呪術廻戦

呪術廻戦222話ネタバレ確定!五条悟が宿儺を倒し日本も救う方法は?

呪術廻戦222話ネタバレ最新話確定速報!五条悟が宿儺を倒し日本も救う方法は?
Pocket

今回のテーマは、呪術廻戦222話ネタバレ確定!五条悟が宿儺を倒し日本も救う方法は?という内容でお伝えしてまいります。

2023年5月15日(月)発売の週刊少年ジャンプ24合併号に掲載の呪術廻戦222話-予兆-のネタバレ確定になります。

楽しんで読んでくださいね!

尚、本誌ネタのネタバレを含んでおりますので、苦手な方はご注意ください。

>>呪術廻戦次回のネタバレ考察はこちら!

それでは、呪術廻戦222話ネタバレ最新話確定速報!五条悟が宿儺を倒し日本も救う方法は?早速進めてまいりましょう。

 

Contents

呪術廻戦222話ネタバレの考察!

前回で五条復活とは思っていましたが冒頭からすんなりと獄門疆・裏の封印解除の場面となったのは以外でした。

しかし五条悟が錯乱状態の場合に高専の建物内での復活は危険ではとの来栖華・天使の心配と家入の助言で場所を変えることに!

そして選ばれた鉱山あと、緊張の中で来栖華・天使の術式”邪去侮の梯子”が発動!

閃光と轟音の中で獄門疆・裏は皆の前から忽然と消えてしまいました。

その直後に発生した地震。

五条悟の復活を恐れた羂索は、獄門疆を日本海溝の最深部8000mのプレートが沈み込む場所に置いてきたと言います。

やはりあの地震は日本海溝の沈み込み帯で獄門疆の封印が解かれ五条悟が復活した影響だったようです。

しかし五条悟は高専の皆の所ではなく、かつての親友である夏油傑に受肉した羂索の所に現れたのです。

羂索も身構えますが五条悟強さには適うはずも無いでしょう。

そこに現れたのが五条悟の教え子である伏黒恵に受肉した宿儺でした。

宿儺の後ろにいる裏梅は生意気な口をきいたために五条に瞬殺されました。

復活した五条悟は羂索を”お母さんに縫ってもらった雑巾”呼ば有り!

そして宿儺と五条悟の間ではかつて宿儺が特級呪物としてr虎杖悠仁に受肉したての頃の時間が甦りますが復活した五条悟には虎杖が手に負えず伏黒に乗り換えたような宿儺など相手ではありません。

焦点は五条悟が伏黒恵と夏油傑を救い出せるのか?

そこに虎杖はどうかかわって親友を救い出すのか?

いよいよ呪術廻戦の”両面宿儺編?”クライマックスの始まりです!

 

呪術廻戦222話ネタバレの考察!五条悟が宿儺と戦う前にやっておきたいこととは?

一方の五条悟も宿儺と戦う前にやることをやっておきたい…と直感的に考えているようです。

あの宿儺が”何に”縛られているのか、そして夏油傑の中にいる”奴の正体”を…そしてこいつが封印を解かれた自分を殺せるように”何を準備”していたのか?

伏黒恵の義姉である津美紀に受肉していた万が宿儺に…愛を教えるのは自分である…と宣言した事とも関係があるように思えます。

それが五条悟の…再戦はクリスマスイブ…宣言と繋がって行くのだと考えられます。

果たして五条悟の目の前でどんな光景が展開されるのか?

ここは予測不可能な意外な光景が見られそうです。

それはあの時の恵と津美紀の義姉弟の対決も関係しているのではないかと考えています。

五条悟が今瞬殺したのは、裏梅ではなく万では無かったのか?

 

呪術廻戦222話ネタバレの考察!五条悟が封印されていた間に起きた事は?

五条悟が渋谷事変で封印されたのが10月31日です。

そして今日復活を遂げた日が11月19日ですから長いように感じますが作中では19日間の出来事でした。

その間にも様々な事が起きています。

それをおそらく五条悟は知らないと思われます。

主な内容だけピックアップしてみましょう。

  • 七海建人の死亡!
  • 夜蛾正道処刑!
  • 禪院家滅亡
  • 釘崎野薔薇の生死不明?

これは五条悟が封印されていなければ起きなかったような出来事ばかりです。

いずれこれを知ることになる五条悟は恐らくは自戒の念に持つことになるでしょう。

しかし五条悟の事ですからその思いを武器に変えて敵に向かってくれることと思います!

