「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

アオアシ

アオアシ368話ネタバレ確定!バルサU-18デミアン・カント王国を背負いピッチに立つ!

アオアシ368話ネタバレ最新話確定速報!バルサU-18デミアン・カント王国を背負いピッチに立つ!
Pocket

今日のテーマは、アオアシ368話ネタバレ確定!バルサU-18デミアン・カント王国を背負いピッチに立つ!と題してお届けしてまいります。

2024年4月22日(月)発売の週刊ビッグコミックスピリッ21・22合併号に掲載のアオアシ368話-希望溢れるエスペリオン-のネタバレ最新話確定速報になります。

是非、楽しんで読んでくださいね!

>>アオアシ前話のネタバレ確定はこちら!

最初にご確認下さい、こちら漫画アオアシ本誌ネタのネタバレを含みますので苦手な方はご注意をお願いします。

アオアシ好きスポーツ大好きな皆様に、とても耳よりな知らせです!

数々の独占配信を行うスポーツ動画配信アプリのご紹介になります!

サッカー、野球など130以上のスポーツに加えスポーツ関連コンテンツが見放題!

『DAZN for docomo』!

スポーツの試合がライブで見れて、オリジナルコンテンツも充実。アオアシLP①

スマホでもパソコンでもタブレットでも、勿論テレビでも、いつでもどこでもスポーツが楽しめる!

『DAZN for docomo』!月額4,200(税込み)の料金ですか…。

でも『DAZN for docomo』ならポイントと値引きの併せ技で…実質月額を2,918円でお楽しみいただくことも可能となるのです。

…DAZN for docomoで各種ポイントバックお値引きを活用しちゃおうということ!

  • ahamo・eximo・ギガホで764pt還元!
  • dカードGOLDで300pt還元
  • Lemino プレミアムで220円引き

更に?

  • ドコモスポーツくじご利用登録済みのお客さまには”毎月くじ1枚プレゼント”

などの特典もありますので下記のリンクから良くお調べ下さいね。

アオアシLP④
  • 欧州サッカーがいよいよ開幕!ラ・リーガ/セリエAなどの欧州リーグのほか欧州カップ戦ライブ配信
  • 明治安田生命Jリーグ全試合独占中継
  • 更に”やべっちチャンネル”も見れちゃいます!

他にもプロ野球にF1・ゴルフ等々好きなスポーツをいつでもどこでもアオアシLP③更に注目の機能で快適・便利にご覧頂けます♪

  • 注目シーンがわかる!
  • 見たい試合を見逃さない!
  • 2デバイス同時視聴可能!
  • データセーブ機能でスムーズな視聴!
  • リビングのTVでも視聴可能!

更に

  • 同時登録台数が5台可能!
  • 同時視聴が2台可能!

是非今日からあなただけの充実のコンテンツをお楽しみ下さい。

\どこでもDAZNでLIVEのド迫力DAZNのリンクはこちら!

それでは、アオアシ368話ネタバレ確定!バルサU-18デミアン・カント王国を背負いピッチに立つ!早速始めてまいりましょう。

Contents

アオアシ368話ネタバレを考察!

こちらではアオアシの独自のネタバレ考察を展開してまいります。

是非楽しんで読んでくださいね。

ゴラッソ少年
ゴラッソ少年
デミアンでもなんでもドンと来い…俺が受けて立つ!

 

アオアシ368話ネタバレの考察!前話のあらすじ確認?

アオアシ前話-手まねく栗林-では栗林晴久のヒール・トゥ・ゴールの同点打にスタジアム中がざわつく場面から始まります。。

その興奮の中、チーム内ではこの同点ゴラッソはスイッチャー高杉榮作への信頼が生み出した一丸となって奪取したゴールで有ったと言う共有が生まれます。

そしてエスペリオンユースはピッチとベンチともに一体となった団結心を生み出すのでした。

王国のサッカーに追いついたエスペリオンユース前半プラン…それは福田達也監督がエスペリオントップチームとの練習試合の前から温めていたものだったようです。

ハイプレスは勿論のこと…オールコートマンツーマンも既にその試合の中で実戦として試していたとのこと…この同点打は福田達也監督の采配が選手全員に伝播し生み出されたスーパーゴールなのです。

興奮の坩堝と化すスタジアムの片隅でエスペリオンユース最高傑作と呼ばれる栗林晴久はバルサ陣営のベンチを見つめデミアン・カントにピッチに出て来いとサインを送るのです。

それを見たデミアン・カントはカンプ・ノウのあの日を思い出したように栗林晴久に笑いかけるのです。

そして1-1…決戦は同点のままハーフタイムをむかえるのでした。

アオアシ次の展開のポイントは3つ!

  • 後半戦、デミアン・カントはピッチに登場するのか?
  • エスペリオンユースの対バルサ後半プランの内容は?
  • ハーフタイムで話されている両チーム後半の陣容は?

それではアオアシ368話の考察を進めていきましょう!

アオアシ368話ネタバレの考察!栗林晴久vsデミアン・カントのマッチアップを大胆予想!

