漫画

アオアシ314話ネタバレ確定!アシト愛媛で花にかける言葉は?

アオアシ314話ネタバレ最新話確定速報!アシト愛媛で花にかける言葉は?
Pocket

今回のテーマはアオアシ314話ネタバレ確定!アシト愛媛で花にかける言葉は?と題してお伝えしてまいります。

そういえば福田監督の後を追いかけて高円宮杯勝利の宴せっかくの焼肉の席を先に抜けたアシトを更に遊馬が追いかけた場面が確かありましたよね?

そう思いながらアオアシ前話の312話をペラペラとめくってみました。

アシトはエスペリオントップチームとの練習やガルージャ監督のメッセージが気になってほとんど肉も食べないで席にかばんも置いたまま福田監督を追いかけたのですね!

さすがはアオアシの主役-考える葦-思いついたら後先なく確かめなければ気が済まない、アシトらしい一幕でした。

アオアシ最新話、1話おいてその小さな伏線が広がるかどうかも見て行きましょう。

と、予測の記事には書きましたが、314話本編はアシト達のオフシーズンの学園生活が描かれました。

次に国際大会を控えた充実したオフを過ごしてほしいものですがどうもそうでもないようですよ。

ところで、アオアシの展開も気になるところですが・・・。

FIFAワールドカップ2022がついに始まりました。

我らがサムライJapanの初戦は11月23日(水)日本時間で22:00からです。

FIFAワールドカップ2022を視聴するなら全試合無料生中継のABEMAが断然おススメです。

しかも日本代表グループステージ全試合と準決勝・決勝を本田圭佑GMが現地から試合解説することに決定しました。

いよいよ始まったFIFAワールドカップ、サムライJapanをみんなで応援しよう!

登録は簡単3分、2週間無料お試し期間が有りますのでその間解約も可能です。

お手持ちのスマホでもパソコンでも登録は簡単3分、2週間無料お試し期間が有りますのでその間の解約も可能です。

明日サムライJapanのドイツ戦当日の11月23日のABEMA登録は込み合う事が予想されます。

アオアシの舞台はこれから世界に広がります、世界の強豪国の試合もお見逃しなく!

ABAMA登録はこちらからどうぞ!

\ABEMA登録は今日!明日は混雑!アオアシ315話ネタバレ最新話確定速報!杏里アシトに告白するの?

 

次週アオアシ315ネタバレ記事も是非ご覧になった下さい。

>>アオアシ315ネタバレ記事はこちら!

それでは、アオアシ314話ネタバレ確定!アシト愛媛で花にかける言葉は?判明後の確定情報をお届けしますので楽しんで行ってください。

 

アオアシ314話ネタバレの考察!

アオアシ312話と313話で福田監督がアシトに語ったことが、今後のアオアシそしてアシト達エスペリオンユースの物語が進む先と考えて良いでしょう。

というか、日本Jリーグアカデミーと世界のトップチームの下部組織との違いと差を実力で埋めていくこと自体がアオアシ当初からの福田監督がエスペリオンユースで目指す野望でしたよね。

高円宮杯を制して名実ともに日本Jリーグアカデミーの頂点を極めたエスペリオンユースと福田監督は世界に向けて翔び立つ切符を手に入れたわけですのでそのスタート地点に立ったといって良いのではないでしょうか!

エスペリオンユースの世界デビューとも言える2月下旬の世界大会はどこで開催されるのかも気がかりなことですが、その前にアシトにとって大きな問題が持ち上がってしまいましたね。

勿論、花の留学のこと!

