「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

呪術廻戦

呪術廻戦244話ネタバレ確定!新宿決戦の第3戦に日車寛見が登場の舞台裏!

呪術廻戦244話ネタバレ最新話確定速報!新宿決戦の第3戦に日車寛見が登場の舞台裏!
Pocket

今回のテーマは、呪術廻戦244話ネタバレ確定!新宿決戦の第3戦に日車寛見が登場の舞台裏!と題してお伝えしてまいります。

2023年12月4日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載の呪術廻戦244話-人外魔境新宿決戦⑯-のネタバレ確定になります。

是非楽しんで読んで下さいネ!

尚、本記事は呪術廻戦の本誌ネタのネタバレを含んでおりますので、苦手な方はご注意ください。

次回の考察記事も下記リンクから是非どうぞ!

>>呪術廻戦の次回ネタバレ考察はこちら!

それでは、呪術廻戦244話ネタバレ確定!新宿決戦の第3戦に日車寛見が登場の舞台裏!早速始めてまいりましょう。

 

Contents

呪術廻戦244話ネタバレの考察!

前回の呪術廻戦は、羂索と高羽史彦の若手漫才師の頂点を決めるC‐1グランプリの漫才オンステージが大半の紙数を割く題材として描かれていました。

そのステージで高羽史彦は漫才師としての才能を遺憾なく発揮し、観客と審査員からも大きな評価をもらえるよう手ごたえを感じる漫才が出来た様子です。

そしてステージの最後の方では‐終わりたくない‐と思うほどの充実感で漫才を終えることが出来た高羽史彦は燃え尽きた人のように死に装束で結界に横たわることになるのです。

そしてその刹那に現れたのは新宿で宿儺の決戦に張り付いているはずの乙骨憂太でした。

突如現れた乙骨憂太は手に持つ刀を一閃、羂索の首を切り落としてしまうのです。

新宿から大きな呪力が動くことを感知できるように放った呪霊の信号が届かず、特級呪術師の乙骨憂太が岩手県御所湖結界に現れることをキャッチできなかったのは何故か?

それは高羽史彦が漫才を”邪魔されたくない”事が具現化したからに他なりませんでした。

そして羂索は‐私の意志は受け継がれる‐という意味深の言葉を残して息絶えるのでした。

それでは、次回呪術廻戦244話の考察を進めてまいりましょう。

 

呪術廻戦244話ネタバレの考察!羂索が高羽史彦の他に受肉するとしたら誰?

自分の意志を繋いでゆくために羂索はこの後必ず誰かに受肉するものと考えて良いでしょう。

第一候補はすぐ目の前に死に装束を着て横たわる高羽史彦と思います。

しかし高羽史彦のもつポテンシャルから見てそれが困難であることも想定した方が良いかも知れません。

その場合羂索は誰に受肉するでしょうか?

おそらく呪術高専側にダメージを与えられるように人物と考えられます。

その候補は…五条悟、九十九由基、釘崎野薔薇、あたりが最有力候補ではないかと考えています。

 

呪術廻戦244話ネタバレの考察!羂索が術式・超人で呪力の最適化を謀る?

羂索が‐私の意志は受け継がれる‐と言ったのはどういうことなのでしょうか?

方法論は色々考えられ高羽史彦の肉体に受肉すると言うのも一つの手ではあると思われます。

しかし羂索が最終的に目指している目的は”呪力の最適化”による新しい世界を創造することに有ると思われます。

そのための手段が天元と日本人の超重複同化となるのはご承知のとおりです。

もし羂索が術式・超人を手に入れ操ることが出来たら”超重複同化”ほど面白く愉快なことは無いでしょう。

つまり高羽史彦の肉体を羂索が手に入れた瞬間に平安呪詛師の勝利が確定するものと思われます。

ならば…それを阻止することも乙骨憂太が岩手御所湖結界に現れた目的の1つではないでしょうか?

 

呪術廻戦244話ネタバレの考察!高羽羂索受肉体と宿儺完全体コンビに立ち向かう呪術高専の呪術師たち?

羂索が高羽史彦に受肉したとすると、平安呪詛師側が五条悟に匹敵すると言われる術式・超人を手に入れることになります。

その高羽羂索受肉体と完全体を取り戻し史上でも現代でも最強の力を手に入れた宿儺が手を組んだ時、それに対抗出来る力を呪術高専側は持ち得ているのでしょうか?