エスペリオンユース最高傑作と言われる栗林晴久はあの日のカンプ・ノウ以来、唯一敗れたデミアン・カントとの再戦を待ち侘びてサッカーをして来ました。

敗れた相手デミアン・カントが見せたプレーは、たった今カンプ・ノウで見たSCサバデルの福田達也のプレーそのもの…そして当日の日中にあったバルサの公式特別キャンプでデミアン・カントを打ちのめした栗林晴久自身のプレーでした。

カンプ・ノウ場外での2人のマッチアップで面食らった栗林晴久はデミアン・カントの足技にボールを奪うどころか触れることも出来なかったのです。

ここから考えるにデミアン・カントが持つサッカーの類まれな能力は、今見た相手のプレーを完璧に再現できることなのではないかと考察して来ました。

もしデミアン・カントの能力がそうであるならば、あの日から10数年バルサのカンテラで数多くの触発されるプレーを吸収して成長を遂げて来たことは想像に難くありません。

そしてアルカスカップ初戦…前半出場しなかったデミアン・カントはライバルのプレーを興味深く見ていたはずです。

後半スタートからデミアン・カントがピッチに登場するとしたら、栗林晴久は即座にデミアン・カントのマークにつき個人戦術でのマッチアップを仕掛けるのではないでしょうか?

しかしそこで繰り広げられる相手のプレーはこの試合の前半で栗林晴久が見せた才気とアイディアに溢れたプレーそのものなのではないかと思っています。

そこで栗林晴久は再び面食らうと同時に、デミアン・カントの能力に気づくものと考えられます。

しかしその対策を栗林晴久が取るいとまも与えずデミアン・カントは前半終了間際に見せたあのゴラッソを完コピしてゴールを決めてしまうのではないでしょうか?

そうして大観衆が見守る中2人の再戦は燃え上がっていくのだと思います。

 

アオアシ368話ネタバレの考察!ハーフタイムで話し合われる両陣営の後半プラン?

前半戦でエスペリオンユースはポゼッション対決でも充分に渡り合えることをバルサU-18に示した上で、その王国のスタイルを崩すプランも持っていることを伝え後半に繋げました。

一方のバルサU-18はまだベンチに大きな余力を持ちながらも、3人の司令塔による世界のトップレベルの中盤の支配を示し後半への可能性を十二分に示しました。

つまり両陣営の総合力は拮抗していると考えた方が良さそうです。

それぞれの陣営はハーフタイムでどのような作戦を共有しながら後半戦に臨んで来るのでしょうか。

一つの可能性だけ見てみたいと思います。

おそらくエスペリオンユースはベンチ主導で対バルサU-18の後半プランを持ってハーフタイムに突入していると思われます。

その後半プランも既にエスペリオントップチームとの練習試合で共有出来ている事と思われます。

ただ、後半戦に相手がそのような陣容で出て来るのかを見極めなければなりません。

その為の複数の想定を確認し合っているものと思われます。

片やバルサU-18は前半終了間際の対応を反省するところから始めねばなりません。

更に前半で何人か狙われたメンバーと相手に後れを取った選手の処遇もビジネスライクで話し合われるでしょう。

厳しい世界と言えばそうなりますが、世界のトップがひしめく中でわずかに15分の貴重なハーフタイムで選手の交代の話にだけ時間を費やすようで有ればそれも片手落ちの事になるでしょう。

もしバルサU-18が後半の陣容にだけでハーフタイムを終えるのであれば、確実にデミアン・カントは後半のピッチに立つはずです。

更に前半で競り負けた上にメンタルを削られた選手が3人はいるはず…バルサU-18の後半はベストメンバーを繰り出してくる可能性を感じます。

 

アオアシ368話ネタバレの考察!バルサU-18vsエスペリオンユース前半ドローの意味?

前半の最終局面アディショナルタイムでの同点被弾…バルサ陣営は選手は勿論のことベンチも大きなショックを受けてハーフタイムに入るしかなかったでしょう。

キャプテンのシノ・アスカリが上げた先制点も本来的にはエスペリオンユースのチーム戦術のミスに乗じたものでした。

確かに相手のハイプレスのタイミングのズレからの電光石火のカウンター攻撃は王国のサッカーを証明するには十分でした。

しかし元々のバルサU-18がプランしていたものではなく、突発的に生み出されたものでした。

片やエスペリオンユースの同点弾は…チーム戦術と個々の選手の個人戦術が連動しあって生み出されたゴラッソだけに…バルサ陣営のベンチはこの試合に臨む自分たちの姿勢を見なおすしかないのではないでしょうか?

一方のエスペリオンユースは前半終了間際のギリギリとは言え、東京にいる時から組み立てて来たこの一戦のための前半プランをみんなの力で成し遂げたのです。

この差は後半戦を迎えるにあたり途轍もなく大きいな結果を生み出すのではないでしょうか?

 

アオアシ368話ネタバレの考察!エスペリオンユース首脳陣のデミアン・カント対策は?

エスペリオンユースの後半プラン…それは2つ準備されているのように感じます?

デミアン・カント不在のプランとその逆…育成年代の最高峰と言われるデミアン・カントがピッチの降り立つ場合。

今の育成年代のクラブにとってデミアン・カントとはそこまで大きな存在なのだと思われます。

そしてエスペリオンユースも世界の強豪クラブがそうするようにデミアン・カントを徹底的に研究して来たのではないでしょうか?