福田監督はアシトにユースも含めたサッカーの下部組織が欧州と日本でどう違うのか社会形成の観点からも説明を続けます。

でもそれらの説明はアシトの耳に届いていません。

花の留学という事実が頭から離れず心ここに有らずといった態のアシト。

花の留学は語学留学で、福田監督がサバデルでお世話になったチームドクターの家にホームステイすること、ゆくゆくはバルセロナ大学医学部に入学し、通訳を介さない世界的なスポーツドクターを目指すこと等々。

挫折しない限りは日本に帰ることは無い、とまで言い切ってます。

そして福田監督は複雑な表情で-10年前からずっとあいつは…、俺が6歳だった義妹にそんな夢を背負わせてしまった-とも語ります。

アシトはたまらず福田監督に断りを入れて走り出し花に連絡をしようとします。

-なんで言わない、俺ら親友だろよ、何でそんな大事なことを-?

走りながら混乱するアシトは-違う-と携帯電話を見つめて花に電話することを躊躇してしまします。

花がそんな大きな夢に向かっていたこと全く知らなかった自分、医学の勉強で忙しい中アシトのために作ってくれた献立表、そしてアシトの母と花の絆・・・-一方的に俺が支えられてきただけ-!

そしてアシトの頭上の歩道橋から福田監督の声が!

-花だったら年末、愛媛に行くよオレと、あっちで会えるかもな-!

その言葉をぽかんと聞きながら池袋大橋で佇むアシトのズームアウトでアオアシ313話は終わります。

 

アオアシ314話ネタバレの考察!アシトを追った遊馬はどうした?

池袋大橋で呆けた顔で佇むアシトの姿、そういえば荷物も何も持っていません。

-あいつ肉もロクに食わねーで飛び出して行っちまいやがった、荷物も置いてよ、追いかけちゃろ-と遊馬はアシトの荷物も持ってアシトを追いかけましたね。

直前まで一緒にエスペリオントップチームの練習に参加しガルージャ監督からのメッセージを一緒に受け取ったアシトと遊馬。

アシトは-考える葦-という言葉が示すようにとことんまで考えるタイプ、対して遊馬のサッカーセンスは天性ともいえるような天才的なきらめきを持っていて物事を思い悩むようなタイプとは程遠い性格をしています。

おそらくガルージャ監督のメッセージも-それならバルセロナに勝っちゃろう-くらいに思っているのではないでしょうか。

遊馬はアシトの荷物を持って追いかけたのでアシトに電話を入れるなどして必ず追いつくはずです。

そこで会うのは花の留学という事実を受けきれず呆けた表情で佇むアシトでしょう!

そして遊馬ならこうアシトに言うのではないでしょか?

-俺たちも手始めにバルサユースに勝って世界を舞台に戦ったらどうじゃろ-と!

 

アオアシ314話ネタバレの考察!アシト1シーズン終了し愛媛に帰郷?

アシトはエスペリオン首脳陣から国際大会のためにパスポートを取っておくように言われ、そのためにもオフは愛媛に帰ってゆっくり休めと言われています。

そこは文字通りにオフシーズンは愛媛に帰郷し、久しぶりに母と瞬とアシトの家族水入らずで過ごす時間も見れそうですね。

そしてかつてのクラスメイト達に成長したアシトの姿を見せることが出来るかもしれません。

かつてアシトが汗を流したサッカーグラウンドや思い出深い下灘駅の風景、そして初めて福田監督に会ってファーストタッチを教わった海岸等々懐かしい風景がたくさん見ることが出来そうですね。

 

アオアシ314話ネタバレの考察!アシトと花が再開するのは愛媛のどこ?

そして愛媛で描かれるもう一つ肝心なことは、福田監督の墓参りに同行して花が留学前に愛媛を訪れるという事。

当然そこではアシトと花の再会の場面が描かれることになるでしょう。

果たしてアシトと花はどこで再会するのでしょうか?

その前にきっとお互いいつまでも煮え切らなくて花が東京に帰る直前かもとも思ってもいます。

そしてこういうことって女性の方が行動力が有ったりもしますよね?

一番の候補であり実現してほしい場所はアシトの母紀子のお店と思うのですが皆さんはどう思われますか?

