「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

漫画

彼はこれは復讐ではないと言ったネタバレ全話!グロ漫画の結末は重要ノートに書かれていた?

彼はこれは復讐ではないと言ったネタバレ全話!グロ漫画の結末は重要ノートに書かれていた?
Pocket

今回のテーマは、彼はこれは復讐ではないと言ったネタバレ全話!グロ漫画の結末は重要ノートに書かれていた?と題してお伝えしてまいります。

“彼はこれは復讐ではないと言った”は漫画配信アプリのコミックシーモアのオリジナル漫画として大ヒットばく進中の限定配信作品となります。

最新8話の確定追記を記事後半に掲載していますので是非楽しんで読んでくださいね!

尚、記事には内容考察の他にネタバレ確定も含まれていますので苦手な方はご注意ください。

小嶋龍吉、将来を嘱望された棋士として日々将棋の鍛錬を欠かさない高校生でした。

しかしその小嶋龍吉は一つ問題を抱えていたのです。

クラスメイト6人による執拗ないじめ。

それはいじめの域を超えた犯罪と言っても過言ではない内容のものだったのです。

次第にエスカレートして行くクラスメートからの嫌がらせはついに小嶋龍吉の棋士としての将来をもつぶすものとなって行ったのでした。

決して許す事など不可能な仕打ちに小嶋龍吉はどのような手段に出てくるのでしょうか?

それでは、彼はこれは復讐ではないと言ったネタバレ全話!グロ漫画の結末は重要ノートに書かれていた?どうぞお楽しみください。

 

Contents

彼はこれは復讐ではないと言ったネタバレ全話!

あれから何年経ったのでしょう、成長し社会人となっても人の本質が変るものでは無いようです。

あの犯罪まがいのいじめを楽しかったと懐かしむような、胸糞で愚劣な奴ら。

そしてけっして許す事のない傷だけがヒリヒリと残る小嶋龍吉。

そして謎の仮面をかぶった人物!

ここから物語はどのように進展して行くのでしょうか?

 

彼はこれは復讐ではないと言った1話ネタバレ確定:重要ノートに書かれた許さないシナリオ!

雑多な繁華街のカウンターバーで久しぶりに会う高校の時の同級生の若い男女…どこにでも見られるありふれた風景です。

そして話す内容もお決まりの高校の時の思い出話です。

しかしその話す内容があまりにも異常でした。

1人の同級生小嶋龍吉を6人がかりで来る日も来る日もいたぶることが彼らの日常でした。

6人で回して小嶋を殴った時、ゲテモノを無理に食わせた時、そして物置に閉じ込めた時…スマホに保存した写真を見て笑い合う男女…もういっぱしの社会人でもあるようです。

和馬と呼ばれたスーツ姿の男は会社でも仕事が出来る社員として皆から一目置かれている様子です。

  • 渡辺和馬…皆んなはアイツの本性を知らない。

そう呟いて車から和馬の行動を監視する黒い人影…それが彼ら6人にいじめ抜かれていた小嶋龍吉ではないかと思われる覆面の男でした。

覆面の男は重要ノートと書かれた一冊のノートを大切そうに抱えています。

その重要ノートには小嶋龍吉が高校の時に受けた同級生からの虐待の歴史がつらつらと綴られてでもいるようです。

…あと少しだ、あと少しだよ…と覆面の男は重要ノートをペラペラをめくるのでした。

本来その重要ノートは小嶋龍吉が将棋の世界で将来を嘱望され一目置かれていた時に、対局などを記録するものだったようです。

そしてあと2回の対局を制すればプロ棋士になれるところまで来ていた小嶋龍吉は将棋界の期待の星だったのです。

しかしそれすらもその6人は許しませんでした。

将棋連盟に実しやかに小嶋龍吉が不正をしていると告げたのです。

その不正の嫌疑を確かめるため将棋連盟に呼び出された小嶋龍吉はその当日6人から学校の物置に閉じ込められ行くことが出来なかったのです。

小嶋龍吉はプロ棋士という将来までを彼らに絶たれることとなったのでした。

それからその6人の名前と罪状が記されるようになった重要ノート…!