かつてカンプ・ノウでまだ荒っぽいプレーの中にも輝くものを持っていたあの少年…。

その少年デミアン・カントのプレーは若き日の福田達也のプレーを彷彿とさせるもの…あの日FCバルセロナに対して繰り広げたプレーそのもの?

福田達也監督はあの日のレクチャーを思い出せるのでしょうか…それが分からない限りエスペリオンユースのデミアン・カント対策はピント外れなものになりかねないと思っています。

 

アオアシ368話ネタバレの考察!福田達也があの日のデミアン・カントを思い出す!

あの日のカンプ・ノウの記憶と言えばもう一つ福田達也とデミアン・カントの邂逅がありました。

バルセロナ特別キャンプを振るわない成績で終えたデミアン・カントは、それでも片時もサッカーボールを話しません。

  • ……お前、ボールの扱い方とんでもなく美しいな!

デミアン・カントの姿を見かけた福田達也は試合直前にもかかわらずその場でコーチをしたのです。

  • ただ、左利きなのはわかったけど、右もな。

と、その場で両足の使い方をレクチャしたのでした。

この邂逅はデミアンにとって大きな成長となるきっかけとなる出会いでした。

デミアンの記憶にも日本人との”美しい記憶”として今でも残っているようです。

その後、デミアン・カントは試合での福田達也のプレーを完コピして栗林晴久との場外戦で圧勝したのです。

当然、福田達也監督はアルカスカップ初戦の対策で皆と共にバルセロナU-18の動画をみて研究するでしょう!

その目に映る一人の選手!

福田達也は直感的にあの時の少年だと気づく事と思います。

そしてそのプレースタイルが自分に似ていることを見て取って驚愕するのかも知れません。

 

アオアシ368話ネタバレの考察!エスペリオンユース戦にデミアン・カントの出番は巡って来るか?

バルサU-18のエースにしてFCバルセロナトップチーム行くが確定している今世界の育成年代とトップ選手とも言えるデミアン・カント。

そのデミアン・カントはこの後18歳を迎えると同時にFCバルセロナのトップチームのメンバーとしての活躍が約束されてもいます。

そのデミアン・カントが望んでいた日本人クラブとの戦いに、彼の怪我を恐れるバルサ首脳陣は出場を見合わせる予定だと伝わっています。

更に言えば、バルサMF3人の司令塔の活躍により戦況はバルサ圧倒的有利で進む様相を呈してきました。

そうなると更にバルサ首脳陣の頭にはデミアン・カントをこの試合で起用する考えは無くなって行くものと思われます。

試合前にサインサ監督が福田辰な監督に言っていた試したい事とは、間もなくトップチームに引っ張られるデミアン・カントが抜けても世界のトップを行くための豊作だったのかも知れません。

そう考えた時、デミアン・カントをピッチに引きずり出すための手が見えて来るのではないでしょうか?

 

アオアシ368話ネタバレの考察!デミアン・カントをピッチに引き吊り出すための策は?

栗林晴久の10年来の心のわだかまり…同年代で唯一勝てなかったという思いを残すデミアン・カント。

そのデミアン・カントはスペインでのプロ契約の18歳という年齢制限が解禁になればすぐにでもトップチームに召喚されることになっています。

その前に、最後の育成年代の国際大会という事でアルカスカップのベンチ入りしたデミアン・カントはトップチームから怪我を恐れ予選リーグの前半の試合はゲームに出ないように厳命されているのです。

デミアン・カントにとっても10数年前のあの日、バルサの特別キャンプで極東の国からやって来た栗林晴久にコテンパンにやられたしまったのでした。

その日の夕刻FCバルセロナvsSCサバデルの戦いをカンプ・ノウで観戦する機会を得たデミアン・カントはまたしても極東の国から来た福田達也選手に両足を均等に使えるようにと言うレクチャーを受けたのでした。

デミアン・カントはアルカスカップの開幕戦を観戦に来た時に栗林晴久には気づいたようでした。

更に栗林晴久のチームメイトの阿久津渚とアシトにも並々ならぬ気配を感じ取ったようでもありました。

しかし、デミアン・カントが持つ日本人との2つの美しい記憶のもう一つ…福田達也との邂逅はまだ思い出してはいない様子です。

福田達也監督もあの日のカンプ・ノウでのサッカーのボールさばきが綺麗な少年の事は覚えているようです。

福田達也監督がベンチにいるデミアン・カントがあの日の少年であることを気付いた時、カンプ・ノウの場外で見せた左右均等のソフトなタッチのリフティングをして見せるのではないでしょうか?

それを見たデミアン・カントは自分中にある記憶全てが繋がることになるのではないでしょうか?

そして居ても立ってもいられなくなったデミアン・カントはロミオコーチを通じてサインサ監督に直訴するのではないでしょうか?

今この時でなければ成し遂げられない事を完遂する為に?

 

アオアシ368話ネタバレの考察!アシトの動きに目を奪われるデミアン・カント?

