「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

呪術廻戦

呪術廻戦254話ネタバレ確定!頑張る日下部篤也を冷徹に討ち倒す宿儺?

呪術廻戦254話ネタバレ最新話確定速報!頑張る日下部篤也を冷徹に討ち倒す宿儺?
Pocket

今回のテーマは、呪術廻戦254話ネタバレ確定!頑張る日下部篤也を冷徹に討ち倒す宿儺?という内容でお伝えしてまいります。

2024年3月25日(月)発売の週刊少年ジャンプ17号に掲載の呪術廻戦254話-人外魔境新宿決㉖-ネタバレ確定になります。

是非楽しんで読んでくださいね!

尚、この記事は本誌ネタのネタバレを含んでおりますので、苦手な方はご注意ください。

それでは、呪術廻戦254話ネタバレ確定!頑張る日下部篤也を冷徹に討ち倒す宿儺?どうぞお楽しみください。

 

呪術廻戦254話ネタバレを考察!

呪術廻戦前回の-人外魔境新宿決㉕-では最強の一級呪術師と皆から太鼓判を押されて新宿決戦の主役として前面に立とうとする日下部篤也の姿が描かれています。

しかしその日下部自身の口から出て来る一級呪術師の中で最強は自分と宇佐美憂太以外と言っていることから本当は戦いなくないのかも知れません。

その前段として裏梅からまだ本気を出していないと言われていた宿儺が、天与呪縛フィジカルギフテッド禪院真希の実力を垣間見て、高揚する姿が描かれています。

最高の呪力と最強の肉体…どちらが上か?

その結論がこの新宿の地で出るのでしょうか?

その宿儺は呪力を最大限まで高める為でしょうか、瀕死状態とも言える身体にも関わらず反転術式を止め治癒を中断したのです。

そして右の拳に呪力をため込み渾身の黒閃を禪院真希にぶち込むのです。

ここで真希が倒され退場となるのかが気になるところです。

そして冒頭の日下部篤也が宿儺に対峙する存在としてクローズアップされるのでした。

それでは呪術廻戦254話のネタバレ考察を進めていきましょう。

 

呪術廻戦254話ネタバレの考察!日下部篤也が術式を隠し持っていた件?

術式を持たずに一級呪術師に上り詰めた日下部篤也の凄さを、かつて冥冥が語っていました。

しかし呪術廻戦の誌面では日下部篤也の実力の程がどれほどのものかは全く描かれておりません。

むしろ逆に面倒くさがりで出来ればリスクを負いたくないという姿勢ばかりが目立っちゃっているようです。

でもここ呪術廻戦の最終局面の新宿魔境編に入り、呪術高専側の作戦の中心にはいつも日下部篤哉の頼もしい存在があったようにも感じます。

それは高専生徒たちも知り得ないような呪術や術式への深い洞察に裏打ちされたもののようにも感じます。

その割には日下部篤也のプロフィールにははっきりと術式…無しと書かれてもいます。

これは作者の芥見下々先生が全読者を謀っているのではないのかと疑いたくもなります。

東堂葵や七海建人更には冥冥と言った猛者よりも最強と言われる日下部篤也に術式が発現していないことが違和感が有りすぎと思ってしまいます。

ここで猪野琢真から七海建人の術式を纏った鉈を預かったことも気になるところです。

もしかしたら日下部篤也には呪具が纏う呪力や術式を最大限に引き出すような術式を隠し持っているのかもしれません?

 

呪術廻戦254話ネタバレの考察!日下部篤也はナナミンの術式を纏った呪具を持って宿儺に対峙?

猪野琢真に託されていた七海建人の術式を纏った鉈状の呪具。

禪院真希との肉弾戦を演じる宿儺の背後から迫った猪野琢真はその時その鉈状の呪具を持っていませんでした。

猪野琢真はその直後に宿儺から蜘蛛の巣状の捌を受け吹き飛ばされています。

そして現れた日下部篤也がその呪具を使って宿儺に一撃を喰らわせていましたが、作戦を読んでいた宿儺に難なく躱されていたようです。

しかしその日下部篤也が1級最強が確定した今は、それだけでナナミンと一級最強の日下部篤也の合わせ技が終わりだとはどうしても思えません。

過去に明らかになっている日下部篤也の技はシン・陰流の抜刀と居合・夕月が主なところですが渋谷事変の事例を見てもそれだけでは完全体となった宿儺を倒せるはずもありません。

ここでナナミンの残した念を、呪具を通して日下部篤也が纏い宿儺とタイマン勝負に臨むのではないでしょうか?

