「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

キングダム

キングダム770話ネタバレ確定!番吾の戦い秦軍の陣容が明かされる!

キングダム770話ネタバレ最新話確定速報!番吾の戦い秦軍の陣容が明かされる!
Pocket

今回のテーマは、キングダム770話ネタバレ確定!番吾の戦い秦軍の陣容が明かされる!と題してお伝えして参ります。

2023年9月14日(木)週刊ヤングジャンプ42号に掲載のキングダム770話-今年の軍力-のネタバレ確定となります。

是非楽しんで読んで下さいネ。

>>キングダム次回のネタバレ考察はこちら!

尚、本記事は本誌ネタのネタバレを含んでおりますので、苦手な方はご注意ください。

それでは、キングダム770話ネタバレ確定!番吾の戦い秦軍の陣容が明かされる!早速進めてまいりましょう。

 

Contents

キングダム770話ネタバレの考察!

前回のキングダムでは新生飛信隊の新しいメンバーを中心に紹介がありました。

若手の新兵でも即戦力の者たちは隊長である李信将軍に紹介してもらえます。

他に主なところでは、桓騎将軍の”家族”として死を選んだ那貴隊の代わりとなる斥候は久しぶりに山から下りて来て登場の青石族が登場です。

そして宜安で戦死した黒飛麃の岳雷の後を本人から託されていた元我呂の上官満童が着任してくれました。

更に医術班として砂鬼一家の若手が10人ほどで衣央の指示で参戦するようです。

砂鬼一家に本隊も前回の合戦の後、どう折り合いをつけて生きていくか模索している所だという事です。

その新生飛信隊は秦北東部軍の強者たちも合流し3万人の大軍として番吾の戦いに投入されることとなります。

その飛信隊がは前回の戦いで痛手を被り敗戦の一因ともなった狼孟へと駒を進めるのです。

更にその軍の総指揮は李信将軍が務める事となったのです・

それではキングダム770話の考察となります!

 

キングダム770話ネタバレの考察!狼孟城を攻め一気に落城させる飛信隊?

既に飛信隊は狼孟城の城壁の攻略に入っています。

激しい弓矢が飛び交い激しく刃を交える戦いが既に佳境にまで差し掛かっている所なのだと思います。

前回の敗戦の遠因ともなった狼孟城を突破するべく、信たちの猛攻は続きます。

そして飛信隊は狼孟城を比較的簡単に落とせるのではないでしょうか?

史実でも序盤に秦国が狼孟城を占領した事が明記されています。

しかしそれは李牧の罠?

そしてその先の番吾には司馬尚を罠が待ち構えているような気がします。

 

キングダム770話ネタバレの考察!番吾の戦いで司馬尚の全容が明かされる?

趙北部の守り要となり、匈奴と燕を寄せ付けない青歌軍!

その青歌軍の将軍が李牧と並び称され、更には三大天を蹴ったと言われる司馬尚です。

今までも司馬尚は、李牧が失脚した時や先の秦との趙北部戦線では陰日向となり支援や援軍を供与していましたが、自らが表舞台に立つことはしませんでした。

しかし今回の秦国による趙北部でのリベンジマッチはそうもいかないようです。

史上最大規模の秦軍に対し、李牧はここで進軍が立ち直れないくらいの撃滅作戦を理展開してくるものと思われます。

司馬尚を史実で見ると、変に達観したような変わり者でもなく李牧と共に国を守りそして散っていった知将であることが伝わっています。

連載の予告にもあったように、いよいよここで司馬尚その人の参戦が期待されます。

 

キングダム770話ネタバレの考察!司馬尚が布陣する場所は番吾城?

今回の番後の戦いでは青歌本軍を投入するとされています。

本軍となれば当然そのトップに立つ将軍は司馬尚となるでしょう。

今の所秦国軍の動きからガンボの戦いは2方面作戦となる様相です。

一方は先の趙攻めで大軍を足止めされ戦力を大きな戦力を奪われてしまった狼孟城へ向かう太原から趙への侵入する道です。

もう一方は列尾から鄴を経て直接決戦のち番吾を向かう道です。

険しい太行山脈を南北に分けて挟み撃ちで番吾を攻略する作戦です。

この中で青歌本軍の司馬尚はどこに布陣するのでしょうか?