デミアン・カントの類まれなる才能は人のプレーを瞬時に完コピ出来る能力に有ると考えています。

それがあの日のカンプ・ノウで栗林晴久がデミアン・カントに完敗した理由だとも考えています。

それは昼間のバルサ特別キャンプでデミアンが太刀打ちできなかった栗林晴久のプレーの完コピであり、カンプ・ノウでスタジアムを釘付けにした福田達也のプレーの完コピだったと考えられます。

そして今アルカスカップ初戦、目の前で繰り広げられている不可思議なプレー。

デミアンの前に現れた3番目の日本人、青井葦人!

しかしアシトの特異な能力であるイーグルアイによるプレーはたとえデミアン・カントでも完コピどころかマネできるプレーでは無いと思われます。

その違和感がこの国際試合でデミアンを少しづつ狂わせていくのではないでしょうか?

 

アオアシ368話ネタバレの考察!デミアン・カントがアルカスカップ当日受けた神の啓示とは?

既に国王杯等でその力を示しサッカーのワールドクラスとして将来を約束されたデミアン・カントですが、子供時代の”あの日”の事をズーっと心の記憶として抱えてきたのではないでしょうか?

それをデミアン・カントは”2人の日本人との美しい記憶”とチームメイト言っていましたが、おそらくはそんな生半可の記憶でも無いと思います。

バルサユースの特別キャンプで日本人である栗林晴久とのマッチアップでコテンパンにやられてしまった事。

そしてカンプ・ノウの場外で福田達也の華麗なプレーとレクチャーに触れ、自分の未熟さを思い知らされたこと!

しかしデミアン・カントには類まれな才能が有ったと思われます。

マッチアップ等で目の当たりにした人のプレーをそっくりそのまま完コピが出来る…?

そのおかげであの日夕刻の栗林晴久との非公式のマッチアップでは意表をついて勝つことは出来たようです。

しかしデミアン・カントも栗林晴久と同じように、”あの日”事を胸に頑張って来たのではないでしょうか?

そしてベンチスタートの東京シティ・エスペリオンユース戦でピッチを見渡した時、”あの日”2人がそこにいるのです。

今まで周囲に対して不思議チャンで通してきたデミアン・カントでしたがその2人に焦点があったとたんに”あの日”のリアルな現実に引き戻されたのではないでしょうか?

それが、カタール・アルカスカップでの神の啓示の如くに!

 

アオアシ368話ネタバレの考察!デミアン・カントがエスペリオン戦に出場を直訴する!

数ヶ月後、バルセロナのトップチームにデビューが決まっているデミアン・カント。

そのデミアン・カントには怪我を恐れてトップチームから予選リーグ前半の出場を止められていました。

しかしデミアン・カントがアルカスカップ出場にこだわったのは初戦が日本のチームだったからに他なりません。

デミアン・カントも最初は指示に忠実に従って静かに静観していたのではないでしょうか?

しかし試合が始まって、エスペリオンの陣容を目にした時?

10年前に公式では敗れ、そして自分にサッカーの真髄を教えてくれた日本人がそこに2人揃って現れたのです。

デミアン・カントはロミオコーチに栗林晴久選手と福田達也監督を指差して訴えかけるのではないでしょうか?

この瞬間を10年待った、と!

 

アオアシ368話ネタバレの考察!デミアン・カントその後が描かれる?

バルセロナユースの特別キャンプでは栗林晴久に勝てなかったデミアン・カント!

しかし、その栗林晴久とのマッチアップやその日の夕刻の福田達也のプレーを完コピしたデミアン・カントは?

カンプ・ノウの場外で再び栗林晴久にマッチアップ挑みボールを1度も触らせることなく快勝したのでした。

そのデミアン・カントの姿を見ていたのが一緒にカタルーニャダービーを観戦したバルセロナのスカウトのロミオでした!

ロミオはその事実を当然クラブに伝えたでしょう。

更に特別キャンプで活躍した栗林晴久は父親の転勤でスペインを離れることになったのでした。

必念的にバルサ特別キャンプでFCバルセロナユースのカンテラ…ラ・マシア入りを果たしたのはデミアン・カントでした。

そこからのデミアン・カントの姿と活躍が数話でもいいので、これから描かれたら嬉しいなと思っています。

 

アオアシ368話ネタバレの考察!バルサU-18戦でエスペリオンユースが合わせた照準とは?

今までのどの対戦相手よりも完成度の高いサッカーを展開してくるバルサU-18!

しかもそのサッカーはエスペリオンがクラブ全体でも磨きをかけてきたポゼッションスタイルの真髄をいくものです。

そこにプラスしてFCバルセロナのお家芸とも言えるゾーンによる即時奪還というものまでが付いてきたら相手チームは途中から戦意を喪失しかねません。

ただ、この2つを並行して成し遂げたチームはFCバルセロナの歴史の中でも実はいないとされています。

それどころかボールポゼッションと即時奪還からショートカウンターを武器としたスタイルは相容れないものとされてもきたのです。

あくまでも中盤の支配からボールポゼッションを繋ぎゴールまで持っていく戦略と、奪われたボールを即時に奪還してショートカウンターに頼るのは別物ということです。

赤ん坊の頃からDNAとして組み込み込まれたポゼッションスタイルに対して即時奪還はあくまでも受け身の戦術でしかないということなのでしょうか?

