「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

呪術廻戦

呪術廻戦251話ネタバレ最新話確定速報!乙骨憂太の決定的な窮地に禪院真希が音もなくに現れる!

呪術廻戦251話ネタバレ最新話確定速報!乙骨憂太の決定的な窮地に禪院真希が音もなくに現れる!
Pocket

今回のテーマは、呪術廻戦251話ネタバレ最新話確定速報!乙骨憂太の決定的な窮地に禪院真希が音もなくに現れる!と題してお伝えしてまいります。

2024年2月19日(月)発売の週刊少年ジャンプ12号に掲載の呪術廻戦251話-人外魔境新宿決戦㉓-ネタバレ最新話確定速報になります!

是非楽しんで読んでくださいね!

>>呪術廻戦の前回のネタバレ確定はこちら!

尚、本記事は本誌ネタの考察に加えてネタバレも含んでおりますので、苦手な方はご注意ください。

それでは、呪術廻戦251話ネタバレ最新話確定速報!乙骨憂太の決定的な窮地に禪院真希が音もなくに現れる!早速進めてまいりましょう。

 

Contents

呪術廻戦251話ネタバレ最新話の考察!

呪術廻戦の前話-人外魔境新宿決㉒-では乙骨憂太が作中で初めて見せた領域展開の中身がある程度明らかにされました。

一つは無数に突き立てられた日本刀にはそれぞれ乙憂太の模倣する術式が込められておりその内容は乙骨憂太のみがわかることのようです。

そして領域内には外付けの術式リカ…通称リカちゃんと虎杖悠仁も参戦しているようです。

刀に込められた模倣術式は今まで描かれた狗巻棘と烏鷺亨子の術式、そして倭国大乱で列島制覇したと伝わるドルゥヴ・ラクダワラの式神術に加えて天使の術式も加わっているようです。

更には未来予知の登場…シャルル・ベルナール…久々の誌面登場でした。

そしてラストの極め付け、刀の先から放たれた術式は宿儺の蜘蛛の巣状の捌だったのです。

そして乙骨憂太から放たれた捌は宿儺の体を切り刻んで行くのですが…果たして…。

それでは呪術廻戦251話の考察を進めてまいりましょう。

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話の考察!更に宿儺の術式を模倣する乙骨憂太?

乙骨憂太はどこで宿儺の術式を模倣できるようになったのでしょうか?

一般には乙骨憂太の術式模倣はリカちゃんの捕食により顕現すると言われています。

それを可能にする秘密は虎杖悠仁と考えるのが合理的ではないでしょうか?

そして反転術式を虎杖悠仁が真っ先に覚えた秘密もその辺にあるのかもしれません。

もう一本だけ残っていた特級呪物宿儺の指を虎杖悠仁が喰らう…そしてその効果として現れたのが新宿決戦に飛び入りした時の虎杖悠仁の手の変化だと思うのです。

そしてリカちゃんは先行して虎杖悠仁のその変化した指を捕食していたのではないでしょうか…そして反転術式で治癒というわけです。

そう考えれば乙骨憂太が捌の他にも宿儺の術式…例えば◾️フーガ炎の術式などを使いこなす可能性も見えてきます。

更に虎杖悠仁にも刻まれた宿儺の術式が顕現したとしたら…さすがの宿儺もいよいよ年貢の納めどきなのかもしれません。

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話の考察!捌で攻撃を受けた宿儺が感じた危機感?

乙骨憂太が他の呪術師の術式を模倣するには一定のルールがあるということに宿儺も気付いたと思います。

そのほんの少し前に乙骨憂太と虎杖悠仁に放った捌は確実に乙骨憂太の体に届いていました。

そして乙骨憂太の過去については伏黒恵の記憶から宿儺には既に割れてしまっています。

それと今の捌を模倣された経験から、術式模倣が可能となる秘密を宿儺は知り得たのではないでしょうか?

更に呪力切れを起こしかけている自分と比較して、乙骨憂太にはほぼ満タンの呪力量に加えて外付けの術式リカからの呪力供給が可能なことも見抜いているでしょう。

更に更に宿儺の方は誅伏賜死の裁判によって呪具を取り上げられていることと比較して、乙骨憂太にはリカの中に強力な呪具を格納していることもお見通しでしょう。

そう考えた時に宿儺は捌以外の術式を発動すれば即座に模倣されてしまうことにも気付いたのではないでしょうか?

