「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

呪術廻戦

呪術廻戦250話ネタバレ確定!宿儺の術式模倣を駆使する乙骨憂太!

呪術廻戦250話ネタバレ最新話確定速報!宿儺の術式模倣を駆使する乙骨憂太!
Pocket

今回のテーマは、呪術廻戦250話ネタバレ確定!宿儺の術式模倣を駆使する乙骨憂太!という内容でお伝えしてまいります。

2024年2月11日(月・振替休日)にweb版発売の週刊少年ジャンプ11号に掲載の呪術廻戦250話-人外魔境新宿決戦㉒-のネタバレ確定になります。

是非楽しんで読んでくださいね!

尚、この記事は本誌ネタのネタバレを含んでおりますので、苦手な方はご注意ください。

>>呪術廻戦前話のネタバレ確定はこちら!

ここで呪術廻戦好きの皆さまにとてもお得なお知らせがあるのです。

ebookjapanという書籍サイトをご存じでしょうか。

とてもお得に色んな本が読めるweb専用電子書籍サイトとなります。呪術廻戦221話ネタバレ最新話確定速報!五条悟が封印を解く復活の日はいつ?①こちらの電子書籍サイト、漫画がとっても得意なサイトになるので僕のお気に入りでもあるんですよ。

  • 貴方もこれを機会に電子書籍を活用して見ませんか?

こちらebookjapanはYahoo!のサイトとなりますので、その点でも安心してお使い頂けると思います。呪術廻戦221話ネタバレ最新話確定速報!五条悟が封印を解く復活の日はいつ?②そのebookjapanの特徴を見てみましょう!

  • 取り扱い冊数がマンガを中心に80万冊を超える、国内最大級の電子書籍販売サービスです。
  • 常時2,800冊を超える、無料のマンガをお楽しみいただけます。
  • セールをはじめとした多彩なキャンペーン、全巻読み放題等の独自施策を実施しています。
  • PayPayがご利用いただけますので、PayPayポイントやキャンペーンを活用すればもっとお得なんですよ!
  • Yahoo!プレミアム会員なら、さらにお得にご購入いただけます。
  • 初回ログインの方限定!最大6回使える!【70%OFFクーポン】配布中

呪術廻戦221話ネタバレ最新話確定速報!五条悟が封印を解く復活の日はいつ?③最後の項目だけ重要な情報ですので少し詳しくお伝えしますね!

初回ログインの方限定のお得な情報なんです!

  • ほぼ全てのマンガ、本が70%OFFに! (1購入につき・最大500円まで一部対象外の商品がございます)
  • 有効期間内であれば、6回までの購入に使用可能です。
  • 初めてのログインから60日間有効です。

→つまり上手にクーポンを使えば呪術廻戦の最新刊がなんと150円で買えちゃうのです。

今日から君もとても快適なebookな暮らしの仲間入り、どうぞお楽しみください!

\今すぐ6回分70%オフクーポンGET!/

それでは、呪術廻戦250話ネタバレ確定!宿儺の術式模倣を駆使する乙骨憂太!どうぞお楽しみください。

 

Contents

呪術廻戦250話ネタバレの考察!

呪術廻戦前回の-人外魔境新宿決㉑-では冒頭に羂索と乙骨憂太の御所湖結界でのやり取りが描かれましたがポイントは2つだと思います。

  • 羂索の意志は既に継承の儀で宿儺に引き継いでいるということ!
  • 趙重複同化の儀については乙骨の目の前で天元からの書き換えが行われたと見て良さそうです!