エスペリオンユースがあくまでも相手のお家芸のポゼッションにこだわり、更に中盤を引っ掻き回しているのはバルサU-18がポゼッションよりも即時奪還を主力に置くその時を待っているようにも思えます。

即時奪還にこだわるならばそこにエスペリオンユースのポゼッションが付け入る隙を持てるという事なのかもしれません。

 

アオアシ368話ネタバレの考察!栗林晴久から阿久津渚へのメッセージ?

今対戦しているバルサU-18の選手たちの他にベンチにデミアン・カントという不正出のサッカー選手が潜んでいる恐ろしさを知っているのは栗林晴久の他に阿久津渚しかいないでしょう。

確かに栗林晴久がデミアン・カントと戦いたいと加瀬育成部長に食いついていた場面をアシトは遊馬と一緒に聞いてはいます。

でも、デミアン・カントの力を推察できるほどの情報は持ち合わせて居ないのではと思います。

それに比べて阿久津渚は栗林晴久本人の口からその凄まじまでのサッカーセンスとまるで心霊現象のような成長速度の話を聞いていました。

世界レベルを相手にエスペリオンユースの選手たちが自分たちの戦い方を思い出した今、栗林晴久の胸に湧き上がってくるのはデミアン・カントと戦いたいという思いでしょう。

そしてそれを理解しているのは阿久津渚ということになります。

デミアン・カントをピッチに引きづりだす…そのためにはバルサのベンチに圧倒的な力を見せるしかありません。

それには栗林晴久と阿久津渚の闘争心丸出しの連動しかないと思われます。

中盤では3人の司令塔の支配を完全に無力化する、ゴール前では決定機を捉えるスペースを何度も何度も捉える…そしてエスペリオンゴールには迫らせない阿久津渚を中心とした強固なDF陣!

これがピッチで完成した時に、バルサのベンチはようやく決心をするのではないでしょうか?

デミアン・カントに挑戦状を突きつけるのは栗林晴久からメッセージを受け取った阿久津渚だと思います。

 

アオアシ368話ネタバレの考察!世界のライバルがアシトの注目した理由は?

サントスのエドウィンとR・マドリーのアルバイオはともに世界に冠たるFWとして意見の一致を見たようです。

このTOKYOとバルサU-18の戦いは無名のSB…TOKYOに33番の出来次第でもっと面白くなると!

更にアルバイオはアシトが前半を動かすのではないかと期待させるようなことまで言っています。

ここまでの前半40分間でアシトの何が世界のライバルたちの注目を集めたのでしょうか?

それは対応の速さが一番ではないでしょうか?

試合全体のでファーストシュートもアシトでした。

更にバルサ陣営の3人の司令塔による中盤の支配を覆したのも栗林晴久と桐木曜一に続き3人目の連動を果たしたアシトの活躍に負うところが大きいと思います。

更に育成年代のFWにおけるフィジカルの代表のようなジルジャカとのマッチアップでの絶妙なコーチングは攻守コンプリートSB且つ司令塔としての実力を示すのに余りあるものが有ったように思います。

しかし彼らはまだ本当のアシトを知らないのです。

イーグルアイ…アシトがこれをピッチで見せた時に試合は大きく動くのではないでしょうか?

 

アオアシ368話ネタバレの考察!TOKYOのSBが見せる奇妙な動きに注目する世界のライバルたち?

育成年代の頂点デミアン・カントを視察に来ていたサントスのエドウィンとR・マドリーのアルバイオとレラ…。

デミアンが出場しない試合で彼らが熱い視線を送っていたのはTOKYOの33番でした。

たった今学んだことを試すということだけではなく、既に自分のスタイルの中に組み込んで試合のある局面を支配していたところに興味を持ったのではないでしょうか?

しかも最強クラスのフィジカルに対して真っ向から挑むと言うことではなく、少しだけ早く動いて見ること…そしてそこから見せた奇妙な動きとコーチングで完全にジル・ジャカを封じてしまったのです。

33番アシトの奇妙な動きに注目する世界のライバルたちは、デミアンの出ないこの試合でアシトだけを注目して見るのではないでしょうか。

 

アオアシ368話ネタバレの考察!バルサの猛攻を止めるのはアシトのイーグルアイ?

阿久津渚キャプテンからアシトへの怖い怖いマンツーマンのレクチャ…船橋戦レッドカード事件の後で心配する周囲をよそに怖い怖い阿久津渚キャプテンに近づくアシトでした。

そこで阿久津渚キャプテンから受けた鋭すぎる指摘が‐俯瞰の目を何で守備に生かさねぇ‐という事でした。

そしてその答えは‐ボールホルダーの目線‐でした。

目線だけでなく体の向きや雰囲気も感じ取って、味方も敵すらも気付いていない時点で守備が始まる…。

  • 未来を読む力、守備でもやれや…てめぇ向きだろ!

怖ぇ~!

バルサの攻撃がややこしいのも常にボールホルダーが3人いると思えば、アシトのイーグルアイで感じ取れば見方も出来でさえも気が付いていない複数のスペースを逆に支配できるのではないでしょうか?

 

アオアシ368話ネタバレの考察!アシトの左サイドからの俯瞰が5レーンに命を吹き込む?

DF左サイドから望む180度の視野からピッチの中盤を集中して俯瞰するアシト!