ただ僅か19日間ですが五条悟がいなくなったことで日本の呪術界がバランスを失い羂索の狙う方向にかなり動いてしまったことも確かです。

もしかしたらこのままだとなにをしなくても呪術界は崩壊しかねない状態だという事も追記しておきます。

 

呪術廻戦222話ネタバレの考察!夜蛾正道学長の死を不審に思う五条悟?

五条悟が封印されている間に起きたことでい一番愚かしい事?

それが呪術高専東京校学長の夜蛾正道の死ではないでしょうか?

夜蛾正道学長さえいれば大量の呪骸をを作り宿儺に対抗することも可能だったと考えられます。

五条悟が復活し不審に思う事も夜蛾正道学長の死についてではないでしょうか?

  • 処刑!

ここに来ても愚かな呪術総監部は自分たちを脅かす存在というだけでその夜蛾正道学長を真っ先に死に追いやってしまった。

死滅回游というバトルロワイヤルが進めば進むほど日本から呪術師の数が減り一部の強者のみが残ることになります。

夜蛾正道学長さえいればパンダのような完全自立型の呪骸を次から次と量産し、軍隊にする事すら可能だった。

その真相を五条悟が知った時、日本を救える可能性を自分の保身だけで潰してしまった呪術総監部を許すことはしないでしょう。

宿儺との最終決戦を前に五条悟がやっておくことの1つと考えられます。

 

呪術廻戦222話ネタバレの考察!五条悟の呪術総監部へのけじめのつけ方は?

自らの安泰しか考えない呪術総監部と五条悟は当然ように折り合いのつけようがないほどこじれてしまっています。

それも当然で、渋谷事変では五条悟を共犯扱いとして呪術会から永久追放という仕打ち!

そして夜蛾正道を、五条悟と夏油傑焚きつ渋谷事変を起こした黒幕として死罪認定したり。

獄門疆の封印を解く事すら重罪扱い…?

今封印を解き復活を遂げた五条悟は呪術総監部にとっても目の上のこぶでしょう。

五条悟が行かなくても決着を付けるように仕掛けて来そうですが、先手を打って五条悟が呪術総監部をぶっ潰しにかかるかも知れません。

最後の決戦に向けて足かせとなるよな呪術総監部であればかたずけておいた方が正解だと思います。

 

呪術廻戦222話ネタバレの考察!12月24日を待たず死滅回游の死闘が再開?

五条悟の指定した12月24日はあくまでも五条悟と両面宿儺の決戦の日であり、呪術高専との戦いや死滅回游の事を指し示すわけでは無いでしょう。

またそれぞれの力が大きいとはいえ、羂索サイドで戦えるのはあと宿儺と裏梅を合わせて3人のみ!

羂索が古の平安京から名だたる呪霊を招致する可能性も考えられますが、ここでは死滅回游というバトルロワイヤルを通じて相手陣営の戦える手の数を減らす事を考えるのではないでしょうか?

そしてそれは決戦の12月24日までの時間の無い中で、今日11月19日から始まる可能性もあるのではないでしょうか?

死滅回游のルール変更は五条悟の復活を予見した羂索圧倒的数の劣勢を是正する為に立てた戦略の1つなのだと思います。

-次から次と倒れていく高専生徒の姿など見たくないと思っても…時間は待ってくれません-!

 

呪術廻戦222話ネタバレの考察!呪術高専の生徒が五条悟の復活場所を突き止める!

獄門疆・裏と来栖華・天使の術式”邪去侮の梯子”で五条悟の封印を解いたと思った呪術高専の面々!

埼玉県木呂子鉱山跡地、今は呪術高専第四修練場で皆が見守る中で獄門疆・裏は五条悟ともどもその場から消えてしまいました。

そして地震の発生、呪術高専の皆はどこかで五条悟が復活を果たしたと確信するでしょう。

そして当然の如く羂索と宿儺の事が頭に浮かぶはずです。

死滅回游のルール変更は既に全泳者…つまり呪術高専側にも伝わっています。

そう考えれば五条悟の行先も、自分たちが向かうべき場所も自ずと一緒の所で合致していると分かるはずです。

昨日のルール変更をシンプルに羂索と宿儺を葬ることが出来れば呪術高専側の勝利であることも理解しつつ、最後の決戦場に向かうことになるのです。

 

呪術廻戦222話ネタバレの考察!五条悟の虎杖悠仁の特訓が再開?