今の宿儺には出力を最大限にあげた一撃必殺の捌をお見舞いするしか手がないのではないでしょうか?

ここにきて宿儺が大きな危機感を持たざるを得ない状況に追い込まれていると考えてよさそうです?

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話の考察!宿儺は蜘蛛の巣状の捌をどう防ぐ?

乙骨憂太が自らの領域の中で繰り出して来た模倣の必中効果はまさかの宿儺の術式でした。

しかもそれは捌を蜘蛛の巣状に広げ広範囲を切り裂くと言うもの…直前に乙骨憂太が虎杖悠仁とともに宿儺から受けた技でした。

しかし宿儺の捌は五条悟の無量空処の後遺症から威力が減じられたようで2人とも反転術式でダメージを治癒していたようです。

その蜘蛛の巣状の捌をカウンターで食らった宿儺はそれをどう防ぐのでしょうか?

攻撃対象の呪力量や強さを読み取って最適な攻撃を仕掛けると言う捌…もう一つの斬撃の解とは違い呪力を帯びたものに対してより強力に働くものです。

つまり最強レベルの呪力量と強さを誇る宿儺に対してはオートマチックで最強の蜘蛛の巣が仕掛けられていることになります。

これを防ぐには同じ術式で押し合うしか方法は無いのではと考えます。

しかし五条悟による後遺症も有り防ぐのが精いっぱいだとも予想できます。

だとすれば宿儺には次なる一手が必要となるのではないでしょうか?

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話の考察!宿儺の◾️フーガの炎の斬撃が領域を焼き尽くす?

宿儺がただ単純に乙骨憂太の攻撃に対抗するだけとは考えづらく、相手の思考の一つも二つも上を行く手を打ってくることも装填しなければならないのではないでしょうか?

以前から指摘されている事ですが、宿儺は何故■フーガ…炎の矢…若しくは…炎の火柱を使ってこないのでしょうか?

そもそも宿儺の術式は御厨子もそうですが■もいくつもの強力な術式をストックし隠し持っている不気味さを感じています。

おそらくは■フーガという名称は術式ではなく術式発動の呪詞ではないのかと思っています。

そして■は形通りのボックス、そしてフーガは”開”とも表記されています。

■が術式のストックヤードでは無いと考えるとその役割は御厨子が担っているのでしょうか?

そう考えると■フーガとは…まんま御厨子を解放し新たな術式をくり出す呪詞だと考えられます。

呪術廻戦の作者、芥見下々先生が少年ジャンプに読み切りで上梓したNo9の主人公・九十九恢勝の■フーガの元ネタと同様の使い方となるわけです。

完全体となったとは言え後遺症の残る宿儺には捌の押し合いだけでは分が悪いとも思われます。

宿儺の■フーガに必要なのが呪詞のみで掌印が不要だとしたら…天使の術式・邪去侮の梯子を防ぎながらでも出現させられる可能性が残されます。

宿儺のもう一つの口が■フーガと唱えられるとき巨大な火柱が出現し、乙骨憂太の領域を焼き払ってしまうのではないかと心配しています。

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話の考察!乙骨憂太の刀に込められた術式は他に?

五条悟の思考の中に、虎杖悠仁にはいつか宿儺の術式が刻まれるというものが有りました。

しかし一足先に宿儺の術式を発現させたのは先輩の乙骨憂太でした。

乙骨憂太が宿儺の斬撃・捌をくり出したタイミングが自らが蜘蛛の巣状の捌を受けた直後であることからあることが推察されます。

乙骨憂太が術式を模倣できるようになるにはいくつかの条件が有ると!

一つ確実なのは狗巻棘のように明確にその術式を渡すと言う意思の疎通が有れば呪言のように使えるようになるようです。

もう一つは今回のと同様、かつても激戦となった死滅回游仙台コロニーで烏鷺亨子から受けた空間を面に置き換え吹き飛ばすと言う恐ろしい術式・宇守羅彈を真贋相愛の領域内で既に2回使用しています。

そう考えれば自らがかつての戦いで受けた術式を模倣することも可能だと考えて良さそうです。

その2つの方法があるのだとすれば、乙骨憂太は他にも多くの術式模倣を持っているものと考えられます。

例えば1年前の京都校交流戦で東堂葵に不義遊戯を仕掛けられていたのだとすれば、虎杖悠仁とリカちゃんがともに戦っている領域内では有効に働く可能性は大きと思います。

しかし既にこの技は岩手県御所湖結界で羂索相手に使ったと言う声も上がっていますが…。

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話の考察!虎杖悠仁の反転術式は他者の治癒が出来る?