更には呪霊操術が暴走した事からも分るように、羂索が承継して来た術式がコントロールを失い他でも暴走する効能性も示唆しているのかも知れません。

そう言う域説を経てリカちゃんを引き連れて新宿に戻った乙骨憂太がやるべきことは明確です。

その流れの中で乙骨憂太は初めて見せる領域展開”真贋相愛”をくり出し、いづれにしてもその領域内で決着をつけると決意を新たにするのでした。

更にはその領域内に虎杖悠仁を入れ、魂を捉える黒閃で宿儺と伏黒恵の肉体を菱剥がそうと目論んでいるようです、

それでは呪術廻戦250話のネタバレ考察を進めていきましょう。

 

呪術廻戦250話ネタバレの考察!宿儺との決戦に外付けの術式のリカを持つ乙骨の優位性?

祈本里香は実は呪術廻戦0巻のラストで成仏しています。

以降乙骨憂太の周りに現れるのは里香ではなくリカなのです。

祈本里香が遺したのは乙骨憂太の指に嵌められたリングだけではありません。

外付けの術式リカは不足しがちな乙骨憂太の呪力の備蓄庫でもあるのです。

宿儺もリカがそこにある限り乙骨憂太に呪力切れはないものと考えて戦わなければならないはずです。

それがどれだけ乙骨憂太に優位に働くかは想像に難くはありません。

これが非力にも関わらず五条悟を圧倒的に上回る乙骨憂太の呪力量の秘密にもなります。

真贋相愛の領域の中で里香が残したリングを通じてリカと乙骨憂太が繋がった時に何が起きるのか見ものだと思います。

 

呪術廻戦250話ネタバレの考察!虎杖悠仁の魂を捉える打撃とは?

宿儺と伏黒恵の肉体を引き剥がすという虎杖悠仁の魂を捉える打撃とは黒閃のことでしょうか?

これには脹相が虎杖悠仁にもたらしてくれた九十九由基の魂の研究記録が関係あるものと思われます。

そう考えれば完全体となった宿儺がそう感じているように、いよいよ虎杖悠仁に貼られていた数々の伏線が回収される可能性があります。

冥冥道場での日下部篤也と虎杖悠仁の魂の入れ替わりもそのうちの一つなのかも知れません。

また最近になって虎杖悠仁が反転術式を習得したことも関係するのではないでしょうか?

魂を捉える打撃とは虎杖悠仁が新たに習得した九十九由基が残した魂の研究記録の中の術式なのかも知れません。

 

呪術廻戦250話ネタバレの考察!乙骨憂太の展開する領域の内側を予想?

乙骨憂太の真贋相愛という名の領域展開が作中で初めて登場しました。

以前から乙骨憂太の領域展開は話には出てきましたが、不発に終わっていたようです。

不発とはいえやはり領域展開には相当量の呪力を必要とするらしく、その呪力はリカちゃんの完全顕現でも回復できることも見て取れます。

そこからある程度に時間が立ち完成度を高めたと思われる真贋相愛…その名前が示すようにリカちゃんとの併せ技であることも充分に予想出来ることではないでしょうか?

その内側はというと、コンクリートの瓦礫が埋め尽くされた荒れ果てた地のどこかしこに無数の刀が突き立てられています。

更に水引と思わせる注連縄で結界を構成して領域を閉じているようにも見えます。

以前の不発だった慮域の時は仏教に登場する天女”茶吉尼天“の印を踏んでの展開と見られていましたが、今回の領域の内側を見る限り仏教とは相いれない日本古来の風習を強く感じる景観を見て取れます。

いずれにしても真贋相愛の領域内では繋がってる乙骨憂太とリカちゃん双方の術式の模倣が無制限に発動されるものと考えられます。

今回、模倣される術式はやはり宿儺の術式なのでしょうか?

 

呪術廻戦250話ネタバレの考察!虎杖悠仁が乙骨憂太の領域内で戦うには?

宿儺との決着をつけるためにあえて展開した乙骨憂太の領域!

その領域内は必中効果の無制限の術式模倣が飛び交う空間となるはずです。

以前、虎杖悠仁が五条悟の”無量空処”で無限の知覚と伝達から身を守る方法は常に五条悟を触れ合っている事でした。

しかし今回の敵は完全体を取り戻した両面宿儺です!