五条悟が虎杖悠仁の指導を託した七海建人が渋谷事変で死んだのはご承知のとおりです。

五条悟自身も獄門疆に封印されていたため虎杖悠仁の呪術の修行が途中で終わっていたと考えられます。

そして復活した五条悟が七海建人の死を知ったのち、虎杖悠仁に宿儺の術式が刻まれるように修行をつけると思われます。

思えばあの時から五条悟には虎杖悠仁の1000年に渡っている因縁を見抜いていたのかもしれません。

しかし虎杖悠仁は今でも自らのその類まれな肉体を駆使して戦っているだけ…黒閃もしかり…!

“今は使えない”だけの宿儺の術式を虎杖悠仁が使いこなせるようになればこの最終決戦が有利になるのは目に見えています。

五条悟が言った”宿儺と戦う前にやることをやっておきたい”と言った一つがこれなのかもしれません。

 

呪術廻戦222話ネタバレの考察!五条悟が決戦までに強く聡い仲間を育てる?

呪術総監部に処刑されてしまった呪術高専東京校の夜蛾正道学長!

その生得術式は呪骸の作製・操作(傀儡呪術学)でその中でも最高傑作はパンダでしょう!

五条悟が12月24日の決戦の日に向けて虎杖悠仁を鍛え直すことは既に考察しました。

もう一人…優先順位が高いものがパンダ!

パンダは鹿紫雲一との戦いでお兄ちゃんとお姉ちゃんの魂をやられて今こじんまりと小さくなって可愛いですよね?

でもそうも言ってられません。

単行本にかかれていたパンダ情報!

“3つの魂の情報が互いに観測しあうことで、安定していたパンダですが、2つの魂の情報を失ってしまいました、これからこうなってしまうのでしょうか。”

これがわざわざ単行本に記載するという事はパンダの復活を示唆しているのではないかと考えられます。

夜蛾正道学長を失った今それを出来るのは五条悟になるのではないか?

最終決戦でどんな対決が考えられるのか?

宿儺vs虎杖は確実、宿儺は他にも五条悟・鹿紫雲一の対決は有るでしょう。

羂索との確実な対戦相手は禪院真希、乙骨悠太、こちらの戦いも見ものです。

他にも秤や高羽・脹相等大きな戦力を高専側は持っていますが、羂索・宿儺側には裏梅もしますし、他にも羂索が平安術師を召喚したり呪物を活用して戦力を生み出す可能性は高い覆われます。

天使が気になることを言っていますした。

‐私を含めなぜ多くの古の術師たちが羂索の誘いに乗ったかというと、誰も死後呪物になる方法なんて知らなかったからだ‐。

他にも羂索に誘われる平安術師が登場する可能性は大きいでしょう。

そのときに五条悟の”強く聡い仲間を育てる”という考えがさらに重要となって来ることは間違いない事だと思われます!

 

呪術廻戦222話ネタバレの考察!2018年12月24日決戦の日に備えて!

  • 来たる12月24日、我々は百鬼夜行を行う…!

“呪術廻戦0″における夏油傑の言葉!

この日は呪術廻戦にとってはクリスマスではなく呪いあう日!

夏油傑と乙骨憂太、呪いを呪いで祓うバトルの始まり!

“呪術廻戦”の原点となる愛と呪いの物語ー!

愛ほど歪んだ呪いは無いという五条悟の言葉…。

別れた道の、その先にー!

僕の未来も、心も体もぜんぶ里香にあげる、これからはホントにずっと一緒だよ、愛してるよ里香!

2018年12月24日はそこから繋がってくるのです。

呪術廻戦1巻からの伏線!呪術廻船0からの繋がり…いよいよ決戦の時が始まるのです。

見逃したら死んでも死に切れません!

 

呪術廻戦222話ネタバレの考察!五条悟は12月24日までの停戦期間で何を準備する?