乙骨憂太が羂索の首を上げた途端に、最悪のシナリオが幕を上げたのかもしれません。

呪術廻戦の最終決戦は呪術高専の生き残りの呪術師たちが最強の力を手に入れた平安呪詛師軍団を相手に戦う構図となりそうですね。

 

呪術廻戦244話ネタバレの考察!宿儺が羂索を弔いに新宿から岩手御所湖へ?

宿儺にとってもやはり羂索は特別な存在だったのではないかと思われます。

乙骨憂太に倒された夏油傑受肉体の羂索が倒された事は新宿にいても宿儺は察知可能なのだと考えられます。

少なくとも宿儺は人外魔境と化した新宿で最強決戦を制し五条悟を葬りやり遂げるべきは成し遂げたのではないでしょうか?

今目の前にいる虎杖悠仁や日車寛見と戦うことよりも平安の昔に受肉体として生きながらえる術を示してくれた羂索を弔う事の方が重要ではないかと思われます。

更に宿儺は羂索が次にどこで生を受けるのかを指し示す必要も有るのではと考えています。

それが宿儺と羂索の古からの約束なのかも知れません。

 

呪術廻戦244話ネタバレの考察!羂索の意志はどこに受け継がれるのか?

突如現れた特級呪術師の乙骨憂太の刀で散った羂索がそのまま朽ちることがないことは、本人の言葉を待つまでもなく明らかでしょう!

直近では虎杖香織から夏油傑に受肉し、自らの野望を強固な意志として推進し続ける史上最悪の平安呪詛師である羂索!

今度は誰に受肉してその野望を進めるのでしょうか?

渋谷事変から死滅回游を経て新宿決戦に至るまで、史上稀に見るような優秀な呪術師が現れては消えて行きました。

したがって羂索が受肉で乗り移れる一定以上の優秀な呪術師の抜け殻は多く存在しているものと考えてもいいでしょう。

その中でやはり羂索に受肉してほしくない者ベスト3は?

九十九由基に高羽史彦そして五条悟ではないでしょうか?

果たして羂索の目論見は誰の身体を乗っ取ることになるのでしょうか?

 

呪術廻戦244話ネタバレの考察!羂索が術式・超人を使いこなす恐怖?

この岩手県御所湖結界で判明した事が、意外にも羂索にはお笑いの素養と高い才能を持っている事でした。

この羂索がかつて乗っ取って来た虎杖香織の術式・反重力や夏油傑の呪霊操術などの術式をのように高羽史彦に受肉したとしたら?

高羽史彦の身体を乗っ取った羂索が、術式。超人コメディアンを使いこなしたら非常にまずい事態となってしまうのではないでしょうか?

イメージした事象を面白いと確信するでその事を現実に事象化してしまうと言う恐ろしい術式。超人!

それを史上最悪の呪詛師である羂索が自由自在に操ったとしたらどうなってしまうのか?

まず日本の呪力バランスをめちゃくちゃに崩した後に、日本人1億総活躍社会ならぬ一億総天元との同化が始まり呪力の最適化がなされることも確実でしょう!

その事態だけは避けたいものですね!

 

呪術廻戦244話ネタバレの考察!羂索の呪霊操術と術式・超人が天元を呪力の最適化に導く?

羂索が高羽史彦に受肉した場合、一番最悪なのはどのような事態でしょうか?

羂索が呪霊操術を使いこなせるようになってから、天元は既に組成そしては呪霊と同じ扱いとなり呪霊操術の対象となり果てていることはご承知の通りです。

仮に羂索が高羽史彦に受肉して術式・超人コメディアンを手に入れた場合、天元の意志と日本人1億人全員の意志を動かす術を手に入れることになると思うのです。

そしてまた仮に天元と日本人の同化が始まった場合、一つの悪意が暴走してしまった場合それを止める術を人類は持たないという事になるのです。

最悪の場合人類の滅亡という事態ともなりかねません。

それを阻止するには、もう少しだけ高羽史彦に死に装束を脱ぎ捨ててもらって踏ん張ってもらわねばならないと思うのです。

少なくとも術式・超人コメディアンを止められる力をこの世に残してほしいと願ってやみません。

 

呪術廻戦244話ネタバレの考察!羂索の術式・超人を止められるのは五条悟だけ?

羂索が高羽史彦に受肉することを止めることが出来ないとしたら、せめてその前に術式・超人を破ることが可能にしてからにしてほしいと願うのです。

その方法とは…2つあるのではないでしょうか?