そんな足枷になるような戦い方で勝つことが出来るのでしょうか?

たとえ宿儺の読み通り彌虚葛籠を強制的に使わせ続け腕と口を半分封じたとしても、虎杖悠仁と乙骨憂太が触れ合っていなければならないとしたらほぼ同条件となってしまいます。

そうなってしまっては折角の伏黒恵を救うための手立てが台無しになってしまわないでしょうか?

ここは呪いの女王であるリカちゃんも領域内に参戦し、同じ生得術式である模倣を使って虎杖悠仁に害が及ばないようにするのではないでしょうか?

 

呪術廻戦250話ネタバレの考察!虎杖悠仁が伏黒恵を助ける方法とは?

  • いくつか案がある、伏黒を助ける方法だ!

虎杖は言いました。

受肉している宿儺を伏黒から引き離す。

それは虎杖自信を犠牲にするものなのかもしれません。

宿儺が受肉している伏黒の指を斬り、それを飲み込む…宿儺が虎杖から伏黒に乗り換えた時に使った手の逆をやるというわけです。

  • アイツを殺すためだったら なんでも食ってやる!

覚悟を決めた面構えでそう言う虎杖悠仁。

この覚悟のほどは九相図の残り4番~9番を食う覚悟が出来たという事なのでしょう。

そう考えれば虎杖はこれから6回の覚醒を繰り返すことが可能になるという事です。

しかしこの方法は脹相との対立を生みかねないので相当な危機状況の中でお互いの合意のもと行われることが必要になるのではないかと思います。

そして脹相の弟たちの魂が復活を果たしその意思を戦いに及ぼす可能性も含めての合意となるのではないかと考えています。

 

呪術廻戦250話ネタバレの考察!虎杖悠仁がなんでも食ってやると言った真意を考察!

虎杖悠仁自身も自分に宿儺の術式が刻まれる予兆を感じているのでしょうか?

宿儺の術式は前項で見たように“■”と“開”!

宿儺の術式の内”■”(ボックス)とは読んで字のごとく箱だとも言われています。

この“■”は芥見先生の他の作品から来ていることをご存じでしょうか?

その作品の主人公が9つの“■”をまさに“開”くことで様々な技を繰り広げていたのです。

つまり呪術廻戦ふうに言えば様々な術式を“■”の中にしまっておけるという事です。

様々な呪物を食うことで“■”の中に来るべき決戦の時に使える術式を増やしておく。

つまり宿儺に対して有能と思える術式を“■”の中に備えて置きいざ決戦に向かうという考えなのではと考えられます。

 

呪術廻戦250話ネタバレの考察!呪胎九相図で発現する虎杖悠仁の能力は?

呪胎九相図の四番から九番を喰った虎杖悠仁にはどんな能力が発現するのでしょうか?

加茂憲倫(実は羂索)が明治の世に作った九体の特級呪物の四番から九番は呪術高専の奥深く忌庫に眠ったまま死んでいました。

脹相との戦いの中で、虎杖悠仁も加茂憲倫(実は羂索)の血を受け継いでいることが判明し実は呪胎九相図と兄弟であることが分ったのです。

という事は、その血のつながりから脹相が使う加茂家相伝の赤血操術を使えるようになる可能性が高いと考えられます。

また死んでいたとはいえ特級呪物である呪胎九相図の四番から九番を喰ったとなれば何らかの発現が有ると考えた方が良さそうです。

それは呪胎九相図二番壊相と三番血塗が使った蝕爛腐術というこれも血を活用する術式が虎杖悠仁に刻まれる可能性があると思っています。

この術式は壊相と血塗が八十八橋で使っており、釘崎野薔薇はそれを逆手にとって共鳴りで倒したという経緯があります。

この血に塗られた術式が虎杖悠仁に発現するのであれば、羂索を倒すためにこれを使ってほしいと願っています。

実験として自らの血筋として生み出した呪胎九相図、それを失敗作とまで言って罵った羂索。

呪胎九相図の四番から九番を喰った虎杖悠仁にやって欲しいと願う事は、その血筋により発言した術式で羂索を葬り去れば死に急いだ彼ら兄弟もうかばれるのではないでしょうか?