 

呪術廻戦254話ネタバレの考察!日下部篤也に抜刀と居合・夕月を超える技があるのか?

基本的にシン・陰流は創始者の芦屋貞綱が術式を持たない弱者を強者の領域から守ることが目的とされ編み出された一門相伝の門外不出を縛りとして領域でした。

しかし見て盗むことまで禁じなかったことから一門以外の術師までが便利に使いこなしているようです。

では一門となるとその技は計り知れない強さを持つものなのでしょうか?

しかし現代のシン・陰流を代表する呪術高専2年担任の日下部篤也はシン・陰流の特徴とも言える抜刀や居合・夕月で渋谷事変に参戦しましたが、桁外れの呪力の持ち主たちに早々にお手上げ状態となったのはまだ記憶に新しいところです。

その日下部篤也が最強の一級呪術師だと渋谷で斃れたナナミンまでが言っていることから急成長を遂げた事でもなさそうです。

そうすると日下部篤也には抜刀や居合・夕月を超える技を持っていなければおかしなことになるわけですが?

果たして完全体の宿儺に対峙して日下部篤也は未知の大技を繰り出してくるのでしょうか?

 

呪術廻戦254話ネタバレの考察!腰に光る日下部篤也の名刀の力?

シン・陰流の使い手である日下部篤也の持ち技の中で明らかになっている部分から、その戦いを考えてみたいと思います。

やはり覚悟を決めて…?、宿儺に対峙した日下部篤也の腰回りには日本刀が輝いていました。

  • 抜刀…その刀身を呪力で加速させ正面の敵に特化して攻撃するシン・陰流の中で最も早いとされる技で、三輪霞も使いますが日下部篤也のそれは激闘の中動きながらでも使いこなすことが出来るとされています。
  • 居合”夕月”…膝立ちのまま足の力を入れずともくり出せるモーションから見れば最速で相手を葬ることが可能となる抜刀術です。

これらのシン・陰流の本流を行くと思われる日下部篤也は”弱者”を領域から守る物だけではないシン・陰流の技を見せてくれるのではないでしょうか?

m更にここで注目したいのは、猪野琢磨は所持していたナナミンの術式を纏った鉈状の呪具を日下部篤也が所持していた事です。

一級呪術師最強を争う2人の術式が合わさり宿儺を追い込んで行くのではないでしょうか?

 

呪術廻戦254話ネタバレの考察!日下部篤也の強さの秘密が明かされる?

呪術高専東京校の二年生を受け持つ教師であり、且つ一級呪術師の技量を持つ日下部篤也先生!

更に、一級で最強はと問われた名だたる呪術師仲間は一様に日下部篤也の名前をあげています。

でも作中では未だその強さは明かされていません。

トレンチコートに身を包みハードボイルドなニヒル感じを演じているのでしょうが、それが板についていない所が味を出していていい感じのキャラ感となっています。

更に小心者で出来れば戦いたくないと言う気持ちを体中から発散させながらも、飄々と振舞う所も少し滑稽で憎めません。

普段描かれる姿も会議の席や打ち合わせで有ったり一般人の避難などを受け持つことも多く、重要キャラでありながら生得術式すらも不明な一級呪術師…それが日下部篤也です。

その一級呪術師最強と言われる日下部篤也が遂に宿儺とタイマンを張る場面がやってきました。

このまま天与呪縛・禪院真希が宿儺の黒閃から復活できなければ、このまま宿儺vs日下部篤也という戦いに突入すること必至です。

同じ一級呪術師のナナミンも最強と推薦する日下部篤也の実力が遂に見られるのでしょうか?

 

呪術廻戦254話ネタバレの確定!

2024年3月25日(月)発売の週刊少年ジャンプ17号に掲載の呪術廻戦254話-人外魔境新宿決㉖-ネタバレ最新話確定速報になります。

是非楽しんで読んでくださいね!

 

呪術廻戦254話ネタバレの確定!日下部フルオート領域に対しノーモーション術式発動の宿儺!