おそらく北の狼孟城には先の対戦と同様に青歌軍の第一将のカン・サロに副将としてジ・アガが入るものと思われます。

そう考えると司馬尚が入城するのは番吾本陣になるのではないでしょうか?

 

キングダム770話ネタバレの考察!番吾の戦いの史実を検証?

紀元前232年に秦統一戦争の戦いの中で趙攻略線として戦火を交えたのが番吾の戦いとなります。

秦王嬴政は兵を大挙し趙に侵攻しととあり、その兵たち最初は鄴城に到着したようです。

その後もう一方の軍は太原に到着したとあります。

キングダムでも番吾の戦いは最初から2手に分けられて展開していたと言う設定になっていましたので、史実には添った形で描かれているように思います。

その後、秦軍は狼孟と番吾を占領したとありますから序盤は進軍優勢のままに戦いは進んで行ったのではないでしょうか?

しかし、そこで登場してきたのが李牧でした。

そして秦軍を撃破したのです。

そして李牧の進軍はそこで止まらず韓・魏の国境までの領土を奪還したとあります。

秦国の統一戦争で秦軍の侵攻を退けたのは趙の李牧と楚の項燕のみとなります。

この辺の歴史をキングダムではどのように描き切るにか、楽しみがつきませんね!

 

キングダム770話ネタバレの考察!飛信隊が攻める狼孟城を守るのはカン・サロ?

新生飛信隊が指揮権を握り、秦国北東部軍を率いて攻め上がったのは前回の戦いで煮え湯を飲まされた狼孟城です。

精鋭の呼び声が高い秦国北東部軍20万人を足止めしたのは、青歌軍の第一将カン・サロと副将の任に着いた同じく青歌軍ジ・アガでした。

もし秦国北東部軍がこの狼孟城を突破して東に軍を展開出来ていれば前回の敗戦は無かったと言われています。

番吾の初戦となる狼孟城攻防戦!

この最重要地点の守りを任せられるのは、前回大活躍をしたカン・サロ将軍…その人ではないでしょうか?

 

キングダム770話ネタバレの考察!狼孟軍の副将は前回同様にジ・アガ?

前回狼孟軍の副将だったジ・アガ!

今回のこの青歌軍きっての剛将が狼孟軍の副将として陣に入るのでしょうか?

ジアガと言えば青歌軍が燕のオルドと交戦した時に単騎で100人以上の敵を平らげ敗走させたと言う強者です。

背丈もカン・サロと同様の偉丈夫で狼孟城主にこんな大きな人間を見た事が無いと言われるほどの人物です。

このジ・アガが今回も狼孟城を守るとなると、そこに立ち向かっている飛信隊にとっては由々しき事態となる事は間違いないでしょう。

飛信隊の面々委は3万の大軍になった事を過信せず、慎重に狼孟城攻略をしてほしいものです。

 

キングダム770話ネタバレの考察!番吾の戦いを率いる秦将は楊端和?

今や秦国の六大将軍に名を連ねる山の王楊端和!

番吾の戦いは勝つための戦いにあらず壁救出の戦いになると考察しています。

番吾の敗戦後、史実で趙国に止めを刺す秦国の将軍として3人の名前が挙がっています。

王翦・楊端和・羌瘣の3人です。

そしてその中で壁と一番に縁を結んだのが楊端和でしょう!

壁は趙攻めの中で惚れた楊端和の激に応えて、犬戎族の王であるロゾを仕留めるに至りました。

趙北部戦線の赤麗で毒を仕掛けられ無念の捕虜となった壁を救うために已む無しとなった番吾の戦いです!

一撃必殺を持って目的を遂行すし、素早く撤退する必要があるのではないでしょうか?

それにはやはり山の民の力が適任ではないかと思います。

番吾の戦いの秦将は楊端和、その人だと考えます!

 

キングダム770話ネタバレの考察!騰将軍の鄴での役割は?

史実での番吾の戦いでは、序盤は秦軍が優位に戦いを進めるように記載があるようです。

狼孟と番吾を押さえるために猛進する秦軍は2つの大軍を展開しています。

太行山脈の北、太原を経由して狼孟に攻め入る3万の飛信隊と中心とした北東部軍!

そして列尾から鄴を経て趙へ侵入する騰軍!