そして東京に帰る場面で再び下灘駅に見送りに来たクラスメイト達に花を紹介する場面とかも有ったらあの素晴らしい景色とともにとっても素敵ですよね。

 

アオアシ314話ネタバレの考察!花アシトの母に会いに行く?

花が愛媛に行くもう一つ目的はアシトの母紀子に会う事でしょう。

紀子に会わずして花のスペイン留学は無いと思うのです。

ファンの間にはむしろこちらの花と紀子の再会の方が楽しみでお互い何を語るのか興味津々という向きもあるようですよ。

紀子にしてみたら息子を愛していると告白してくれたことで娘のように思っている花の留学という降ってわいたような話!

どう受け止めるのか?

花の方も、もう一人の母と慕っている愛する人の母親に自分の留学をどう話すのか?

「女は弱し、されど母は強し」レ・ミゼラブルの作者ビクトル・ユーゴ―の言葉です。

この言葉に現代の男性は異論があるでしょう?

「女は強し、そして母は更に強し」が正しい?

紀子は自分の前で涙する花を優しく見つめ心の内を理解するでしょう?

「為になる!」誰の、兄いで有る福田監督同じことを繰り返したくない!

アシトが世界の強豪との真剣勝負に臨むときに故障という怪我が心の傷にならないように!

世界的なスポーツドクターへの険しい道を選択した花の思いを、アシトの母紀子は言わずとも目で理解を示してくれることでしょう!

 

アオアシ314話ネタバレの考察!アシトが花にかける言葉は?

アシトと花が再会するところは、花が紀子をお店に訪ねた時ではないでしょうか?

結局いつまでも煮え切らない2人を前に紀子が話を切り出す形で会話を始める2人なのではないかと思います。

おそらく花は、アシトが自分の留学を知らないと思っているはず。

それをいつまでも切り出せない花にアシトはどんな言葉をかけるのか?

-俺も世界を目指す、必ずバルセロナに勝ちに行く、だから…頑張れ負けるな力のかぎり-!

それで母の紀子も息子の成長と且つ花の決めた道に心を揺さぶられ、自分には想像すらつかない世界を舞台にした活躍を目指す2人を心から応援するのではないかと思います。

本当の母親を早くに亡くした花はアシトの母である紀子の優しい母性に包まれてバルセロナに旅立つことでしょう!

 

アオアシ314話ネタバレの考察!富樫の異変も心配!

もう一つとても気がかりなことが有りましたね。

焼肉店での宴も終わりみんな帰り始めたころ富樫が杏里の手元を見て声を掛けます。

-なんだ、オジョー指先赤くねーか-?

不思議そうに杏里は自分の手を見るのです。

-珍しく疲れていませんか、富樫選手-と切り返す杏里?

ここはやはり杏里の異変というよりも富樫の目がおかしいと考えるべきですね。

この短いやり取りは明らかに次への伏線だと思うのです?

船橋戦の後に試合会場の外で泣いていた杏里を富樫が見てしまってから少し接近した二人。

試合後の杏里への富樫解説も実は富樫くんのためになってたりして2人の関係も気になるところですが、高円宮杯試合中の富樫もうつむきがちで元気が無かったようにも感じます。

アオアシ次の展開となる世界戦を前にしての富樫故障は重大な問題ですよね。

富樫くん大したことなければいいんだけど、心配です。

 

アオアシ314話ネタバレの考察!思いは彼の地バルサへ?

314話の可能性をもう一つ考えると、いきなり愛媛に場面が飛ぶのも不自然かなと思うのです。

一区切りついたところで皆の思いがバルサに向かって動きつつあります。

アシトの帰省の前にバルサの地が描かれるのも有りかなとも思います。

エスペリオンユースが手に入れた国際大会への出場権、その大会にバルサユースは出てくるのか?