 

呪術廻戦250話ネタバレの考察!新宿決戦で虎杖悠仁が最終形へと覚醒を果たす?

飛びぬけた身体能力を持ち、受肉されても呪いの王である両面宿儺を抑え込むほどの力を持つ虎杖悠仁はいつ覚醒するのでしょうか?

元々が一般人で生得術式を持たない虎杖悠仁は、その類まれな身体能力と呪術界に身を置いてから覚えた呪力操作で戦いを強いられてきました。

それでも早くから多くの呪術師から一級呪術師相当の力を持っていると言われて来たのです。

しかしかつて五条悟が”そのうち君の体には宿儺の術式が刻まれる…今は使えないだけ”と虎杖悠仁について考えを巡らせている事?

また虎杖悠仁の隠された出生の秘密から、或る平安呪詛師の力を引き継いでいる可能性も示唆されています。

更には呪術高専の忌庫に封印されていた受胎九相図の四番から九番を喰ったこと。

この受胎九相図を取り込んだことも虎杖悠仁の出生から考えれば宿命だったのかもしれません。

このことから虎杖悠仁の能力が爆発的に覚醒するのは時間の問題と言っても良いでしょう!

果たして虎杖悠仁の最終形への覚醒は人外魔境と化した新宿決戦で起るのでしょうか?

>>虎杖悠仁の覚醒の考察はこちら!

 

呪術廻戦250話ネタバレの考察!最強宿儺に弱点を見出せるのか?

宿儺の器として虎杖悠仁の耐性は、無意識下でも難なく両面宿儺を抑え込んで自我を保てるという圧倒的なものでした。

この事から五条悟をして”千年生まれてこなかった逸材”と言わしめるほど、早くから虎杖悠仁は呪術に対しての才気の可能性を見せていました。

しかし”いずれ宿儺の術式が刻まれる”とは言われていますが未だ術式すら持たない虎杖悠仁にタッグの主力として宿儺に対峙することが出来るのでしょうか?

しかし宿儺が少なからず虎杖悠仁を自分のウィークポイントとして弱点と思っていることは間違いないでしょう。

虎杖悠仁が再び宿儺の器となれば今の最強の宿儺と言えども封じ込めることが出来るかも知れませんね。

 

呪術廻戦250話ネタバレの考察!虎杖悠仁と日下部篤也の入れ替わりは伏黒恵救出の稽古?

虎杖悠仁が”アイツを殺すためなら、なんでも喰ってやる”と言った後で言っていました。

  • いくつか案がある、伏黒を助ける方法だ!

その1つが…お金稼ぎに余念のない冥冥の眼前で繰り広げている稽古なのでしょうか?

虎杖悠仁と日下部篤也が入れ替わっていますね。

これが何なのか皆さん考察に余念が有りません。

ミスかと言う意見もありますがそんなことは無いでしょう!

でも2人とも術式は無いはずです…いや虎杖悠仁はまだ使えないだけでしたね。

宿儺の術式でも、九相図という感じも、あまりしないですね?

特級呪術師の紅一点、九十九由基のメモに何かヒントが有った線が濃厚と考えられます。

これで宿儺の受肉体となっている伏黒恵と虎杖悠仁が入れ替わるという事なのだと思われますが。

もう少し推移を見守ってみましょう。

 

呪術廻戦250話ネタバレの考察!宿儺に受肉された伏黒恵の魂と虎杖悠仁が入れ替わる?

五条悟は、宿儺が虎杖悠仁の身体から逃げた事を”腑抜け”と呼んでいました。

やはり虎杖悠仁はその出自から見ても宿儺を凌駕する何らかの能力を有しているのでしょう。

それ故に虎杖悠仁に受肉していた時その身体を支配するには契約によるしかなかった宿儺?