飛信隊の目的は明らかに前回の轍を踏んで狼孟軍を無力化し屈強な北東部軍を趙北部に展開することでしょう。

対して騰軍の役割は今回の趙攻めの目的である番吾と押さえる時に南北両面から挟み撃ちを仕掛けるものだと思われます。

この2方面戦略に少し胸騒ぎを覚えるのは僕だけでしょうか?

 

キングダム770話ネタバレの考察!統一戦争の戦略を最初から見なおす秦軍総司令昌平君の真意は?

  • 私の責任だ…全て……私の責任だ…。

秦軍総司令昌平君はこの敗戦を、そして桓騎将軍の戦死を聞いてそのようにつぶやき目を伏せました。

いずれこの昌平君の出自と史実も考察して行かなければなりませんが今は秦国軍全てを統べる軍総司令です。

この統一戦争で最初に手掛けた趙攻めで敗戦という最大の失敗をし、その上軍の最高幹部である六大将軍の一画を失ったとあれば…まずはそのけじめをつけなければならないでしょう。

秦王嬴政のけじめのつけ方は先ほど考察しました。

今や軍事大国と化した秦国ともなればそして昌平君は国の右丞相でもあるわけで、その上軍総司令…秦国実質No2と言って良い存在です。(宰相は呂不韋の失脚で不在)

その昌平君の使命は武力で中華を平定すること…そうなるとけじめのつけ方は、敵国を葬って滅亡させるしか手はないと思うのです。

趙国が軍事大国であることは分かっていた事、だからこそ最初の戦果として相応しいとの戦略は変更せざるを得ない!

  • 先ずは6国の一画を崩す!
  • その目的は、砂上の7国併存のバランスを崩す!

‐軍総司令昌平君は、この一点に力を集中すべきと戦略を最初から立て直すのではないかと考えます‐。

 

キングダム770話ネタバレの考察!王翦将軍の趙攻めの見通しを考察?

先ほど楽華隊蒙恬が戦線離脱で追いやられる先が番吾でそれが翌年の番吾の戦いに繋がるのではと考察しました。

キングダムがその考察通りに進むかどうかはわかりませんが、史実では宜安・肥下と現在で言う同じエリア河北省石家荘市で勃発する戦争が繋がっていないとは思えません。

古くから蒙豪将軍の元で共に副将を務めた王翦将軍だからこそ桓騎将軍を倒した李牧の力量には並々ならぬものが有ると警戒を新たにするでしょう。

楽華隊が番吾に閉じ込められた状態ともなればまずは第一にやることは明白です。

そして趙国王宮が乱れに乱れていることも、そしてその実権を奸臣郭開が握っていることも周知の事実!

そうなると例え勝算があったとしても戦端を開くよりも国の中枢部を揺さぶる方が得策と王翦将軍考えるのではないでしょうか?

そして番吾に軍を派遣するとなれば、その相手の総大将が李牧となれば早々にその李牧を政治的に抹殺する謀略をスタートさせたとしても不思議ではありません。

‐史実では王翦将軍の李牧失脚の謀略は奸臣郭開と皇太后への賄賂と言われていますが、キングダムではどう描かれて行くのかそこも見ものと思います‐。

 

キングダム768話ネタバレの考察!番吾の戦いの展望は?

史実で見れば、李牧vs王翦将軍の因縁の決戦、秦国の趙攻略戦!

俯瞰して見れば、秦国統一戦争におけるvs趙国の戦いは王翦将軍と李牧の戦いと言い換えても間違いではないでしょう。

史実でも戦国四名将に数えられる両者、戦うべくして戦う運命にあります。

しかし僕の考察では、次に勃発する番吾の戦いは宜安・肥下の敗戦処理だと考えています。

楽華隊・蒙恬が趙軍の戦力分散を考え西に西に向かったことは正解でした。

そのおかけで趙国軍の大軍が分散することになり飛信隊は国境までたどり着くことが出来たのです。

そして蒙恬が辿り着くのは…番吾!

番吾の地で王翦将軍の援軍を待つしかありません。

いや… 王翦将軍が本陣を動くわけにもいかないでしょう。

そうなると、そこに現れるのは趙攻めでともに戦果を挙げて来た山の民…秦国6大将軍楊端和の登場かも知れませんね。

楊端和将軍には申し訳ないのですが、今回は蒙恬・楽華隊の帰還が目的です。

も一つ言えるとすれば‐蕞での合従軍を蹴散らした戦い‐次に‐列尾城に続き橑陽城も落し、鄴攻略に多大な功績を残した戦い‐そして‐番吾での敗戦処理ならぬ楽華隊奪還‐…となれば楊端和将軍は対李牧戦争3連勝となります

‐今や国の英雄である李牧の讃える趙国の民たち、そして趙国王宮に少なくとも李牧の評価を低下させる効果は有ると思うのですが…‐?