虎杖悠仁は何故、何のために突然反転術式が使えるようになったのでしょうか?

一番可能性があるのは呪術高専の校医である家入硝子から以前から習っていた事が考えられます。

五条悟が学生時代にそうしたように…そのやり方を家入硝子に聞いてもさっぱり上達できなかった五条悟が会得したのは伏黒甚爾との戦の中でした。

おそらく虎杖悠仁にも似たような瞬間が有ったのではと想像できます。

しかしそれは家入硝子の理論が有っての事なのでしょう!

では何のために…宿儺を倒すのはおそらく乙骨憂太か虎杖悠仁だと思われます。

乙骨憂太は元々膨大な呪力量を誇るとともに外付けの術式リカで呪力の供給も可能です。

しかし、相手は完全体の宿儺、最後の局面で重要なのはあとどれだけ戦えるのかということでしょう。

乙骨憂太か虎杖悠仁どちらかが宿儺の最後に迫る時、お互いのダメージを治癒する約束がなされているのかも知れません。

とすると、今まで他者に治癒を施せる反転術式の使い手は宿儺・乙骨憂太・家入硝子の3人のみだったところに4人目が開眼したのかも知れません。

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話の考察!未来予知という術式は誰の模倣か?

宿儺が乙骨憂太の術式模倣の一つを未来予知と読んでいました。

逆にその時の乙骨憂太は、宿儺といえど初見の術式には隙が出来ると見ていました。

この宿儺が見た未来予知とは誰の術式の模倣なのでしょうか?

これが中々分りづらく、もしかしたらミスプリかとも言われつつあります。

もしかしたら単行本の時に訂正される可能性もありますが、少し考えてみましょう。

以前考察した乙骨憂太の術式模倣は自らがその術式を受けたか、それとも明確なお互いの合意が有っての使用と考察しました。

そして宿儺が乙骨憂太の攻撃を未来予知と見たのは刀によるなんか知らの術式発動の後の顔面への打撃を受けた時のことでした。

考えられるとしたら…術式・超人…岩手県御所湖結界で羂索を相手に戦った時に乙骨憂太は高羽史彦を助けようと必死に庇っていた姿が見られました。

ウケると確信した事が現実となる…乙骨憂太のようなどちらかというと生真面目で純粋な若者が術式・超人コメディアンを使うこと自体が…ウケる~…ということになりませんか?

もし刀から術式・超人が発動され現実が乙骨憂太が感じるウケる方向に変わったとしたら、宿儺はそれを未来予知と感じるのではないでしょうか?

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話の考察!宿儺に対する天使の術式の有効性は?

乙骨憂太が天使の術式である邪去侮の梯子を模倣出来ると言う情報は本編では描かれていません。

しかし天使の受肉体となっている来栖華にとっては自分を死地に落とした上に愛する伏黒恵の魂を貶めた憎んでも憎みきれない宿儺を倒すためならば喜んで乙骨憂太に術式を渡すはずです。

しかしその天使の術式とは、あらゆる術式を消滅させるもの…つまり宿儺だけではなく自分たちの術式も消滅してしまう事になりそうです。

これは使う時期を考えなければなりません!

宿儺が浴で沈めた伏黒恵の魂を、虎杖悠仁の魂を捉える打撃で呼び覚まし更に宿儺と受肉体を引きはがす…その時こそが天使の術式・邪去侮の梯子が放たれる時となるのでしょう。

その時こそが…伏黒恵の魂に期待を込めて、この決戦の場から術式を消滅させる!

そして人外魔境新宿に静寂なるときが訪れ、伏黒恵は呪物から解き放たれ同時に宿儺は再び呪物化することを狙っているのでしょうか。

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話の考察!超重複同化の親は天元から宿儺に書き換えられた?

天元は既に羂索の手に落ち超重複同化は日本の呪力バランスが崩れるのを待つばかりとなっていました。

しかし羂索はその同化を自分は見届けられないと考えていたのでしょうか?