そこにはバルサの3人の司令塔がスペースの隙を開けることなく強固に支配をしているところが見えてきます。

しかしそれはレーンをセンターと両サイドの3つに切り分けた場合での事。

アシトの目にははっきりと5本のレーンが見えているのです。

3つのレーンだと見えないスペースがピッチに5つのレーンを敷くと見えて来るスペースがアシトの俯瞰にはっきりと見えて来るのです。

そのスペースをボールだけで会話しながらコーチングで繋いでゆくアシト!

バルサ司令塔の3人は一瞬何が起きたのか分からないままにスペースを奪われ続けるのではないでしょうか?

そしてその先にあるのは、ハーフレーンから放たれ敵のDF陣が絞り切ることが出来ないスペースを突き刺すシュートが放たれ先制点をもぎ取るのです?

 

アオアシ368話ネタバレの考察!エスペリオンユースの闘争心がアルカスカップで燃え上がる?

アオアシには数々の名試合とその中の名場面が多く存在しています。

その中でこのアルカスカップに通じる試合は、船橋学院戦ではないでしょうか?

ポゼッションをさらに進化させた難解な5レーンに挑む姿も、世界のトップレベルにチャレンジする姿と似ています。

この船橋学院戦で一番心に残る場面はアシトのハンドによるレッドカードから阿久津渚の”このチームの失点は俺の失点だ”と言う言葉…そして栗林晴久の”闘争心、残っている奴いるか”という発破から始まった巻き返し!

その戦い方はいつもスマートなポゼッションスタイルに徹していた選手達が泥臭いプレーに打って出てきました。

そして最後は栗林晴久から始まる10人での5レーン…最後は重戦車二原との競り合いのヘディングで押し込んだのは阿久津渚でした。

このバルサU-18の3人の司令塔にいいようにあしらわれているエスぺリオンユースと船橋学院戦の時の姿が重なって見えて仕方がありません。

あの時アシトはレッドカードでベンチでうなだれていました。

しかしここカタールでのアルカスカップではアシトから始まる5レーンで決めてほしいものです。

 

アオアシ368話ネタバレの考察!5レーンサッカーがバルサの司令塔3人を混乱に陥れる?

バルサの中盤を支配する3人の司令塔はそれぞれセンターと左右両サイドの3っつのレーンを任されているのではと思います。

そのピッチに突然5つのレーンが敷かれたとしたらどうでしょうか?

たとえ世界に君臨するバルサを率いる指令ととて直ぐにはその意味を理解できないのではないでしょうか?

少なくとも前半のうちは何が起きたのか把握できずに混乱の中でゴールを奪われる可能性も有ると思っています。

ハーフレーンに存在したボールは、自ら意思を持つように選手達と会話をしながら縦横無尽にピッチを駆け回ります。

そしてどこにいてもイーグルアイでそのボールと繋がっているアシトのコーチングが5レーンにわずかなスペースを見出して行きます。

そして育成年代の世界の王者と呼ばれるバルサU-18の司令塔トライアングルを混乱に落としいれた先にはエスペリオンユースの先制点が待っているのではないでしょうか?

 

アオアシ368話ネタバレの考察!アシトのイーグルアイが5レーンを完成に導く?

福田達也監督の長年の課題だった左サイドバックを担うもの。

それはゲームとピッチを俯瞰できる司令塔という役割でした。

そしてその使命を胸にFWからDFにコンバートしたアシトが類まれなイーグルアイという能力を持ってその役割につくことになりました。

それは福田達也監督が思い描いていた5レーン完成への大きな前進だったのだと思われます。

そのアシトが福田達也監督の野望を背負って世界にデビューを飾ったのが因縁のFCバルセロナの育成チームだったのも神のお導きでしょうか?

司令塔アシトが世界のピッチに立ち難解な5レーンを俯瞰と言う能力で実戦レベルに落とし込んでバルサU-18を倒す時が来たのです…?

 

アオアシ368話ネタバレの考察!福田達也監督10年来の5レーンを完成させ王国に臨む?

福田達也監督がスペイン・ラリーガ1部のSCサバデルに在籍時に思いついたという5レーン。

  • みんな何で三つしかレーンが無いと信じているんだ?

この疑問がスタートでした。

  • 「ハーフレーン」を使えば革命的な攻撃がいくらでも生まれる。

当時バルサ戦で使う事を考えた福田達也監督は怪我でその夢を果たすことは出来ませんでした。

そして指導者となった後も5レーンで世界に旋風を起こす野望を持ち続けましたが、カギとなる攻守コンプリート出来るサイドバックの司令塔が見つからず実戦での活用までは至りませんでした。

そんな時に現れたイーグルアイという特異な才能を持ったアシトが福田達也監督の野望に再び火を着けたのです。

福田達也監督の10年来の夢がここアルカスカップで開花するのでしょうか?

 

アオアシ368話ネタバレの考察!福田達也監督のサインでアシトがピッチに4本の線を引く?

ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンのグアルディオラ監督がかつて実践して大きな成果を上げた5レーンサッカー!

