはたとえ弱っているとはいえ特級呪術師を2人も倒した宿儺の斬撃をいとも簡単に何度も何度も躱し続けているのです。

しかし最後のコマでほくそ笑む宿儺は、2度の黒閃で反転術式の出力を取り戻したのだとすれば…?

また次回で振出しに戻るのでしょうか?

次回の呪術廻戦は2024年4月8日(月)発売の週刊少年ジャンプ19号に掲載される予定です。

まとめ

今回は、呪術廻戦255話ネタバレ最新話確定速報!人外魔境で宿儺と対峙する或る特異な呪術師たち!というテーマでお伝えさせていただきました。

2024年4月1日(月)発売の週刊少年ジャンプ18号に掲載の呪術廻戦255話-人外魔境新宿決戦㉗-のネタバレ最新話確定速報でした!

楽しんで読んでいただけましたか?

このままいくと夏油一派のミゲルとラルゥ以外の生き残りたちも登場することになってしまうのでしょうか?

そうなると一派を家族だと思っていラルゥと菅田&祢木組の対立構造も浮き彫りとなって更に混沌とした状況が生まれるかもしれません。

それでは、呪術廻戦255話ネタバレ最新話確定速報!人外魔境で宿儺と対峙する或る特異な呪術師たち!これで終了とさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

テキストのコピーはできません。