冥冥の道場で稽古をしていた日下部と虎杖悠仁の魂が入れ替わっていたという描写が描かれました。

その真偽の程とそれがいかなる力によるものかも判明はしていませんが、この技の目的は虎杖悠仁が弱っている伏黒恵のと入れ替わって救うという事が目的と思われます。

更に宿儺は虎杖悠仁の魂に抑え込まれた経緯もあり、これが成功すれば一挙両得で人外魔境新宿決戦も長期化せずに済むと考えられます。

更にメリットは、独断場と化している死滅回游の羂索を呪術高専総出で追い詰めることが可能ともなり効果は絶大であるとも考えられます。

しかし稽古で虎杖悠仁は日下部から-いいかげん掴め-とも言われていましたので、技が完成しているのかは心配ですが…ついにその時が!

伏黒恵の事は宿儺を殺してから考えると言っていた五条悟は殺さずともその時が訪れたと察するのではないでしょうか?

瀕死の伏黒恵の身体で魂まで救う事は困難と考えるのは衆目の一致するところではないでしょうか?

虎杖悠仁が瀕死の宿儺の前に立ち、自分の魂と伏黒恵の魂を入れ替えるのではないか?

そして宿儺の魂は虎杖悠仁に抑え込まれたまま再び闇へと追いやられることになるのではと思います。

 

呪術廻戦250話ネタバレの考察!伏黒恵の身体で宿儺を抑え込む虎杖悠仁?

一方の伏黒恵の肉体の方では、虎杖悠仁によって宿儺が抑え込まれるのではないでしょうか?

そして瀕死状態の宿儺の魂はなすすべもなく虎杖悠仁に飲み込まれて行くものと思われます。

それにより伏黒恵の肉体に対する宿儺の受肉は終焉を迎えるのでしょう。

そしてその肉体は家入によって治癒され蘇った自分の魂を待つことになるのだと思います。

 

呪術廻戦250話ネタバレの考察!虎杖悠仁の身体で治癒される伏黒恵の魂?

2人の身体は呪術高専の家入硝子の前に届けられます。

家入が先に治癒するのは伏黒恵の魂からでしょう。

今回の決戦の大きな目的の一つ伏黒恵の魂の救済!

ようやくこれを果たす時が訪れたのではないでしょうか?

虎杖悠仁の身体に納められた伏黒恵の魂は、家入に反転術式で治癒され目を覚まし徐々に覚醒して行くと願っています。

 

呪術廻戦250話ネタバレの考察!伏黒恵を救うには宿儺の指と釘崎野薔薇の復活が必須要件?

最終的に伏黒恵を救うのは虎杖悠仁と釘崎野薔薇の呪術高専東京校1年トリオの2人だと考えています。

しかしその道筋は五条悟が生前に整えてくれていたのではないでしょうか?

それは五条悟が呪術高専の奥深くに封印した宿儺の最後の指です

釘崎野薔薇が復活し、五条悟が用意した特級呪物・宿儺の指の最期の1本から共鳴りで宿儺の魂に楔を打ち込む!

そして虎杖悠仁その式に伏黒恵の弱った魂と入れ替わりを果たす!

このようなシナリオが待っているのではないでしょうか?

 

呪術廻戦250話ネタバレの考察!釘崎野薔薇の共鳴りと簪の反転技が伏黒恵を呼び覚ます?

伏黒恵の魂救済と宿儺の魂封印、この2つがこれから行わなければならないことになるはずです。

そしてをやりやすくするために、虎杖悠仁と伏黒恵の魂の入れ替えが行われました。

しかし本当の課題はここからで、今までも虎杖悠仁では宿儺の魂を抑え込めても封印はできなかった。

そして伏黒恵の魂も虎杖悠仁の体に移したからといって救済が済むわけではないと思います。

そこで考えられるのが釘崎野薔薇の能力です。

共鳴りの反転で伏黒恵の魂を呼び覚まし、簪の反転で宿儺の魂を抜き去り封印する!