ピッチに4本の線を引き5つのレーンでサッカーを組み立てる考え方のフォーメーションとなります。

考え方の基本は、サッカーにおいてゴールを決めるにはセンターレーンが絶対的に有利であり、アウトサイドレーンからゴールを狙う事は極めて困難であることがあげられます。

そのことからどんなチームでもアウトサイドレーンは手薄になるという傾向がどうしても自然の流れになるのです。

手薄の位置で且つゴールを狙えるレーン…これをハーフレーンとしてセンターレーンの左右に2つ設定するのです。

そうすることで、一旦サイドに振ったと思われたボールが即シュート可能なボールとなり、決定的場面が圧倒的に増えるという事になります。

細かいルールを言えば前後の選手同士は同じレーンにいてはならないとされています。

これをやりたいがために福田達也監督は愛媛の無名の選手アシトをエスペリオンユースに入れたのでした。

世界戦デビューに当たりアシトのイーグルアイが福田達也監督のサインを受け、アルカスカップのピッチに4本の線を引くことで5レーンがスタートするのです。

 

アオアシ368話ネタバレの考察!イーグルアイの司令塔の威力にバルサ驚愕?

俯瞰視野によるフィールドと選手全員の動きを見て取れるイーグルアイと呼ばれるアシトの特異な能力!

福田達也監督はそのアシトを左サイドバックにすることによって180度の視野でゲームを支配できる状況をアシトに与えました。

そしてアシトは空いたスペースにボールを動かすコーチングで対戦相手を席巻して行く術を手に入れたのです。

そしてそのアシトの世界デビューははからずも育成年代世界トップとも言われるバルサU-18となりました。

繊細なパス回しでのイーグルアイは少し発揮したようですが、フィールド全体を俯瞰したアシトの能力はとんでもない効力をエスペリオンユースにもたらすことになるでしょう?

その作戦がいよいよ始まるのでないかとワクワクしています。

 

アオアシ368話ネタバレの考察!アシトに注目が集まるアルカスカップ?

バルサU-18という育成年代の絶対王者との対戦で完全に相手の裏を取りファーストシュートを放ったアシトでした。

更にアシトは本来SBというポジションを守っています。

いきなりDFのポジションから中央に躍り出て来て試合を支配した稀有な才能を持ったサイドバックとしてアシトはこの後注目を集めるのではないでしょうか?

更にこのバルサ戦の後のドイツ代表クラブとの戦いも控えています。

ドイツにはヨシュア・キミッヒという今はMFに転身しましたが、攻守コンプリートの一番近いと言われたSBも存在しています。

更にアシトの不可思議な俯瞰という能力は、今戦っているバルサU-18のトップチーム監督シャビ・エルナンデスの能力とも共通します。

育成年代の日本にこんな選手がいたのか…?

アシトの世界デビューは衝撃を持って受け入れられる可能性を秘めているのではないでしょうか?

 

アオアシ368話ネタバレの考察!アシト攻守コンプリートSBとして世界に名乗りを上げる?

日の丸食堂で栗林晴久が言っていた攻守コンプリートしたサイドバックが世界中のサッカーの歴史を見ても未だに登場していないと言う事実!

栗林晴久はそのとき既にアシトの才能を見抜いて-お前なら出来る-とアシトに言っていました。

その攻撃の方のコンプリートをチームを率いてバルサ序盤で片鱗を見せてくれたアシトはこの大勝負でのファーストシュートまで持ち込みました。

後は左サイドバックとしての守りに加えて司令塔としての凄みを見せれば、アシトが世界初の攻守コンプリートしたサイドバックに名乗りを上げたことになるでしょうか?

 

アオアシ368話ネタバレの考察!エスペリオンユース左サイドからの攻撃を試す?

試合序盤でバルサのお株を奪うポゼッションサッカーで中央突破を敢行し、先制シュートまで持ち込んだエスペリオンユース。

おそらくは中央と両サイドのハーフレーンを使った5レーンを試してみたのではないでしょうか?

そう考えると次の攻撃はアシトと新人の凛胆選手のいる左サイドとハーフレーンを使った攻撃が効果的ではないでしょうか?

当然バルサはサッカー選手としての実力が抜きん出ている栗林晴久にプレッシャーをかけてくるものと思われます。

そうなると単調に中央突破だけは抑え込まれる可能性が高くなります。

そこで次に試すのがバルサ前半対策の目玉でもあるアシトと凛胆選手のラインづくりではないでしょうか?

その突破口を開くことが出来れば、攻撃の幅で大きくバルサを揺さぶることもできるのではないでしょうか?

アオアシ368話ネタバレの確定!

2024年4月22日(月)発売の週刊ビッグコミックスピリッ21・22合併号に掲載のアオアシ368話-希望溢れるエスペリオン-のネタバレ最新話確定速報になります。

是非、楽しんで読んでくださいね!

 

アオアシ368話ネタバレの確定!エスペリオンユースの善戦を称賛するスタジアム!

前半アディショナルタイム、栗林晴久のゴールで追いつき同点でハーフタイムを迎えたエスペリオンユースにスタジアムから惜しみない拍手が送られます。

こと技術力では後れを取るサッカーの王国に対しチーム力で点を取ったと賞賛の言葉がスタジアムからかけられます。

世界のライバルたちはこの結果をテクニックではなくフィジカルを前面に出した作戦勝ちと見ているようです。

そんなかでバルサベンチから静かに引き上げるデミアン・カントを栗林晴久と阿久津渚キャプテンの2人だけが静かに見つめていました。

 

アオアシ368話ネタバレの確定!後半戦はMF黒田勘平からMF大友栄作に交代!