渡辺和馬、和田数子、北井新一郎、大久保利則、そして悪のヒロインともいえる田佐中優子と主犯格の渋根周。

  • あいつら6人だけは許さない!

覆面の男(以降、覆面)は重要ノートを抱え自らに確認するように呟くのでした。

 

彼はこれは復讐ではないと言った2話ネタバレ確定:重要ノート最初の標的は渡辺和馬!

渡辺和馬は女性とのデートの約束で港に隣接する公園のベンチに座っていました。

そこに一本のメールが届きます。

  • やっぱり今日は会えません。

メールに添えられていたのは和馬が他の複数の女性にプレゼントを渡したりデートをしているところを撮影した写真でした。

更に後日会社で部長に呼び出された和馬は、会社の金を着服していることが誰かの垂れ込みで発覚したと言われ、警察にも出てもらうことにもなると告げられるのでした。

身から出た錆とはいえ、不愉快なことが続いた和馬は同級生の和田数子が務めるいつものカウンターバーでヤケ酒に浸るのです。

その帰り道で街路樹にもたれてゲロっているところに親切にもペットボトルの水を差し出す人が現れたのです。

喉がカラカラに乾いていた和馬はペットボトルを引ったくるように一気に水を飲んでしまうのでした。

そして和馬はそのまま気を失ったのです。

再び和馬が目を覚ましたところは冷たい拷問部屋の中で、馬自身は椅子に縛り付けられ身動きできなかったのです。

そこにドアを開けて入ってきた覆面が手に持っていたものはあの重要ノートと鋭利なナイフだったのです。

 

彼はこれは復讐ではないと言った3話ネタバレ確定:覆面に拘束された和馬が遺体で見つかる!

和馬を椅子に縛り付けたまま覆面は重要ノートを開き、そこに書かれている悍ましい光景を読み上げるのです。

彼らに蹴られた腹部が青あざとなって熱をおびている、目薬だと言ってラー油を挿された目が焼けるように痛い…頭上からコンクリートブロックを投げられ頬を切ったこともありました。

覆面は同じことを和馬にもやって行くのですですが、自分たちがやった時は大笑いしていたのに自分がやられる立場になると喚き散らす和馬を嘲笑うように見下すのです。

そしておもむろにナイフを取り出すのでした…。

後日行方不明となった和馬が通っていた会社では彼の横領が発覚し逃げたという噂が広まっていましましたが、間も無く変死体として発見されこととなり事件として警察の捜査が入るのでした。

覆面の次のターゲットは北井新一郎のようです。

元来女好きの新一郎は毎日のようにガールズバーに入り浸るような生活をしているようですが、仕事は学校の教師という聖職についていました。

そして今日も目をつけた女子生徒を教室に呼び出し…何かを企んでいるようでもあります。

 

彼はこれは復讐ではないと言った4話ネタバレ確定:数馬の殺害を見た残る5人の思惑!

渡辺和馬の葬儀に参列した残る5人の仲間は、帰りにビリヤード場に集まり話をしています。

自分たちが狙われているとも知らずに誰れが和馬を殺したのかなどと呑気な事を言う者もいますが、主犯格の渋根周だけは冷静でした。

  • 龍吉かも知れない。

周がそう言った根拠は知り合いが流してくれた極秘の情報でした。

眼球にラー油を掛けられたり、生きている間に大量に土や草を口に入れられたと言うものです。

5人の仲間には身に覚えがありました…自分たちが小嶋龍吉にやった事そのままなのです。

あんなことくらいで命を狙われるのとほざいている者もいますが、女優になった田佐中優子はドラマが決まったばかりでスキャンダルを警戒して龍吉の話を広げることを禁ずるのです。

それを受けるように周は龍吉が殺しに関りがあるかは次にこの5人の中の誰かが殺されたらわかると不敵に笑うのでした。

和馬の事件を捜査するのは三道警察署の古株の山さんが担当するようです。

若手の刑事が犯人を憎むのをよそに山さんは犯人像を推理して行くのです。

バケモノが化け物を殺したのかと!