一つは術式・超人と同等以上の力を有すると思われる五条悟の復活です。

もう一つは日車寛見の術式・模擬裁判と領域展開・誅伏賜死による判決です。

そしてここで五条悟の復活はあまりに安易すぎるようにも思えるのです。

ここに新宿決戦で早くも日車寛見が登場した意義が出てくるのではないでしょうか?

ストーリーとしてはまだ二転三転すると思われますが、新宿と岩手御所湖結界が霊的につながり宿儺の決戦と羂索の意志を受け継ぐストーリーが重なって行くのではないかと考えています。

 

呪術廻戦244話ネタバレの考察!羂索による死滅回游の泳者全滅はどこまで進んだ?

2018年11月18日21時9分、羂索の〈総則13〉追加!

これをもって死滅回游への新規泳者の参加が打ち切られました。

それと同時になされた〈総則14〉の追加内容は…”夏油傑と伏黒恵を除く全泳者の死亡をもって死滅回游を終了とする”というものでした。

つまり呪術高専側から見れば宿儺と羂索さえ倒せば勝利を得られるという事になります。

しかし羂索は五条悟の報復を恐れて新宿決戦当日まで宿儺のもとに匿ってもらっていたようです。

そして羂索が岩手御所湖に現れたのは、リアルタイムで見ている映像から見れば12月24日当日に宿儺と別れたのち、泳者の存在をキャッチしての事でしょう。

羂索による”鬼の居ぬ間の泳者狩り”はここからスタートと見て良さそうです。

 

呪術廻戦244話ネタバレの考察!羂索の斬撃が効いていことになった理由は?

岩手御所湖結界に突如現れた高羽史彦は多くの謎を含んでの登場でした。

一つは羂索の張った結界術の探索をどう逃れて現れたのか?

更には死滅回游の呪術師に施した覚醒タイプの呪印を悟られずにここまで来られたのは何故なのか?

そして羂索の斬撃を食らいながらもそれが”効いていないことになった”のはどうしてなのか?

それは高羽史彦の初登場からの変遷を見ると気付かされるところが有るのではないでしょうか?

初登場の不穏な空気を纏った雰囲気と今の突き抜けたボケをかます高羽史彦がつながらないと思うのは僕だけでしょうか?

もしかしたら高花史彦は覚醒タイプの呪術師ではないのかも知れません。

高羽史彦が最強クラスの受肉体で有ったとしたら謎の説明がつくのかも知れません。

 

呪術廻戦244話ネタバレの考察!東京第一結界の高羽史彦がなぜ岩手御所湖結界に

売れないお笑い芸人でありながら、死滅回游の泳者として活躍していた高羽史彦!

滞留結界である東京第1で虎杖悠仁と行動を共にいていた時に、伏黒恵への宿儺の受肉とその受肉体による宿儺の思惑で来栖華:天使への騙し討ちがなされました。

その後曲がりなりにも来栖華:天使が命をつなぎ止めつことが出来たのは高羽史彦のおかげとも言われています。

高羽史彦…それ以来の登場でしょうか?

それもなぜ函館の歌を歌いながら岩手の羂索の前なのかがまた謎なのです。

何を目論んでの岩手登場かが気になりますね。

 

呪術廻戦244話ネタバレの考察!高羽史彦の侮れないところとは?

初登場では不穏な空気をまとい精彩を欠いた高場史彦でしたが、死滅回遊に入り入れない芸人として異彩を放ちながら再登場をすると人気が一気にウナ美上り!

その高羽史彦の生得術式は超人…コメディアンというものです?

高羽史彦がウケると考えたことが現実になるという恐ろしい術式となります。

ある意味、五条悟に匹敵するのではとも言われている凄いことになってしまっているキャラとなります。

しかしその見た目は明らかに雑魚キャラ以外の何者でもありません。

そこが平安呪詛師のような得意な目線で見た場合、キャラ設定を理解しきれずに厄介な存在となって行くのではないでしょうか?

 

呪術廻戦244話ネタバレの考察!新宿決戦はいつまで続く?

元々が五条悟と宿儺の現代最強の術師と史上最強の術師の決戦だった人外魔境と化した新宿摩天楼での決戦でした。

羂索は宿儺と間ではその間に死滅回游の残っった泳者狩りを行う事としていました。

そして12月24日が五条悟の命日となったわけです。

しかし呪術高専側は五条悟が敗れた場合でも決戦直後の力を使い切った宿儺であれば自分たちで倒せると踏んで決戦を見ながら控えていたわけです。

しかし事情が少し変わったと思われませんか?