そんなバルサユースの試合場面などが描かれるかもしれません。

その伏線として福田監督の欧州サッカーの説明が有ったとすれば納得です。

そして314話以降描かれて行くのは、その国際大会のスターティングメンバーとして選ばれる競争や世界を視野にした新しいフォーメーションの形作り、そしてまだ見ぬ海外のライバルたちの情報収集等々、舞台が世界になればそれだけ描かなければならないことも膨大な量になっていきますね。

バルサユース戦のスターティングメンバーでは栗林晴久の願いはかなえられるのでしょうか?

また新キャプテン阿久津渚の手腕もしっかり見て行きたいですね!

そしてそのあとに展開されるであろうJリーグユースU-18のメンバー選出はどう進んで行くのか?

 

アオアシ314話ネタバレの考察!バルサユースのデミアンと栗林の過去に何があった?

話しがそうなると真っ先にクローズアップされるのは?

そう、エスペリオンユースの最高傑作と言われるMF。

栗林晴久!

-俺への「引力の「源は」ずっと…スペインにあった。-!

‐唯一俺が敗北したと思ったあいつと戦いたい‐。!

エスペリオンユースの次の展開を決定づけるのは高校生にして既にプレに転向したこの栗林のメッセージで決まりという感じです。

そして花のバルサ留学によりバルサユースそしてバルサユースのエース・デミアン・カント!

彼の体温を感じられる距離感を持って描かれて行くことも考えられます。

>>アオアシ・バルサのデミアンカント考察記事はこちら!

 

アオアシ313話ネタバレの考察!アシトは国際大会の代表メンバーに選ばれる

高円宮杯での勝利と国内ユースでの完全勝利を受けての国際大会出場!

やったね、エスペリオンユース。

色々とあった勝利の宴の日も暮れて、また新しい日々がスタートします。

次はいよいよ国際大会ですね。

そうなるとアシトが次に目指すのは国際大会スターティングメンバーへの選出!

エスペリオントップチームでの3日間の練習参加を活かしてアシトは福田監督始めエスペリオンユースの首脳陣にアピールすることが出来るでしょうか?

その国際大会に向けたチーム作りに向けて、宴に欠席したエスペリオンユースAチームキャプテン阿久津渚の動向も気になりますしね!

アオアシ、次から次と楽しみなことがたくさんたくさん出て来る予感が嬉しいですね。

新しい展開が始まる、それも世界を舞台としたアオアシが始まる!

これからがますます楽しみのアオアシです。

 

アオアシ314話ネタバレの確定!

アオアシ314話ネタバレが確定しましたのでお知らせいたします。

物語はエスペリオンユースオフシーズン突入から約1週間後の12月23日から始まります。

アオアシ314話サブタイトルは-大友システム-でした、確定記事楽しんでご覧いただけたら嬉しいです。

ではどうぞ!

 

アオアシ314話ネタバレの確定!国際大会名はアルカスカップ!

エスペリオンユースが高円宮杯を制することで入手した国際大会へに切符!

その国際大会の詳細が分かってきました。

大会名は-アルカスカップ-!

開催は予告通りの2月中旬のようです。

開催国はカタール!(FIFAワールドカップと同じー!)

例年はU-17での開催となるのですが、今回は特別に枠を拡大しU-18とする発表がされたようです。

これにより現17歳の選手までが出場できるようになりますので、ここは注目ですね!

そして出場チームは今夜中に出揃うというコトでエスペリオンユースの他に既にバルセロナユースの出場は決定しているとのことです。

デミアンカントをはじめどんな世界の強豪選手がアシト達を待っているのでしょうか?

 

アオアシ314話ネタバレの確定!大友システムとは何?

今回314話のサブタイトル‐大友システム‐とはほとんどギャグで、オフシーズンに入ったエスペリオンユース現1年生アシト達の学園での生活を描いたものになりました。

大友以外のエスペリオンユース生はオフシーズンに入り冷静に今シーズンの振り返りや来シーズンに向けてのオフの過ごし方を模索しているようです。

大友だけはチームメイトそれぞれに彼女がいるか気になって仕方がないご様子!