一方学校の先生に収まっている北井新一郎は自分の事を棚に上げて女子生徒のいじめ被害を助けているようです。

でもその下心丸出しの狙いは女子生徒の体だったのです。

そんな北井新一郎のいる校舎を重要ノートを脇に抱えた覆面が見上げるのでした!

 

彼はこれは復讐ではないと言った5話ネタバレ確定:北井新一郎の化けの皮を覆面が剥がす!

いじめに合っていた自分のところの女子生徒を救った北井の魂胆はズバリその女子高生でした。

放課後その女子高生を教室に呼び出した北井は家まで車で送る事と次の日曜日にデートに誘うのが狙いだったようです。

しかし女子高生は突然悲鳴を上げて顔を伏せるのでした…校舎の窓にお化けが現れたと言うのです。

おかげでその後女子高生とは話す事も出来ず、北井はデートの約束も取ることが出来ませんでした。

それから悶々とした気持ちが収まらない北井はその女子高生をいじめていた生徒を疑うのですがそれもお門違いだったようです。

一方の北井に狙われた女子高生のスマホにメールの着信が入ります。

内容は北井が高校の頃に酷いいじめに関わっていたというものでした。

自分を守ってくれた先生がまさかと思い、北井に確かめる女子高生でしたが昨日からの悶々としっぱなしの北井は我慢がきかずに女子生徒に襲い掛かってしまうのです。

その頃、三道警察署の山さんは渡辺和馬のグループ6人がいじめていた生徒…小嶋龍吉の情報に辿り着くのでした。

 

彼はこれは復讐ではないと言った6話ネタバレ確定:これは復讐ではなく敵討ち!

学校の教室で女子高生に襲い掛かった北井は精一杯の抵抗を試みる相手を思いっきりの力で殴りつけたのです。

そして身動きできなくなったのを見計らって更に迫って行くのですが…そこに斧を持った龍吉と思われる覆面が現れるのです。

その頃この事件を嗅ぎまわる山さんは、捜査本部の方針が小嶋龍吉ではなく和馬が務めていた会社との金銭トラブルに絞った事を嘆いていました。

山さんはそれでも小嶋龍吉の線で捜査をすると決めているようですが、後輩の小野川には本部に戻れと諭すのです。

鼻つまみ者は一人だけで良いと言いながら、肩身の狭い思いで外を眺めるのでした。

一方学校の教室ではいじめられたくらいで殺すなんて…と言う北井にお前は勘違いしていると覆面は答えるのです。

  • これは復讐ではない…敵討ちだ!

そして覆面は斧を北井新一郎に振り下ろして行くのでした。

 

彼はこれは復讐ではないと言った7話ネタバレ確定:小嶋龍吉の小枝北斗という友だち!

6人の仲間の一人である大久保利則が和田数子のカウンターバーにやってきました。

周と連絡がつかないと心配顔で言う大久保ですが、警察は信用できないと言い小嶋龍吉の事は自分たちで解決しようと数子に協力を仰いでいます。

それを聞いた数子は高校の時の小嶋龍吉の友だち小枝北斗なら居場所を知っているかもしれないと言うのでした。

小枝北斗は小嶋龍吉とは同じ中学から一緒の友だちでした。

北斗は可愛い女装をするのが趣味で、自宅にまで遊びに行く仲の龍吉もその事を認めてはいたようです。

北斗は龍吉が肌身離さず持っている重要ノートを見つけ、龍吉が将棋をとても大切にしていることを知るのです。

お互いの秘密を知った2人は親友ともいえる仲になって行くのですが、ある日6人組が龍吉に悪さをしていた時に北斗はその場にいたたまれずに逃げ出してしまったのです。

一方の警察の捜査状況は、渡辺和馬から北井新一郎と連続殺人が起きたことで警察に威信にかけて最初の方針を会社関係に拘って行くのですが、山さんだけは本部と違う方向で小嶋龍吉の線で捜査を進めて行くのです。

 

彼はこれは復讐ではないと言った8話ネタバレ確定:棋士の道を断たれた小嶋龍吉は今どこに?