死滅回游の泳者を皆殺しにする旅に出立する前に、羂索は自分の意志を宿儺に引き継いでもらうための継承の儀を済ませていました。

更には死滅回游の総則変更…超重複同化の発動権を伏黒恵が持つことにしたのです。

つまり羂索は呪力の最適化という宿願を全て宿儺に託していたことになります。

そして乙骨憂太に斬られた今際の際に羂索は超重複同化の親を天元から何者かに書き替えていました。

これも宿儺以外に考える事の方が困難でしょう…これで宿儺は呪術界の帝王…ラスボスにふさわしい権威までをも持つことになったのでしょう?

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話の考察!乙骨憂太は式神の軌道を広げ列島制覇を成し遂げる?

超重複同化を防ぐ最後の手立てを乙骨憂太は術式模倣の中に既に手に入れているのかも知れません。

ドルゥヴ・ラクダワラの術式!

腰に布切れを巻き付けたなびく背負い白いひげをたくわえた霞を食らう仙人のような出で立ち!

死滅回游・仙台コロニーの泳者土地て登場し乙骨憂太に敗れはしましたがその術式模倣は価値あるものになりそうです。

呪術廻戦の中で最も古い時代に生まれとされるドルゥヴ・ラクダワラ、倭国大乱の時に一人で列島制覇を成し遂げたと伝わります。

倭国大乱と言えば弥生時代末期の2世紀の出来事です。

その術式は式神術と呼ばれ、生成した式神の軌跡を自分の領域とするもので、それを広げて行けば列島も制覇出来ると言うものになります。

日本列島の呪力バランスが最大の焦点となっている今、乙骨憂太がこの術式を使えるということは大きなメリットではないでしょうか?

宿儺が列島を飲み込む前に乙骨憂太が列島を自らの領域とすればこの戦いは終わりを告げ、日本は平穏な日々を取り戻すことが出来るのではと思います。

そのためにもまずは完全体を取り戻した宿儺を無力化することが急務となると思われます。

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話の考察!伏黒恵に委ねられた命運は宿儺に握られてしまうのか?

久々のコガネの登場により告げられた、死滅回游の総則追加の内容は…。

  • 総則15:天元による人類との超重複同化の発動権は伏黒恵が持つこととする。

この事を日下部篤也は”伏黒恵=宿儺“という羂索の保険と見ました。

しかしこれは一面的な見方ではないでしょうか?

宿儺と伏黒恵は別の個体であり、同じ肉体に2つの魂が同居したとしても同化をするはずもありません。

そう考えれば呪術高専側の呪術師がやることは今までと何ら変わることなく、伏黒恵の魂を救い出す事の1点です。

敢て付け加えれば、宿儺が持ってしまった野望を阻止しながらと言う条件は付かざるを得ないでしょう。

いよいよ虎杖悠仁と乙骨憂太の伏黒恵を救い出す作戦が展開されるのではないでしょうか?

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話確定速報!魔虚羅と玉犬・渾が同化し無敵式神が顕現?

そのことは既に起こっているいるのかも知れません。

五条悟が最後の虚式”茈“を遠隔で放った時に魔虚羅は消えてしまいその命運も尽きたものと思っていました。

しかし伏黒恵の操る禪院家相伝十種影法術の式神は死ぬと他の式神と一緒になり新たな派生式神となって能われます。

最強式神の魔虚羅だけが例外という事は無いでしょう。

十種影法術最初の式神である玉犬・渾と最後の式神である魔虚羅が一緒になって恐ろしいほどの力を持った派生式神が登場する可能性があります。

そして魔虚羅がそうしたように日車寛見の領域展開・誅伏賜死に適応し空間ごと退魔の剣で一刀両断するのかも知れません。

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話の考察!虎杖悠仁vs宿儺の戦いの行方は?

今、人外魔境と化した新宿の地で虎杖悠仁と宿儺が対峙しています。

呪術廻戦が始まった当初からこの物語の最終局面はラスボスである両面宿儺と主人公の虎杖悠仁の戦いではないかと考えられてきました。

僕たちが想定して来た場面が、新宿決戦で相対した両者のこの場面なのでしょうか?

それにしてはまだ過去に残された伏線や布石が多すぎるようにも思います。

このままこの大戦で呪術廻戦という物語に終止符が打たれてもファンの皆さんはフラストレーションがたまる一方なのではないでしょうか?

だとするとこの新宿決戦での両者の戦いにはどういう意味を持たせているのでしょうか?