五条悟の封印の解除が獄門疆・裏で行われた場合いくつかの力が使えないという話がありました。

しかし、今回の封印解除を見る限り獄門疆・裏を来栖華・天使が封印を解くことが引き金となって日本海溝の8000mの深さのプレートの沈み込み帯にあった獄門疆・表の封印も解かれ地震が発生したようです。

それだと五条悟の力が封印されたままという事は無さそうですので、そこは心配しなくてもよさそうです。

そうなるともう一つが羂索が、死滅回游の窓口とも言って良いコガネをバグらせてルール変更した件ですね。

そのルール変更により五条悟は泳者として死滅回游に参加することが出来ません。

五条悟が回復直後に感じた”何らかの縛り”…死滅回游に五条悟が入れず呪術高専生徒だけとなると正直厳しい戦いをせざるを得ないでしょう。

そして五条悟のその”縛り”のゲームマスターが天元であることを見抜くでしょう。

12月24日の決戦までに五条悟は死滅回游の泳者とし羂索の目論見をぶっ壊せるように天元に近づくものと思われます。

 

呪術廻戦222話ネタバレの確定!

2023年5月15日(月)発売の週刊少年ジャンプ24合併号に掲載の呪術廻戦222話-予兆のネタバレ確定になります。

楽しんで読んでくださいね!

 

呪術廻戦222話ネタバレの確定!特級呪物の宿儺の指の最期の1本が見つからない?

五条悟との最終決戦を前に全ての力を取り戻したい両面宿儺!

裏梅が特級呪物である宿儺の指の最期の1本がどうしても見つからないと詫びています。

それに対して宿儺の方は落ち着いたもので‐最後の1本は五条悟が持っている‐と意に介しません。

五条悟が、宿儺の器となった虎杖悠仁の死刑を延期する為に‐宿儺の指を全て取り込ませてから‐と条件付けした事を宿儺は知っていました。

五条悟がそのような条件を出すにはそれだけの事を成しており、実質的に死刑は無かった事にしているはず!

宿儺とて五条悟の力には一目置いているはずです。

宿儺には羂索が手土産に持ってきてくれた”飛騨霊山浄界”に眠っていた自らの即身仏が届けられたのです。

それを食らうことによって宿儺は全ての力を取り戻すことになるようです。

 

呪術廻戦222話ネタバレの確定!結界に入らず死んだ死滅回游の泳者は61人?

殺されることを恐れたか、殺すことを恐れたか?

死滅回游の泳者にして一度も結界に入らず術式を剥奪されて死んだ者は61人にも上ります。

しかしその恐れはその者達の杞憂であり、日車寛見が追加したルールでその事は無力に帰したことに既になっているのです!

日本に生きる者は、自らの現実を不変のものと暗示をかけて生きている…命も生活もギリギリのところにあるというのに。

羂索は言います…誰もが自ら命をかける勇気を持つものことはないが、その命を勝手に他人がかけてしまったら行動するしかなくなる!

まずそこに一歩足を踏み入れることのみが己の理想に近ずく唯一の方法だと。

それを結界などというもので日本人を一律的に救うなどという道は嫌悪の対象でしかない!

そう言い切る羂索!

なぜ天元を取り込んだのかがここで明かされた形になりました。

 

呪術廻戦222話ネタバレの確定!呪術高専東京校スタッフ3人で話し合うことは?

復活した五条悟を中に家入硝子と伊地知潔高の呪術高専東京校のスタッフが霊安室で-ついに3人になっちゃった-と話をしています。

家入はまだ半端な奴が一人残っていると言いますが…!

話は自然と渋谷事変で真人相手に命を落とした七海建人の事に及びます。

五条悟が1年後輩で目をかけて来たナナミンを偲びます。

そのナナミンの死を伊地知が‐すみません‐と謝ったために五条悟がイラっとする場面も!

しかし伊地知にもまだデカい仕事が残っていると五条悟は気合を入れ直すのでした。

その七海建人の事で話が有ると訪れた猪野琢真。

ナナミンを敬愛してやまなかった猪野の要件とはまさか?

 

呪術廻戦222話ネタバレの確定!守銭奴の冥冥が最終決戦のPPVを主宰し50億円儲ける?

携帯タブレットで”Betting Game”の画面を開きながら良からぬ事を画策している方が…?

  • 五条悟vs両面宿儺受肉体!

そうつぶやきながらコマに登場してきたのは冥冥その人でした。

フリーの凄腕呪術師で有りながらその性格を一言で表せば”守銭奴”!

かねがね、お金に換えならないものには価値がないと語っていました!