宿儺は力を衰えさせるどことか完全体を手に入れ、手が4本口が2つ目が4つという生前の真の御形を手に入れてしまいました。

今の所この完全体の宿儺がどこまでの力を秘めているのかはわかりませんが、当初想定していた状況と違う事はよく分かります。

高専側としてはここで一旦新宿決戦を集結させる方が羂索に対して得策と思うのですが…新宿決戦はあくまでも宿儺の圧勝で高専側は今後の対策を講じた方が良いのではと思います。

 

呪術廻戦244話ネタバレの考察!呪胎九相図で発現する虎杖悠仁の能力は?

呪胎九相図の四番から九番を喰った虎杖悠仁にはどんな能力が発現するのでしょうか?

加茂憲倫(実は羂索)が明治の世に作った九体の特級呪物の四番から九番は呪術高専の奥深く忌庫に眠ったまま死んでいました。

脹相との戦いの中で、虎杖悠仁も加茂憲倫(実は羂索)の血を受け継いでいることが判明し実は呪胎九相図と兄弟であることが分ったのです。

という事は、その血のつながりから脹相が使う加茂家相伝の赤血操術を使えるようになる可能性が高いと考えられます。

また死んでいたとはいえ特級呪物である呪胎九相図の四番から九番を喰ったとなれば何らかの発現が有ると考えた方が良さそうです。

それは呪胎九相図二番壊相と三番血塗が使った蝕爛腐術というこれも血を活用する術式が虎杖悠仁に刻まれる可能性があると思っています。

この術式は壊相と血塗が八十八橋で使っており、釘崎野薔薇はそれを逆手にとって共鳴りで倒したという経緯があります。

この血に塗られた術式が虎杖悠仁に発現するのであれば、羂索を倒すためにこれを使ってほしいと願っています。

実験として自らの血筋として生み出した呪胎九相図、それを失敗作とまで言って罵った羂索。

呪胎九相図の四番から九番を喰った虎杖悠仁にやって欲しいと願う事は、その血筋により発言した術式で羂索を葬り去れば死に急いだ彼ら兄弟もうかばれるのではないでしょうか?

 

呪術廻戦244話ネタバレの考察!虎杖悠仁が伏黒恵を助ける方法とは?

  • いくつか案がある、伏黒を助ける方法だ!

虎杖は言いました。

受肉している宿儺を伏黒から引き離す。

それは虎杖自信を犠牲にするものなのかもしれません。

宿儺が受肉している伏黒の指を斬り、それを飲み込む…宿儺が虎杖から伏黒に乗り換えた時に使った手の逆をやるというわけです。

  • アイツを殺すためだったら なんでも食ってやる!

覚悟を決めた面構えでそう言う虎杖悠仁。

この覚悟のほどは九相図の残り4番~9番を食う覚悟が出来たという事なのでしょう。

そう考えれば虎杖はこれから6回の覚醒を繰り返すことが可能になるという事です。

しかしこの方法は脹相との対立を生みかねないので相当な危機状況の中でお互いの合意のもと行われることが必要になるのではないかと思います。

そして脹相の弟たちの魂が復活を果たしその意思を戦いに及ぼす可能性も含めての合意となるのではないかと考えています。

 

呪術廻戦244話ネタバレの考察!虎杖悠仁と日下部篤也の入れ替わりは伏黒恵救出の稽古?

虎杖悠仁が”アイツを殺すためなら、なんでも喰ってやる”と言った後で言っていました。

  • いくつか案がある、伏黒を助ける方法だ!

その1つが…お金稼ぎに余念のない冥冥の眼前で繰り広げている稽古なのでしょうか?

虎杖悠仁と日下部篤也が入れ替わっていますね。

これが何なのか皆さん考察に余念が有りません。

ミスかと言う意見もありますがそんなことは無いでしょう!

でも2人とも術式は無いはずです…いや虎杖悠仁はまだ使えないだけでしたね。

宿儺の術式でも、九相図という感じも、あまりしないですね?

特級呪術師の紅一点、九十九由基のメモに何かヒントが有った線が濃厚と考えられます。

これで宿儺の受肉体となっている伏黒恵と虎杖悠仁が入れ替わるという事なのだと思われますが。

もう少し推移を見守ってみましょう。

 

呪術廻戦244話ネタバレの考察!宿儺に受肉された伏黒恵の魂と虎杖悠仁が入れ替わる?