それは完全体の宿儺と対戦することでようやく虎杖悠仁にも術式の萌芽が芽生えてくるのではないかと考えています。

受肉体として取り込まれた宿儺の術式、更には母の体に巣食った羂索の術式、またその羂索が明治の世で受肉した加茂憲倫から受け継いだ相伝の術式!

虎杖悠仁には最強の術式が幾つも発現する可能性を秘めているのです。

その虎杖悠仁のポテンシャルが完全体となった最強の宿儺と戦うことで目覚めるのかも知れません。

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話確定速報!ラスボス宿儺との決戦は総力戦?

日車寛見の術式は宿儺に対して効果的なものにはなると思いますが、お互いが持つ決定打が式神であることからその式神同士の戦いがどう作用するのかが未知数と思います。

そのことから考えると宿儺は誅伏賜死の領域内での死刑に対して何らかの方法で逃れるのではないかと思います。

そのような状況になった時に単独の手で宿儺に対して有効となる手段を呪術高専側は持ちえないのではと思います。

更に釘崎野薔薇や東堂葵等、五条悟が渡った彼岸の空港に現れなかった者たちの復活も期待されます。

そして羂索が倒れた今、やはり呪術廻戦のラスボスは宿儺なのでしょう。

間もなく人外魔境と化した新宿でラスボス宿儺と呪術高専呪術師の総力戦が見られるのではないでしょうか?

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話確定速報!虎杖悠仁と日下部篤也の魂の入れ替わりの目的は?

日車寛見のと宿儺の間に割って入った日下部篤也の中身が虎杖悠仁ではないのかと言われています。

新宿決戦の間に日下部篤也に魂の入れ替わりの特訓を受けていた虎杖悠仁でしたがその目的がはっきりせず、伏黒恵の魂を救うためではないのかとも言われていました。

しかし日車寛見の術式による裁判が張りぼてに終わったいま、そこに現れた日下部篤也の中身が虎杖悠仁であったとしたら、その目的は伏黒恵の魂を救済するというものだけではないように思います。

更にこれが予定された行動であったとしたらその目的は明らかではないでしょうか?

宿儺が苦手としている虎杖悠仁の魂で目を撹乱し日車寛見の持つ処刑人の剣で斬るという目的ではないかと思います。

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話確定速報!凍星・裏梅vs秤金次の戦いの結果は?

鹿紫雲一の跳躍よりも遥か上空から降下して来た巨大な氷塊に乗って現れた裏梅!

更にその裏梅の上から鹿紫雲一との約束を守る為に登場した秤金次!

裏梅は秤金次の姿を見とめると直ぐに氷凝呪法をくり出してきました。

パンダや加茂憲紀ですら行動不能に追い込んだ裏梅の氷凝呪法に対して秤金次は早くも領域展開・坐殺博徒で応戦していました。

そして秤金次の領域は即座に裏梅を捕えたのですが…?

単純に考えれば秤の領域内での必中効果の方が遥かに優勢と思われますが、裏梅の氷結の勢いも侮れません。

本編の決戦とは別にこちらの対決も注目ですね!

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話の確定速報!

2024年2月19日(月)発売の週刊少年ジャンプ12号に掲載の呪術廻戦251話-人外魔境新宿決戦㉓-ネタバレ最新話確定速報になります!

是非楽しんで読んでくださいね!

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話の確定速報!特級呪物の宿儺の指・最後の一本を喰らう!

あいつを倒すためなら何でも喰らう…あそこで虎杖悠仁が言ったのはこの事だったのでしょうか?

五条悟が呪術総監部による宿儺の器・虎杖悠仁の死刑を無効化する為に呪術高専の奥深くに隠したとも言われる特級呪物の宿儺の最後の指!

新宿決戦に参戦した時に皆も気付い虎杖悠仁の手の指の変化!

やはり虎杖悠仁は宿儺竿後の一本の指を喰らっていたようです。

そこからが乙骨憂太と虎杖悠仁そしてリカちゃん小連携による怒涛の攻撃が始まるのです。

呪力出力も衰え身体のコントロールも鈍って来た宿儺は防戦一方に追いやられるのでした。

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話の確定速報!捨て身の解・世界を断つ斬撃を読み切っていた乙骨と虎杖!

この展開になった時に宿儺が一発逆転で彌虚葛籠を解いて天使の術式を受けながら世界を断つ斬撃-解-を捨て身で繰り出してくることは読んでいました。

この斬撃を放つには呪詞と掌印の両方が必須で有るはず…ならばどちらも不可能に持ち込めば良いだけ!