小枝北斗、高校時代の小嶋龍吉の親友…でも龍吉を助けられず逃げてしまった事を後悔しています。

その北斗がとある倉庫で働いている姿が描かれます。

その手に持つスマホには北井新一郎の事件のニュースが映っていました。

そして重い荷物を筋肉痛の体できつそうに持ちながら、きのう体を酷使した事を後悔したようにつぶやくのです。

一方、北井新一郎に襲われそうになった女子高生の自宅に聞き込みに訪れた山さんと小野川刑事は、一つ重要な証言を入手するのでした。

  • これは復讐ではない、仇討ちだ!

犯人を小嶋龍吉と睨んでいた山さんは一つ暗礁に乗り上げるのです。

場面変わって、小嶋龍吉へのいじめの主犯格だった渋根周がとある高級ホテルの一室でピストルを手に狙いを定める場面が挿入されています。

更に棋将戦を目の前に控えた若き天才と呼び声の高いの角松棋士がインタビューに答えライバルとして小嶋龍吉と言う誰も聞いたことの無い名前をあげるです。

角松棋士が奨励会時代に唯一負け越していた小嶋龍吉がプロの棋士にならなかったことを許せないともコメントするのでした。

これでどうやら役者は揃ったようです。

果たしてあの不気味な覆面の中は誰の顔が隠れているのでしょうか?

 

彼はこれは復讐ではないと言った9話ネタバレ確定:山さん情報屋から小嶋龍吉のライバルを知る!

殺人事件の被害者、北井新一郎の生徒だった女子高生宮山は警察の聞き取りには協力的に対応しました。

しかし北井新一郎が高校時代にいじめグループでやっていたことを詳細に伝えた謎のメールのことは話せないでいたようです。

そしていつの間にかそのメッセージも消されていたことから、今更そのことを警察に言うのも躊躇しそのままにしてしまった様子です。

更に警察の捜査本部ではなく山さんの聞き取りには非協力的でだったことから関わりたくないのかもしれません。

山さんはその後も小嶋龍吉を疑っているのでしょうか、龍吉の実家や唯一の身内だった亡くなった祖母の入院先などを追いかけています。

しかし小嶋龍吉の行方は要として分からず仕舞い、その生死すらもはっきりとしないようです。

場面は変わって和田数子のいるカウンターバーに大久保利則が来ています。

2人の仲間が消された危機感から小嶋龍吉の居場所を探ろうと考えているようです。

そのために和田和子が調べた小嶋龍吉の親友だった小枝北斗の連絡先に、大久保利則は電話をかけるのです。

しかし小枝北斗があのいじめグループの1人大久保利則に素直に応じるはずもありません。

当時ばかにしていた小枝北斗から舐められたことが許せず、大久保利則は凄まじい形相で怒りに任せて何かを決心した様子です。

独自の捜査を進める山さんは小嶋龍吉探しが暗礁に乗り上げ、とある酒場に情報屋を訪ねてきたようです。

山さんは情報屋にこの事件に関し、いじめのことに関連してすくい上げなければならない真相がある気がすると小嶋龍吉の名前を告げるのです。

その名前に反応した情報屋は、小嶋龍吉と将棋界期待の角松棋士との因縁について山さんに伝えるのでした。

果たして山さんは角松棋士から小嶋龍吉の足取りを掴むことができるのでしょうか?

 

彼はこれは復讐ではないと言った10話ネタバレ確定:自分も同罪と叫ぶ小枝北斗の深い後悔!