五条悟は、宿儺が虎杖悠仁の身体から逃げた事を”腑抜け”と呼んでいました。

やはり虎杖悠仁はその出自から見ても宿儺を凌駕する何らかの能力を有しているのでしょう。

それ故に虎杖悠仁に受肉していた時その身体を支配するには契約によるしかなかった宿儺?

冥冥の道場で稽古をしていた日下部と虎杖悠仁の魂が入れ替わっていたという描写が描かれました。

その真偽の程とそれがいかなる力によるものかも判明はしていませんが、この技の目的は虎杖悠仁が弱っている伏黒恵のと入れ替わって救うという事が目的と思われます。

更に宿儺は虎杖悠仁の魂に抑え込まれた経緯もあり、これが成功すれば一挙両得で人外魔境新宿決戦も長期化せずに済むと考えられます。

更にメリットは、独断場と化している死滅回游の羂索を呪術高専総出で追い詰めることが可能ともなり効果は絶大であるとも考えられます。

しかし稽古で虎杖悠仁は日下部から-いいかげん掴め-とも言われていましたので、技が完成しているのかは心配ですが…ついにその時が!

伏黒恵の事は宿儺を殺してから考えると言っていた五条悟は殺さずともその時が訪れたと察するのではないでしょうか?

瀕死の伏黒恵の身体で魂まで救う事は困難と考えるのは衆目の一致するところではないでしょうか?

虎杖悠仁が瀕死の宿儺の前に立ち、自分の魂と伏黒恵の魂を入れ替えるのではないか?

そして宿儺の魂は虎杖悠仁に抑え込まれたまま再び闇へと追いやられることになるのではと思います。

 

呪術廻戦244話ネタバレの考察!伏黒恵の身体で宿儺を抑え込む虎杖悠仁?

一方の伏黒恵の肉体の方では、虎杖悠仁によって宿儺が抑え込まれるのではないでしょうか?

そして瀕死状態の宿儺の魂はなすすべもなく虎杖悠仁に飲み込まれて行くものと思われます。

それにより伏黒恵の肉体に対する宿儺の受肉は終焉を迎えるのでしょう。

そしてその肉体は家入によって治癒され蘇った自分の魂を待つことになるのだと思います。

 

呪術廻戦244話ネタバレの考察!虎杖悠仁の身体で治癒される伏黒恵の魂?

2人の身体は呪術高専の家入硝子の前に届けられます。

家入が先に治癒するのは伏黒恵の魂からでしょう。

今回の決戦の大きな目的の一つ伏黒恵の魂の救済!

ようやくこれを果たす時が訪れたのではないでしょうか?

虎杖悠仁の身体に納められた伏黒恵の魂は、家入に反転術式で治癒され目を覚まし徐々に覚醒して行くと願っています。

 

呪術廻戦244話ネタバレの考察!伏黒恵を救うには宿儺の指と釘崎野薔薇の復活が必須要件?

間もなく五条悟は両面宿儺の動きを止めると思われます。

それが五条悟が領域展開”無量空処”に拘り続ける理由だと思うからです。

その理由が、今回の五条悟の宿儺戦の目的は…決戦ではなく教え子を救う所に有るからだと思っています。

最終的に伏黒恵を救うのは虎杖悠仁と釘崎野薔薇の呪術高専東京校1年トリオの2人だと考えています。

しかしその道筋は五条悟が今整えてくれているのではないでしょうか?

釘崎野薔薇が復活し、五条悟が用意した特級呪物・宿儺の指の最期の1本から共鳴りで宿儺の魂に楔を打ち込む!

そして虎杖悠仁その式に伏黒恵の弱った魂と入れ替わりを果たす!

このようなシナリオが待っているのではないでしょうか?

 

呪術廻戦244話ネタバレの考察!釘崎野薔薇の共鳴りと簪の反転技が伏黒恵を呼び覚ます?

伏黒恵の魂救済と宿儺の魂封印、この2つがこれから行わなければならないことになるはずです。

そしてをやりやすくするために、虎杖悠仁と伏黒恵の魂の入れ替えが行われました。

しかし本当の課題はここからで、今までも虎杖悠仁では宿儺の魂を抑え込めても封印はできなかった。

そして伏黒恵の魂も虎杖悠仁の体に移したからといって救済が済むわけではないと思います。

そこで考えられるのが釘崎野薔薇の能力です。

共鳴りの反転で伏黒恵の魂を呼び覚まし、簪の反転で宿儺の魂を抜き去り封印する!