 

キングダム770話ネタバレの考察!史実から番吾の戦いを考察!

番吾の戦い(ほごのたたかい)は、秦が趙の李牧に再び大敗した戦い。

紀元前232年、秦王政は兵を大挙し趙に侵攻した、軍は鄴城に到着しその後太原に到着した、秦軍は狼孟と番吾を占領したが李牧が秦軍を撃破した、さらに李牧は秦から韓・魏の国境まで領土を奪還した

史実にある番吾の戦いで分かることはこれだけです。

肥下の戦いの終結が史実で紀元前233年、ここはやはり連続した戦いであると見て間違いないのではないか?

当時、鄴は既に秦国の領土として機能していたと思われます。

この鄴を足掛かりにして秦国の統一戦争が始まっていたことを鑑みれば史実にある‐軍は鄴城に到着し‐という記述がおかしいのではと思います。

秦国はここに王翦将軍を配置し秦国軍の精鋭を既に駐屯していたものと考えられます。

そして鄴を拠点として本営を置き、各地の攻略戦争を進めて行ったものと思われます。

また番吾はその前年の戦いが行われた地域と全く同じ…現在で言うと河北省石家荘市になります。

ここから類推されることはやはり肥下の戦いから逃れた秦軍が番吾まで到着したところを李牧軍が追撃したというのが史実からも見て取れるのではないかと思います。

そこにキングダム流のアレンジを加えるならば飛信隊と楽華隊が団結して元々の負け戦を将来につながるものを何か残して王翦将軍とも連絡を取りながら撤退をはかったというのが描かれるのではないでしょうか。

そしてその信と蒙恬がこの地に残すものそれは李牧の失脚に繋がるものだと思うのです。

即ちそれは趙軍の一部が李牧に対し離反を宣言するのではないかと考えています。

‐桓騎将軍が李牧に言った、外を見過ぎというのはこういう事をいうのでは無いでしょうか‐?

 

キングダム770話ネタバレの考察!李斯が握る秦国の中華統一への道程?

史実を紐解くと始皇帝の中華統一事業、つまり秦帝国樹立への道筋で果たした李斯の役割とは家臣の中でも最大級の貢献と言えるのではと思わせるものがあります。

なるほど秦統一戦争で調べれば、綺羅星のように煌めく大将軍の名前が飛び交っています。

しかし早くから秦王衛星の側近として影となり働いてきたのが実は李斯だったのです。

李斯は生まれは他国楚の生まれで決して裕福な生まれではありませんでした。

しかし法家での学びを極め、呂不韋の紹介で若き秦王嬴政の側近として働くようになってからメキメキとその頭角を現し始めたのです。

そして結果として秦国が他の戦国七雄を圧倒できたのは利子による富国強兵策が大きく影響しているようなのです。

その道程の上に王翦・桓騎・蒙武・騰・楊端和等の大将軍の活躍があったということが言えそうです。

信じるか信じないかは…?

>>李斯が何者なのかという考察記事はこちら!

キングダム770話ネタバレの確定!

2023年9月14日(木)週刊ヤングジャンプ42号に掲載のキングダム770話-今年の軍力-のネタバレ確定となります。

是非楽しんで読んで下さいネ。

 

キングダム770話ネタバレの確定!飛信隊の活躍で狼孟城が1日で陥落!

趙北部戦線の戦果が咸陽にもたらされます。

前回足止めを食らった秦の北東部軍が飛信隊の指揮下に入り狼孟城を1日で陥落させたと言うのです。

その知らせは咸陽の中枢での李信将軍の評判を爆上げするものでした。

あの冷静な李斯でさえも手放しで信を褒めているようです。

更に秦国の重鎮たちは3万の精鋭軍をこれからも”隊と呼ぶのかと言っています。

それに対して秦王嬴政は”飛信隊”という名前は王騎将軍が命名したもので、信がこれから更に大きくなっても名前は変わらないと擁護しています。

 

キングダム770話ネタバレの確定!番吾の戦いの指揮官は王翦将軍!