誰かれなくチームメイトに-お前ら彼女いる?-と声をかけては一喜一憂騒ぎまくってクラスメートから白い目で見られています。

-大友システム-とは彼女がいる奴にはボールを回さない新時代のシステムのようですね-汗-!

阿久津渚キャプテンがアシトに課した-味方のスカウティング-の大友版のようですよ-再び汗-!

浅利くんに彼女がいなくてホッとして喜ぶクラスの女子たち、黒田くんに彼女がいるのも意外でしたがいつも通りの冷静な返答ぶりに更に激昂する大友がうざ過ぎ!

-明日は1年で1番世の男女が○○する日-クリスマスイブでしょうか?

そうであれば浮かれるのもよく分かりますが?

オフシーズン人それぞれですね!

 

アオアシ314話ネタバレの確定!花の事を杏里に聞くアシト?

オフシーズンの騒がしい学園の中を避け、アシトがまさかの行動に?

花の留学をことも有ろうか杏里に聞くデリカシーのかけらもないアシトくん?

-花さんが留学?-。

-海堂も知らんかったんか!-。

-青井選手に言ってなかったことを、私が知るわけないです-。

-いやよく一緒にいるから一番仲がいいんやろなって!-。

あちゃーという感じですね-大汗-!

これは一波乱ありますよ。

 

アオアシ314話ネタバレの確定!杏里アシトに何を言う?

-女のあんたには何考えてるかわかるかなって思っただけなんや、わりーな変なこと訊いて!-。

-…あなたは本当に無邪気な方ですね-。

-エッ!-

-あなたと二人で話せることはあまりないので、私の気持ちを聞いて頂けますか-?

これはヤバいぞアシトくん!

それを屋上ペントハウスの上で物思いにふけっていた富樫くん、せっかく教室の喧騒を逃れて屋上に来たのに邪魔くさそうに耳に届くのです!

次回315話で杏里はアシトに告白できるのか、風雲急!

そしてアシトと杏里と富樫、三角関係成立…しないか?

 

アオアシ314話ネタバレの確定!富樫の異変はスキル不足?

そんな富樫くん騒がしい学園の中珍しく物思いにふけっています!

精彩を欠いた自分の高円宮杯でのプレーにいら立っているのですね。

福田監督があの場面で富樫を交代した理由、そしてコメントが気になって仕方がない富樫!

-無駄走りしすぎだ富樫、そんなんで90分持つわけがない-。

–DFとFWでは使う頭が全然違う、切り替えができないならしばらくDFに集中しろ‐。

富樫の不調がそれだけならいいのですが、そちらも気になりますね。

 

まとめ

今回は、アオアシ314話ネタバレ確定!アシト愛媛で花にかける言葉は?というテーマでお伝えしてまいりました。

考えて見ればアシトに与えられた大きな課題はバルセロナに勝つこと、そして花の目指す世界もバルセロナに有る!

花が遠くに行ってしまうと感じている今のアシトにはそこが限界で、その姿見た福田監督には別の思いが有るのではないかと思います。

必ずアシトは世界を舞台に戦うサッカー選手へと成長しその時アシトと花の道はまた重なっていくのだと思います。

そう言えば池袋で遊馬がアシトに同じような事を・・・-俺たちも手始めにバルサユースに勝って世界を舞台に戦ったらどうじゃろ-と!

でも、いきなり愛媛や花の留学の核心をつく場面には行かなかったですね。

そしてオフシーズン、フィールド外の学園生活は花盛りと言ったところでしょうか?

杏里がアシトに何を言うのかドキドキです!

今後のアオアシが益々楽しみにですね!

アオアシ314話ネタバレ確定!アシト愛媛で花にかける言葉は?というテーマで進めてまいりましたが、またアオアシ314話の内容が確定するまで毎日追記してまいりたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。