宿儺にしてみれば斬撃を飛ばせる自分に対して”居合”で来る日下部篤也を、冷静に立ち返り分析を始めたようです。

シン・陰流簡易領域…弱者が強者の領域の必中効果を打ち消すもの…されど術式そのものを中和できるほどのものでも無いのです。

それでも領域は領域として認識してかからねばと考え少し様子見をしている宿儺の姿がそこにあります。

一方の日下部篤也はその領域を最大限に活用する術…侵入してきたものをフルオート反射で一瞬で迎撃することが可能なようなのです。

これにより宿儺の斬撃の動きを山勘で対応できると考えていたようですが…。

しかし宿儺は冷静な簡易領域の観察から日下部の反射速度を警戒し、ノーモーションで術式発動を繰り出して行ったのです。

かろうじて間一髪で躱した日下部篤也ですが…次こそ来るのでしょうか…世界を断つ斬撃…再び新宿の地にに緊張が走るのでした。

 

呪術廻戦254話ネタバレの確定!日下部篤也の強みの数々!

並居る高専側の呪術師が、術式を持たずとも一級呪術師まで昇りつめた日下部篤也を称賛しています。

日下部篤也に対して術式を持たないは自力において自分より劣ると見ている様子の冥冥と七海建人ですが、一目置いている理由を滔々と述べてはいます。

  • 剣術が達者で技のバリエーションも多い!
  • 結界術も使える。
  • 豊富な呪術への知識に基づいた分析や判断力も強み!
  • 応用の効く便利な男!

そんな所でしょうか。

更に五条悟からは、通常誰もが”縛り”を作ってしまうところ、縛りなしで簡易領域を成立させてしまう利点や更に広い範囲に領域を拡大出来ることも大きな強みと評価しているようです。

その領域の拡大を使えば、わざわざ誘い込むことなしに領域を広げることで相手を引き込みオートで迎撃する特徴を兼ね備えていると言うのです。

その日下部篤也は高専側の生徒を守ると言う思いで、最強で完全体の宿儺に対抗して行くのです。

 

呪術廻戦254話ネタバレの確定!頑張る日下部篤也を見透かす宿儺!

柄にもなく頑張ってしまっている日下部篤也は、様子見を決め込んでいる宿儺に対して一気に領域を広げることで凄まじい居合の斬れを見せつけるのでした。

そして居合”夕月”から新しい技”朧月”で宿儺の弱った心臓目掛けて攻撃を繰り出して行くのです。

しかしそこは冷静に見ていた宿儺、領域に組みこまれることも見透かしていたのでしょうか…その刃は届くことなく逆に致命傷ともなる斬撃で宿儺を前にして日下部篤也は倒れるのでした!

 

呪術廻戦254話ネタバレの確定!人外魔境にミゲル参戦!

一級呪術師の中で最強と言う評価の日下部篤也も宿儺に及ぶことは無く早々に倒され、憂憂が”脱出”の術式を使ってその身体を運ぼうと現れるのです。

しかしその憂憂の様子を鬱陶しいと見ていた宿儺が立ちはだかるのですが…。

そこに宿儺の知らない顔の男が姿を見せたのです。

あの五条悟と渡り合った男…ケニアの呪詛師ミゲルが人外魔境に参戦です!

 

呪術廻戦254話ネタバレの確定!感想と考察!

日下部篤也のタイマン勝負に禪院真希や乙骨憂太のリベンジ参戦は無かったようです。

もうこれは明らかに人外魔境の新宿が…後だしジャンケンの応酬で作者のプロットアーマーの連続で…ちょっと…と思ってしまいます。

そして”0″での夏油傑一派…と言うよりも映画キャラ感の強いミゲルが唐突に参戦してきました。

これは…五条悟の指示でミゲルと時間を共にして来た乙骨憂太の復活の伏線なのでしょうか?

それとも百鬼夜行で作者からMVPという栄誉を受けたと言われるミゲル…そして宿儺とのプロットアーマー対決と言う様相にも見えて来るような気がしてしまうのですが…。

呪術廻戦次回は2024年4月1日(月)発売の週刊少年ジャンプ18号に掲載される予定です。

 

まとめ

今回は、呪術廻戦254話ネタバレ確定!頑張る日下部篤也を冷徹に討ち倒す宿儺?というテーマでお伝えしてまいりました。

2024年3月25日(月)発売の週刊少年ジャンプ17号に掲載の呪術廻戦254話-人外魔境新宿決㉖-ネタバレ確定でした。

楽しんで読んで頂けましたか?

最強の一級が一話にして退場とは…これいかに…そして立ち代わりでの映画キャラの登場に戸惑いは禁じ得ません。

果たしてミゲル登場にはどのような背景が隠されているのでしょうか?

呪術廻戦254話ネタバレ確定!頑張る日下部篤也を冷徹に討ち倒す宿儺?お楽しみ頂けましたか。

最後までお読みいただきありがとうございました、それではまた。

テキストのコピーはできません。