その冥冥が最終決戦をお金に換えようと画策しているのがPPVチケットでした。

渋谷事変で規定が変わり、賭け事の胴元ではなく昨今のスポーツ中継では当たり前になって来たPPVで一儲けしようと考えているようです。

その額、ザッと見積もって50億は固い……!

その冥冥の道場で虎杖悠仁が、当然決戦を視野に入れて稽古をつけていました。

しかしここは考察が必要ですネ!

虎杖悠仁と日下部篤也が入れ替わっていますよね。

これって入れ替わりの術式の稽古?

 

呪術廻戦222話ネタバレの確定!乙骨悠太と狗巻棘の会話!

  • 明太子!

‐呪術総監部に狗巻棘の腕を”虎杖悠仁抹殺任務”に任命されるために話したそうです、でもその事を虎杖悠仁は知らない‐!

  • しゃけしゃけ!

‐虎杖悠仁が宿儺の器になったのは宿儺の責任で、虎杖悠仁が負うべきではない‐?

  • すじこ

……ありがとう、使わせてもらうよ!

何のこっちゃ?

 

呪術廻戦222話ネタバレの確定!12月24日の新宿決戦が始まる!

早くも12月24日がやって来た”新宿”副都心!

朝から不穏な会話が聞こえてきます。

羂索は、宿儺が五条悟と戦ってくれている間に死滅回游の泳者を狩るつもりのようです。

あれから羂索は五条悟に殺されることを恐れてズーっと宿儺と裏梅の家に転がり込んでいたのでした。

‐鬱陶しい、さっさと去ね‐とけんもほろろの裏梅から相当嫌われているような羂索です。

しかしここからは晴れてひとり自由に動いて行くようなのです…?

 

呪術廻戦222話ネタバレの確定!五条悟が負けた場合に宿儺を倒すには?

もし五条悟が宿儺に負けるような事態になった場合は?

  • 宿儺を倒せるのは五条悟と戦った直後のみ!

だから‐他の高専の連中…特に乙骨を始めとする主戦力は、今日は君達から離れるわけにはいかない‐!

羂索が狙っていたことの1つはこの事だったのでしょうか?

名だたる呪術師は今日新宿に貼りつかなければならない。

その間自由に動ける羂索が結果で日本を守る呪力を壊していく?

それを止める手立ては呪術高専側に有るのか?

そう言うことになれば宿儺との勝負はスピードが大事にななって来るものと思います。

いずれにしても、今日は12月24日決戦当日です。

最初は心配していた呪術高専に集結したメンバーも五条悟の姿を見ただけで力が湧いてくるのでしょう!

皆が晴れ晴れとした表情でにこやかな笑いに包まれいざ出陣の時をむかえるのでした!

 

呪術廻戦222話ネタバレの確定!感想と考察!

12月24日の決戦はあくまでもタイマンなのですね。

五条悟vs両面宿儺受肉体!

観戦はPPVのみで危険につき無観客試合となるのでしょうか?

多くの人が参戦する死滅回游的なバトルロワイヤルと考えていた向きが多かったように感じますが?

新宿で決行されるのはあくまでもタイマン?

そうなると羂索の動きが気がかりでなりません。

結界内で泳者をことごとく片づけながら日本の呪術バランスをめちゃくちゃにして行くつもりなのでしょうか?

宿儺の完、宿儺が仮に敗れたとしても自分の目的が完遂出来る方法を準備してきていたことは既に考察してきたとおりです。

羂索が本格的に日本の呪術バランスを壊してしまう前に…やはりタイマンはスピード命の対戦になりそうです。

 

まとめ

今回は、呪術廻戦222話ネタバレ確定!五条悟が宿儺を倒し日本も救う方法は?というテーマでお伝えしてまいりました。

2023年5月15日(月)発売の週刊少年ジャンプ24合併号に掲載の呪術廻戦222話-予兆のネタバレ確定になります。

楽しんでいただけましたか!

もう少し準備期間が用意されると考えていたのですが、いきなり12月24日が来てしまいました。

数も含めて呪術高専側が圧倒的有利と考えてきましたが、決戦がタイマンでその間に勝手に羂索が日本を壊しにかかるなどという事態になるとは…宿儺を瞬殺で…その後速やかに羂索を片付けないとヤバいことになりそうです。

それでは、呪術廻戦222話ネタバレ確定!五条悟が宿儺を倒し日本も救う方法は?これで終了させていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。