漫画

アオアシ・バルサのデミアンカントのモデルは誰?フィジカルや能力も徹底調査?

アオアシ・バルサのデミアンカントのモデルは誰?フィジカルや能力も徹底調査?
Pocket

今回のテーマは、アオアシ・バルサのデミアンカントのモデルは誰?フィジカルや能力も徹底調査?と題してお伝えしてまいります。

アオアシ310話の最終ページに登場したデミアン・カント!

-バルサには、とんでもない奴がいる。-!

それ以来、デミアンカントはアオアシ本編に姿を見せていない。

エスペリオントップチームのガールジャ監督からのメッセージとともにエスペリオンユース高円宮杯での優勝の一報を受けたアシトと遊馬。

衝撃的だったトップチームとの3日間の練習が終了するとともにユースでの最初のシーズンを終えた2人。

最高の形でシーズンを終えた喜びとこれまでの多くの振り返り、また今後の課題をテラスで語り合うアシトと遊馬の頭上に突然大きな声が響き渡ります。

エスペリオン育成部長の加瀬と話しているのは栗林晴久その人でした!

エスペリオンユースの最高傑作と言われる栗林晴久その実力を持ってしてもダミアンカントには勝てなかった因縁とは?

それでは、アオアシ・バルサのデミアンカントのモデルは誰?フィジカルや能力も徹底調査?早速進めてまいりましょう。

 

アオアシ・バルサのデミアンカントのモデルは誰?

-お願いします、ガルージャ監督に頼んでもらえませんか。-

-バルサ戦だけでもいい、本当にその1戦だけでもいいんです。どうしても戦いたい。-

高校2年にしてエスペリオントップチームのレギュラーに定着した栗林晴久!

その彼が今更ながら、国際戦出場権を手に入れたエスペリオンユースに戻ってでも戦いたいと言わしめる因縁の相手とは?

アシトたちには初めて聞く驚愕の話でした。

-同い年で、唯一俺が敗北したと思ったあいつと…-?

バルセロナU-18現10番、デミアン・カント!

 

 デミアンカントに関係する情報を調査?

現時点で(アオアシ連載111話まで)デミアンカントについて明らかになっている事はまだ僅かな情報のみです。

年齢は栗林晴久と同い年、高校で言えば2年生という学年でしかもこれからオフシーズンという時期ですから17歳だと思われます。

所属はスペインのバルセロナに本拠地を置くFCバルセロナのユースチームです。

FCバルセロナのユースチームは年齢と能力によって16のチームに分けられています。

FCバルセロナユースの最上位は-FCバルセロナB‐。

デミアンカントの所属はエスペリオン育成部長の加瀬が-そろそろトップチームに上がると噂されている-と語ったことから推測することは可能だと思います。

FCバルセロナで17歳と言ったら優秀な選手でも-FCバルセロナB‐の下の階級‐フベニールA‐になります。

それには理由があります。

スペインでは18歳未満の選手は法律によりプロ契約が出来ないという事情も有るのです。

以上の事から今現在デミアンカントの所属は‐フベニールA‐と考えられます。

近々トップ入りに噂とは、来シーズンデミアンカントが18歳になった時にプロ契約が交わされ-FCバルセロナB‐を1階級とび越えてFCバルセロナのトップチーム入りするのではということだと考えられます。

栗林晴久が唯一勝てなかったと話す選手がプロ契約していない理由、さすがしっかりと考察されていますね。

 

 デミアンカントのポジションは栗林と同じMFトップ下?

東京シティ・エスペリオンのトップチーム所属、栗林晴久!

誕生日は6月13日から現在高校2年生17歳ですね。

身長178㎝・体重66㎏:プロサッカー選手のフィジカルとしては決して恵まれた体格ではありません。

でもそれはエスペリオンのレジェンド司馬とのやり取りでサッカー選手としての本質はフィジカルのみではないことを早くに理解し、スキルを伸ばすことに集中出来たからこそエスペリオンユースの最高傑作と言われるまでに成長できたようです。

その栗林晴久が敗北したということですから、デミアンカントのポジションは栗林と同じか若しくは試合で四六時中激しくぶつかり合うポジションと考えられます。

栗林晴久のポジションは中盤の要であるミッドフィルダーです。

デミアンカントのポジションとして考えられるのは第一に栗林晴久と同じミッドフィルダーだと考えられます。

中盤の要であるミッドフィルダーが攻撃の起点となっていくサッカー、試合でも華やかで目立つエースポジションですね。

もう一つデミアンカントのポジションとして考えられるのがアオアシでクローズアップされて来ているサイドバックというポジション。

守りの要であると同時にフォーメーションのコーチング、そしてフィールドの司令塔と攻撃の起点いう役割!

近年のサッカーはサイドバックの重要性がクローズアップされエース選手がサイドバックというポジションを担っているケースが増えてきているようです。

更にミッドフィルダーとサイドバックはポジション的に直接ぶつかる機会も多いだけでなく攻めと守りの組み立てそして試合を支配というミッションでも激しくぶつかり合うことになると思うのです。

アオアシというサッカーを題材にした漫画の性質上、栗林晴久というエスペリオンユースの最高傑作とまで言われた選手が意識しているデミアンカント、単純に個人技で負けたということではないことは明らかでしょう。

栗林晴久が何を持ってデミアンカントに敗北したのかということも興味深い所だと思います。

 

デミアンカントのモデルをバルサユース出身者から考察?