乙骨憂太と虎杖悠仁は下の手2本をリカちゃんは上の手2本を…更に乙骨憂太は腹部の口から舌を引き抜き抜くと言う徹底ぶりです。

更に虎杖悠仁に赤血操術の術式が刻まれたのでしょうか…血が炸裂し宿儺の腕を切り離したようです。

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話の確定速報!邪去侮の梯子から隙を衝いて伏黒恵の魂を呼び覚ます虎杖悠仁の一撃!

九十九由基の魂の研究記録という名の手記。

ここに他人の魂を操った真人と戦った虎杖悠仁の経験が加わわることで伏黒恵を救う仮説が出来上がったようです。

術式と呪物と人格が直結している受肉体に、対象の術式を消滅させる天使の術式を放つ…宿儺を消し去ることが可能…その前に魂を捉える打撃で伏黒恵の魂を押さえる!

それで伏黒恵に生存率は格段に上がると言うのです。

そして受肉体に放たれた邪去侮の梯子!

乙骨憂太とリカちゃんも援護します!

  • 起きろ伏黒。

事は仮説通りに進んだのです…しかしそこに現れた伏黒恵の魂には生きる意志など…?

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話の確定速報!龍鱗・反発・番いの流星・解の斬撃が乙骨憂太を引き裂くのか?

そのとき一瞬の隙が生じたのでしょうか…?

龍鱗 反発 番いの流星…宿儺の唱える呪詞が響き渡ります。

伏黒恵の魂同様に宿儺の魂も生存出来たのでしょうか…解・世界を断つ斬撃が乙骨憂太・リカちゃんそして虎杖悠仁をも切り裂いて行くのです。

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話の確定速報!勝利を確信した宿儺の前に禪院真希が登場!

これにより五条悟の吐息と同様に宿儺は自らの勝ちを確信したかのように口物に不遜な笑みを浮かべるのでした。

逆にその不遜な確信に隙が生じたのでしょう…呪力0の天与呪縛フィジカルギフテッド禪院真希が静かに宿儺の前に現れるのでした。

呪力を持たざる者の急襲を宿儺は受けることが出来るのでしょうか?

 

呪術廻戦251話ネタバレ最新話の確定速報!感想と考察!

乙骨憂太は空間とともに解に切り裂かれたのでしょうか、里香ちゃんはそして虎杖悠仁は土なのでしょうか?

絶対優位な戦況を突如ひっくり返された事も読んでいた事なのでしょうか…いやそうではないでしょう。

もし領域展開”真贋相愛”が敗れるようなことでもあればと、呪力0の禪院真希が控えていたのでしょうか?

妹の舞依が倒れる時にわずかに残った呪力を奪ってくれたことで完全なフィジカルギフテッドとして覚醒した禪院真希!

呪術師とは一味違った凄まじい展開を見せてくれるでしょうか?

更に、浴により深く沈められた伏黒恵の魂を揺り動かす事には成功したようですが、恵にはもう一つ姉の美紀を自らの手で…ここを何とかしないとダメなんじゃないでしょうか?

次回の呪術廻船は2024年3月4日(月)発売の週刊少年ジャンプ14号に掲載される予定です。

 

まとめ

今回は、呪術廻戦251話ネタバレ最新話確定速報!乙骨憂太の決定的な窮地に禪院真希が音もなくに現れる!というテーマでお伝えさせていただきました。

2024年2月19日(月)発売の週刊少年ジャンプ12号に掲載の呪術廻戦251話-人外魔境新宿決戦㉓-ネタバレ最新話確定速報になります!

是非楽しんで読んでくださいね!

五条悟なみの活躍を期待された乙骨憂太でしたが、早々に世界を断つ斬撃を食らうに至りました。

しかし呪力出力も衰えていた宿儺の発動…どの程度のダメージになったのかは虎杖悠仁とリカちゃん含めて明らかになっていません。

しかし最後の切り札とも目される禪院真希が登場したところから鑑みると、戦線復帰にはある程度の時間を要するのではないでしょうか?

それとも、これらも全て織り込み済みの想定内の出来事だとしたら話は全然違ったものになって来そうですね。

それでは、呪術廻戦251話ネタバレ最新話確定速報!乙骨憂太の決定的な窮地に禪院真希が音もなくに現れる!これで終了とさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

テキストのコピーはできません。