小枝北斗は仕事の帰り道でつけられている気配を感じるのでした。

そして突然、小枝北斗の前に現れたのは大久保利則でした。

電話で舐められたことが気に入らなかったようです。

小枝北斗は大久利則に車で拉致され、ある廃病院に連れて行かれます。

ここは住宅街からかなり離れた誰にも声が届かない場所ということで、取り立て屋をしている大久保は金を返せないお客をここで痛めつけているようです。

小枝北斗は後ろ手に椅子に座らされて、暴力とともに小嶋龍吉の居場所を聞かれるのです。

中々口を割らない小枝北斗に大久保はついにナイフを取り出し脅し始めるのでした。

しかし小枝北斗の心には。あの時小嶋龍吉を助けられなかったという深い後悔が有り自分はこの小久保たちと同罪だと考えているようで不気味な顔でこう告げるのでした。

そして小枝北斗にナイフを振り上げたその時、大久保のスマホの着信がけたたましく鳴り響くのです。

それは主犯格の渋根周からのグループの召集の連絡だったのです。

大久保は小枝北斗との修羅場から逃げられたことに少しホッとしながら小枝北斗を縛り付けた上で周の元に駆け付けるのでした

 

彼はこれは復讐ではないと言った11話ネタバレ確定:大久保利則の前に現れた覆面!

リーダーの渋根周に呼び出された大久保利則は、急いで和田数子のカウンターバーに駆け付けます。

しかし渋根周は既にそこにおらず和田数子から伝言を受け取るのです。

それは…渡辺和馬と北井新一郎を殺した犯人がこれは”仇撃ち”だと言ったという警察の中でも極秘となっている情報でした。

苛つく大久保利則でしたが、今日廃病院に拘束した小枝北斗の言葉を思い出すのです。

龍吉を助けられずにいたあの頃の、深い後悔に苛まれる言葉を。

大久保利則は直感的に小枝北斗が仇撃ちの犯人だと決めつけ、廃病院に急ぎ取って返すのでした。

しかしそこ拘束したはずの小枝北斗の姿は有りません。

その代わりに背後から静かに現れたのは覆面でした。

一方、独自の捜査を進める刑事の山さんは情報屋から仕入れた将棋の方面から、天才棋士の角松邦正六段を訪ね、ライバルだった小嶋龍吉が将棋の世界を追われた経緯を知ることになるのです。

場面は廃病院に戻り、拘束された大久保利則の前に覆面が現れ”仇撃ち”が始まろうとしています。

手始めとして廃病院に転がっていた古い注射…その得体の知れない注射を持って大久保利則に近付くのでした。

果たして大久保利則は…幻覚…嘔吐…体中から血を噴き出す…そう脅す覆面は躊躇することもなく注射の針を肩に突き立てるのです。

 

彼はこれは復讐ではないと言った12話ネタバレ確定:幻覚の中で罪を償え大久保利則!

覆面が刺した得体の知れない廃病院に転がっていた注射は、やはりヤバい注射だったようで大久保利則には幻覚の中で犯した罪を強制的に償わせられます。

拘束され幻覚の中で覆面から暴行を受ける大久保利則は、廃病院に現れた数子が鉈を持って覆面を滅多切りにする幻覚を見ていたようです。

しかし現実は拘束されたままいたぶられる状況は何も変わっていません。

そして覆面は救いようのないお前らは小嶋龍吉と同じ目にあうべきと告げ、ナイフを振りかざして大久保利則の罪を償わせるのでした。

場面は独自の捜査を続ける山さんに移り、部下の小野川が自前の推理を話しています。

角松邦正六段が言っていた、龍吉が不正疑惑の調査に現れたなかったのはいじめグループが関与していたのではと…。

更にその元となる不正の噂ですら、いじめの一環だったのではないかと言うのです。

核心を得ているような推論を肯定しつつ山さんが小野川を振り返ると…そこにはいじめと言う言葉に反応し悦に入ったよな不気味な笑顔を浮かべる部下の姿が有ったのです。

小野川もまた闇を抱える人間の一人なのかも知れません。

 