バルサユース出身でデミアンカントのモデルとなりうる伝説の選手をピックアップしてみましょう。

まず、このアオアシという作品とも縁の深いイニエスタからみていきましょう。

元スペイン代表で現ヴィッセル神戸所属、-アンドレス・イニエスタ~

FCバルセロナの育成アカデミーであるラ・マシアの出身である。

ポジションはミッドフィルダー。

イニエスタのキャリアで1番に輝かしいのは2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会での優勝でしょう!

オランダとの決勝戦では決勝ゴールを決め優勝に大きく貢献しています。

イニエスタのプレイスタイルに対する賞賛の声は数多く、創造性豊かなパス能力、洞察力、ボールコントロール、プレーの流れを読む能力で卓越した力を発揮している。

-彼はサッカー選手い必要な能力を全て兼ね備えている、特に優れているのは考えるスピード、またドリブルしながら相手をかわすことにかけては世界一だと思う-最高の賛辞ですね!

次に現在のFCバルセロナ監督であるシャビことシャビエル・エルナンデス!

シャビもまたバルサユースの出身でポジションはミッドフィルダーである。

彼を伝説ならしめているのはパスのすばらしさである。

最もよく引き合いに出されるのが2010年FIFAワールドカップ、決勝までの7試合で669本のパスをくり出し544本が成功、パスの成功率何と81%に達する。

そのパス力を駆使したプレーでゴールに迫る力は鬼気迫るものがあり自らペナルティーエリア内にボールを運ぶ力や華麗なアシストは他に例を見ないほど素晴らしい!

もう一人バルサユース出身の歴史的選手と言えばこの人、リオネル・メッシその人でしょう!

数々の名プレーや受賞歴に彩られ現役続行中にもかかわらず生きた伝説であるメッシもまたバルサユースに所属していたことはあまりにも有名です。

ポジションはフォワードで、メッシの受賞や記録に関しては書き切れなないので控えさせて頂きますが彼の言葉を借りれば、自分のプレーはラ・マシアで培われたバルセロナスタイルに起因し直感を重視している事そして本能的にプレーしていると語っている。

バルサユース出身者と言えば常に3人が引き合いに出され比較されることが多いと思います。

栗林晴久が勝てなかったバルサユースの10番デミアンカントは恐らくミッドフィルダーでイニエスタを主にモデルにしているのではないかと思われますが、他にもシャビの卓越したパスから組み立てる試合の支配力やメッシのスキルに裏打ちされた直観力から生み出される決定力も加え、FCバルセロナそのものの象徴としてエスペリオンユースの前に立ちはだかるのではないでしょうか?

ここはメッシでは無いですが、デミアンカントを類推するにアオアシに登場した数少ない数枚の姿からみた直感とさせて頂きます。

 

アオアシ・バルサのデミアンカントのフィジカルを調査!?

今のところデミアンカントのフィジカルデータ公表値は明らかにされていません。

ただ考察するに数枚の姿とアオアシという作品自体がフィジカルよりもスキルを重視する傾向にありますのでマッチョな姿ではないと思われます。

むしろスポーツ選手としてはごく普通の栗林晴久と同じくらいの体格ではないかと思われ、可愛い感じの男子ではないかと期待しています。

そして先ほども考察しましたようにFCバルセロナの象徴としてスキルと直感の塊みたいな感じでエスペリオンユースの前に立ちはだかるのだと思います。

本格的に誌面登場の後はデミアン女子みたいなファンが着くことも予想されますね。

 

アオアシ・バルサのデミアンカントの能力も徹底調査?

今のところデミアンカントの能力やサッカースタイルは明らかにされていません。

しかし彼のモデルとなったバルサユース出身のイニエスタ・シャビ・メッシのプレースタイルを全て併せ持ったFCバルセロナを象徴する怪物として登場することも充分に考えられます。

そうなったときに世界中にデミアンカントに勝てる選手など存在せず、栗林晴久やエスペリオンユースひいてはアシトの前に立ちはだかるラスボスとしてのキャラ設定になる可能性も考えられます。

そうなると中々全貌はつかみづらくなってくるとはおもいますが、デミアンカントのキャラ設定が判明し次第追記して「アオアシ ネタバレ」記事の方でも発信してまいりますのでご期待下さい。

 

まとめ

今回は、アオアシ・バルサのデミアンカントのモデルは誰?フィジカルや能力も徹底調査?と題してお伝えしてまいりました。

福田監督曰く、欧州のサッカーアカデミーは日本のJリーグユースと違い力の及ばないユース生は明日から来なくていいと首になると言います。

言い換えれば欧州の子供たちはプロのサッカー選手として当たり前の-力のない者は食っていけない-ことを身に染みて叩き込まれていることになります。

その強者たちの中でも最高レベルの選手、それがエスペリオンユースの最高傑作と言われる栗林晴久の前に立ちはだかるデミアンカントという存在になります。

本編誌面ではまだ数枚の姿を見せているだけでデミアンカントの全貌は明らかにされていませんが、欧州サッカーアカデミーの中から生まれ出た卓越した存在であることは間違いありません。

本当にイニエスタ・シャビ・メッシのラ・マシア出身の3人のスキルを併せ持った存在として登場してくるのかもしれませんね。

その衝撃的登場を楽しみに待ちながら、アオアシ・バルサのデミアンカントのモデルは誰?フィジカルや能力も徹底調査?これで終了したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。