狼孟城を陥落させた飛信隊と北東部軍の進軍は続きます。

そんな飛信隊に伝令が届きます。

この先に今回の趙攻略戦の総大将が待っていると!

兵隊たちはそれを聞いて急ぐように気をもみますが、信はいたって平静に事は予定通りに進んでいると慌てるそぶりを見せません。

更に信はそこで待っている今回の司令官が閼与から北上してきたと見て取り、その名前まで当ててしまうのです。

王翦将軍に続く王翦軍…亜光と田里弥は久々の登場です、倉央と糸凌の姿も見えます!

 

キングダム770話ネタバレの確定!山の民・楊端和軍も参戦!

そして更に大軍が近づいてくるのが見えます。

それは山の民・楊端和の軍でした。

今回の楊端和は秦国六大将軍の一画としての参戦になります。

傍らにはバジオウやタジフたちお馴染みのメンバーに加えキタリの姿も見えます。

楊端和軍には幾度となく助けられている飛信隊の面々から-これだったら李牧に勝てる-と大きな歓声が上がっているようです!

 

キングダム770話ネタバレの確定!王賁の玉鳳隊も到着!

その後方から更に頼もしい顔が見えてきました。

王賁の玉鳳隊も参陣を果たします。

傍らにはいつものじいに加え、今は玉鳳隊に組み入れられた亜華錦の顔や関常の姿もあります。

これで今年の軍容が揃ったようです。

王翦将軍を総大将に、副官として楊端和将軍、そして飛信隊率いる北東部軍、更に玉鳳隊と強力なメンバーが揃いました。

 

キングダム770話ネタバレの確定!狙うのは宜安城の手前の番吾城!

秦国趙攻略軍が幔幕の本陣で軍議をひらいています。

そこでは敵を欺くには味方からの習い通り、宜安城を攻めるように見せかけるというもの!

軍総司令の昌平君からの指令もそのように徹底されているようです。

軍議に参加している将軍等ですら狙いは宜安だと思っていた様子です。

つまり李牧もそう考えていると…!

そして実際に落とす城は…番吾という作戦となるようです。

 

キングダム770話ネタバレの確定!キタリは壁が生きていると確信する!

楊端和の軍ではキタリが占い師に何事かを占わせているようです。

占い師が言うにはキタリの婿は生きていると…?

キタリは婿では無いと言いますが…壁が生きていると確信したようです。

そして壁が赤麗城で毒を盛られて以来の登場です。

やはり噂通りに収容所で強制労働をさせられているようです。

キタリは-すっげぇ面倒だが助けてやる-と言っていますが、壁を救う事が出来るでしょうか?

 

キングダム770話ネタバレの確定!感想と考察!

飛信隊による趙攻めの先陣が切られたと思いきや、あの堅固だった狼孟城が飛信隊の指揮で攻められ、何と1日で陥落したようです。

更に今回は飛信隊と北東部軍に加え趙攻略戦の陣容が明らかにされました。

そして今回の秦国軍の司令官である王翦将軍から最終到達点の目的が番吾であると明かされるのでした。

更に、噂通り収容所で強制労働する姿でしたが壁が生きている姿を見せてくれました。

歴史的大敗となる番吾の戦いも序盤は秦国軍の優勢で進むようです。

しかし今回は李牧に加え司馬尚率いる青歌本軍がその全貌を見せるようです。

これからの両国の戦いがどのような展開になって行くのか楽しみですね。

まとめ

今回は、キングダム770話ネタバレ確定!番吾の戦い秦軍の陣容が明かされる!題してお伝えして参りました。

2023年9月14日(木)週刊ヤングジャンプ42号に掲載のキングダム770話-今年の軍力-のネタバレ確定でした。

楽しんで読んで頂けましたか?

いよいよ秦の統一戦争における超攻略の攻防戦の山場となる番吾の戦いを迎えました。

やはりキングダムは戦い主題としている漫画なので戦闘場面の方が心が踊りますね。

でもやはり信と羌瘣の結婚もそろそろと思っている方も多いのではないでしょうか?

それでは、キングダム770話ネタバレ確定!番吾の戦い秦軍の陣容が明かされる!これで終了させて頂きます。

最後までお読みいただきありがとうございました。