その可能性を考えて見ましたがいかがでしょうか?

 

呪術廻戦244話ネタバレの確定!

2023年12月4日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載の呪術廻戦244話-人外魔境新宿決戦⑯-のネタバレ確定になります。

是非楽しんで読んで下さいネ!

 

呪術廻戦244話ネタバレの確定!五条悟が負けた場合を想定しての日下部会議!

史上最強の呪術師である両面宿儺を相手にした新宿決戦はその決着がつく前に日下部篤也が進行役となるミーティングがされていたようです。

まだ五条悟vs宿儺の決着がつく前の事らしく、仮に五条悟が敗れた場合の事を想定して打ち合わせが進んでいます。

一つの前提として、高羽史彦囮の乙骨作戦は五条悟の負けが確定した段階で乙骨憂太が新宿にトンボ返りは必須であるという事。

更にこれは公開処刑ではないので、去りたいものは去っても良いという事も確認されています。

五条悟の後に鹿紫雲一が出ることも、既に皆が理解していた事なので問題はないようです。

話し合っているのはその次の事…この話自体が鹿紫雲一が負けることを想定した相談なので、本人は居心地が悪そうです。

 

呪術廻戦244話ネタバレの確定!鹿紫雲の次は日車寛見が立候補!

鹿紫雲一が自分の負けを想定した打ち合わせにムカついている時、日車寛見はその次は自分だと手を挙げたのです。

悪行を重ねて来た宿儺には罪状が限りなくあるために、日車の術式で現れる式神ジャッジマンの中立な判決がものを言うだろうと言う考えのようです。

仮にジャッジマンから死刑判決が取れた場合は文字通り一撃必殺の”処刑人の剣”で宿儺を倒せるという事になります。

 

呪術廻戦244話ネタバレの確定!完全に中立のジャッジマンが宿儺を裁けるのか!

式神ジャッジマンは日車寛見の術式により現れますが、日車寛見の味方ということでもなく完全に中立の立場として裁くことになります。

従って、ジャッジマンが宿儺のどの罪状を取り上げることになるのかも重要な要素となるのです。

更に近代に入ってからの時効という概念もあり確実に死刑判決が出せる状況となるのかは未知数なのです。

仮に死刑という判決を取れなくとも”有罪”や”没収”でも助かると言う意見もありますが、それで宿儺を倒せるのかという問題は残るようです。

 

呪術廻戦244話ネタバレの確定!虎杖悠仁と日車寛見が宿儺に襲い掛かる!

その時、口を開いたのが虎杖悠仁でした!

確実に宿儺を死刑にする方法が有ると言うのです。

そして人外魔境と化した新宿に冥冥の黒鳥操術によるバードストライクが宿儺に襲い掛かると同時に、虎杖悠仁と日車寛見の宿儺への攻撃が幕を開けるのでした。

そして…

虎杖悠仁の渋谷事変での罪状の”三審“に宿儺を巻き込んでの裁判やり直し…渋谷の大量殺人で宿儺を起訴できる事を目論んで領域展開”誅伏賜死の法廷が幕を開けるのでした。

 

呪術廻戦244話ネタバレの確定!感想と考察!

虎杖悠仁にかかる渋谷事変での大量殺人という罪状、その真犯人は伏黒恵に目をつけ伏魔御厨子を展開し命を救った宿儺だったと言う事を証明するという事なのでしょう!

その2審での虎杖悠仁の自白の信憑性から3審のやり直しを目論んでの誅伏賜死の法廷となる模様です。

ジャッジマンが真に中立で真実を追い求め裁く者であれば、宿儺の負けは確定するものと思われます。

果たして真犯人は誰なのか?

誅伏賜死の法廷は暴力禁止なので、宿儺にとってはやりにくい事この上ないとも思われます。

さてジャッジマンの判決の行方は?

次回の呪術廻戦は2023年12月18日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載される予定です。

 

まとめ

今回は、呪術廻戦244話ネタバレ確定!新宿決戦の第3戦に日車寛見が登場の舞台裏!というテーマでお伝えしてまいりました。

2023年12月4日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載の呪術廻戦244話-人外魔境新宿決戦⑯-のネタバレ確定でした。

楽しんで読んで頂けましたか?

それでは、呪術廻戦244話ネタバレ確定!新宿決戦の第3戦に日車寛見が登場の舞台裏!これで終了とさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

テキストのコピーはできません。