前半終了間際の圧倒的プレーに自信をみなぎらせてハーフタームに入るエスペリオン陣営でした。

皆が一様に興奮しながら控室に戻る中、福田達也監督から前半の総括が皆に伝えられます。

まずみんなで獲得した得点を褒めるとともにバルサの隙を衝く的確なオールコートマンツーマンをやり切った事を評価します。

そして後半…予定通り…MF黒田勘平に代わり同じくMFの大友栄作がピッチに投入されます。

 

アオアシ368話ネタバレの確定!初めての世界の舞台に成長を実感するアシト!

皆が一様に興奮の中にいる控室でアシトは自分の成長とチームの成長を感じ取っています。

そしてガルージャ監督との約束を思い、皆がプロになるためのステップをこのバルサとの試合で実感している様子です、

エスペリオンは世界に通用する…そんなアシトの言葉に普段は冷静な桐木曜一までがアシトの意見に同調してバルサを食えるとまで言い切るのです。

そんな中でも冷静な表情の栗林晴久と阿久津渚キャプテン…そして福田達也監督はできれば後半に入ってすぐの同点が良かったと本音をスタッフだけに伝えるのでした。

 

アオアシ368話ネタバレの確定!バルサ陣営の後半デミアン・カント投入!

一方のバルサU-18の選手達は沈んだ面持ちで控室に引き上げて行きます。

そんな中ユーリ・ガルージャは幼馴染花の視線に気づくのですが、微笑みかける余裕はないようです。

サインサ監督は前半の結果で約束していたように後半の実質の指揮権をロミオに委ねるのでした。

そしてそのロミオの采配で後半への選手交代が告げられるのです…DFホセに代わってFWスザク・クオリッチと攻めを強化…そしてFWディニスに代わって遂にFWデミアン・カントがピッチに登場するのです。

 

アオアシ368話ネタバレの確定!感想と考察!

一様に興奮を抑えきれないエスペリオンユースの面々…無理もありません世界へのデビューそれも相手は王国バルサのカンテラ…しかも有利な試合運びをしたのは自分たちでした。

しかしその中で栗林晴久と阿久津渚キャプテン、そして福田達也監督の冷静な表情が気がかりです。

バルサ…王国のカンテラはまだ本気を出していません。

そして後半バルサ陣営は実質指揮権を変え選手も一気に二枚交代…遂にデミアン・カントがピッチに立つのです。

次回のアオアシは2024年5月20日(月)発売の週刊ビッグコミックスピリッツ25号に掲載される予定です。

まとめ

今回は、アオアシ368話ネタバレ確定!バルサU-18デミアン・カント王国を背負いピッチに立つ!と題してお伝えしました。

2024年4月22日(月)発売の週刊ビッグコミックスピリッ21・22合併号に掲載のアオアシ368話-希望溢れるエスペリオン-のネタバレ確定でした。

楽しんで読んで頂けましたか?

遂にバルサU-18後半戦デミアン・カント投入決定です。

更にFWを一枚増やしての未知の選手が…恐らくベンチでデミアンの隣に座っていたあの美形のお方かと…楽しみです。

それでは、アオアシ368話ネタバレ確定!バルサU-18デミアン・カント王国を背負いピッチに立つ!これで終了させていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

…ここで…最後まで読んでいただいた方だけにビッグなチャンスお知らせです!

大好きなスポーツチームを応援しながらスポーツくじで楽しむ醍醐味をあなたにお届けします!

TVCMで話題の“1等最高12億円”のBIG・WINNERなどのスポーツくじがdocomoで買えるようになりました。docomoスポーツくじ①スポーツくじも、docomoだから安心してお楽しみ頂けます♪

  • 利用登録はもちろん無料
  • 購入口数の入力だけで、1等最高12億円のチャンス
  • dポイントもたまる、つかえる!
  • サッカー知識不要
  • 予想なしの簡単お手軽購入!
  • おトクなキャンペーン目白押し
  • 当せん金は自動振り込み

docomoスポーツくじ②■更に今がお得な理由は…?

  • 2023年9月30日まで無料の新規利用登録でdポイント2,000pt が1,000名様に&初回1口のくじ購入で2,000ptが100名さまに抽選で当たるチャンス!
  • 8月の吉日限定キャンペーンでdポイント5,000ptが20名さまに当たる

docomoスポーツくじ③■購入出来るくじは3種類

▪️WINNERとは?

  • 対象競技はサッカー&バスケットボール!
  • 1口200円から!
  • 1試合のスコア/大会成績を予想!
  • オッズに応じた当選金がもらえる!

▪️BIGとは?

  • 対象競技はサッカー!
  • 1口100円から(商品により異なります)!
  • 勝敗予想はコンピューターにお任せ!
  • 最高12億円が当たる!

▪️totoとは?

  • 対象競技はサッカー!
  • 1口100円!
  • 複数試合の勝敗や得点を予想!
  • 最高5億円が当たる!

>>無料登録とご購入は下記のリンクからどうぞ!

\今すぐに無料登録する!/

 

テキストのコピーはできません。