彼はこれは復讐ではないと言ったグロ漫画の結末は重要ノートに書かれていた?

https://twitter.com/comic_cmoa_ad/status/1694629628651212837?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1694629630739886397%7Ctwgr%5E59ecc42dcdb203892fd7eb91c39f40fb0758041e%7Ctwcon%5Es2_&ref_url=https%3A%2F%2Fhr365au.com%2Fnot-revenge

小嶋龍吉のとは将棋のライバルだった角松棋士という今飛ぶ鳥をも落とす勢いの天才棋士が登場しました。

そして角松棋士が学生の頃に唯一勝ち越せなかった小嶋龍吉の名前が世の中に出ることとなりました。

このことがきっかけとなって事件は解決の方に向かうと良いのですが…。

それでは、彼はこれは復讐ではないと言った9話ネタバレ確定速報をお届けします。

 

彼はこれは復讐ではないと言った13話ネタバレ確定速報:3流女優の田佐中優子の悪事?

後輩女優のさおりがTVドラマの主役に大抜擢された…それを妬むしか考える思考回路が無い田佐中優子は女優としても3流の人間なのでしょう。

今は昏睡状態で眠るさおりが演じるはずだった役を代わりにやる事が決まった田佐中裕子は、その病室をお見舞いに訪ねるのでした。

白々しくお見舞いの言葉を言う田佐中優子の胸中に、ある光景がフラッシュバックするのです…。

後輩のさおりを階段から突き落とす田佐中優子…そしてさおりのベットの脇で顔を覆いながら醜く笑う3流女優がいたのでした。。

場面は変って田佐中優子の楽屋…マネージャーの三太郎が息せき切って100%のオレンジジュースを女優・田佐中優子に渡します。

しかし仮にも1流を目指す3流女優の卵は、濃縮還元100%では満足しません…三太郎にせっかく買ってきたジュースを浴びせかけストレートのオレンジ100%を買いに走らせるのでした。

高飛車な3流女優に振り回される三太郎には一途に愛する恋人いるのですが…それすらもバカにする3流女優…。

そして少しのOFFの時間で三太郎は病に倒れる恋人を見舞うのですが…その病室に横たわるのは1流女優の道をひた走っていたさおりが…そして三太郎は3流女優の言動から犯人を察し復讐を誓うのでした。

 

まとめ

https://twitter.com/comic_cmoa_ad/status/1694629632853844448?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1694629635089404069%7Ctwgr%5E59ecc42dcdb203892fd7eb91c39f40fb0758041e%7Ctwcon%5Es2_&ref_url=https%3A%2F%2Fhr365au.com%2Fnot-revenge

今回は、彼はこれは復讐ではないと言ったネタバレ全話!グロ漫画の結末は重要ノートに書かれていた?と題してお伝えしてまいりました。

ハッキリ白黒をつけるよりも本人同士の和解や示談を進めるのが日本の法曹界の特徴の一つとなっているようです。

争えば必ず敗者が生まれる…敗者の怨念は天変地異となって国を乱すと言う日本特有の怨霊文化がその発端だとも言います。

しかしその曖昧さゆえにいじめが野放し状態にされるのであればそれは由々しき事と言わざるを得ないでしょう。

この作品はそこにメスを入れて行く作品に思えてなりません。

怨念を生んでも白黒はっきりさせなければならな事の最たる問題が、有耶無耶にされがちないじめ問題ではないでしょうか。

本記事では引き続きこの作品のネタバレを考察して行きますのでどうぞお楽しみにしてください。

彼はこれは復讐ではないと言ったネタバレ全話!グロ漫画の結末は重要ノートに書かれていた?お楽しみ頂けましたでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました、それではまた。

テキストのコピーはできません。