その可能性を考えて見ましたがいかがでしょうか?

 

呪術廻戦250話ネタバレの考察!凍星裏梅vs熱きギャンブラー秤金次の行方!

ここで新宿場外乱闘編とでもいうべき秤金次と裏梅戦いが描かれました。

裏梅は氷凝呪法の真髄である霜凪をぶつけてきますが、秤の速度の方が上回りダメージを与えることすらできません。

そこから平安呪詛師の特徴ともいえる理屈っぽい理論展開を裏梅が披露して行きますがそれも秤には馬耳東風!

何でも現代術師は人間であろうとするところがなり切れていない弱さだというのですが…余計なお世話という気もします。

全力で秤を潰すと啖呵を切った裏梅に、熱き漢はキンキンに冷えた”もの”を所望するのでした!

果たして秤は裏梅を倒して宿儺を孤高の存在に追い込むことが出来るのでしょうか?

 

呪術廻戦250話ネタバレの確定!

2024年2月11日(月・振替休日)にweb版発売の週刊少年ジャンプ11号に掲載の呪術廻戦250話-人外魔境新宿決戦㉒-のネタバレ確定になります。

是非楽しんで読んでくださいね!

少しだけ確認しておきましょう。

宿儺が小僧と呼ぶのは虎杖悠仁のこと、憑霊のガキとは乙骨憂太のこと更にツギハギ呪霊とは真人のこととなりますので…本編を読む前に覚えておきましょう。

 

呪術廻戦250話ネタバレの確定!乙骨憂太の領域に突き立てられた刀の秘密!

乙骨憂太が始めて見せてくれた領域展開の内部には無数の日本刀が突き立てられていました。

普段から乙骨憂太が所持している日本刀…実はただの日本刀ではありません。

祈本里香が成仏前に乙骨憂太に残した外付けの術式リカ…通称リカちゃんの呪力が込められているのです。

では領域内に無数に突き立てられた刀も同様かと言えばそうではないようです。

通常、呪術師が2つの術式を同時に身体に宿すことは脳への負担が大きすぎて危険視されているのです。

故にこの無数の刀にはリカちゃんに格納されている術式模倣が一本一本に宿されていると言うもののようです。

そしてどの刀にどの術式が宿るのかは乙骨憂太にしか分からないということと、さらに術式を解放するとその刀は消滅するようです。

領域内に取り込まれた宿儺は乙骨憂太の術式模倣の必中効果と虎杖悠仁の魂をた捉える打撃に完全顕現したリカちゃん攻撃がこれでもか繰り出されるのです。

 

呪術廻戦250話ネタバレの確定!五条戦の後遺症に苦しむ宿儺の反撃は反転術式で治癒される!

しかし宿儺も最強呪術師としてこのままと言う訳にもいかないでしょう。

絶え間なく繰り出される攻撃の隙に乙骨憂太と虎杖悠仁に向けて蜘蛛の巣状の捌の斬撃を放ったのです。

しかし五条悟との戦いの疲弊から完全に立ち直っていない宿儺…特に無量空処による脳の損傷は後遺症として残っているようようでその斬撃には最盛期の力はありません。

最初はヒヤリとしましたが、捌により受けた2人の傷は反転術式により次第に治癒されて行くのでした。

 

呪術廻戦250話ネタバレの確定!刀に仕込まれた術式模倣!

逆に乙骨憂太は巧みに刀を選択しながら過去に模倣した術式を適時使いながら宿儺を追い詰めて行くのです。

  • 天使の術式…必中術式として結界に付与!
  • 烏鷺亨子の術式!
  • ドルゥヴ・ラクダワラ(倭国大乱で列島制覇した古老呪術師)の術式!
  • 狗巻棘の術式!
  • そしてこの領域内で使えるようになったシャルル・ベルナールの”未来余地

宿儺が一番警戒していたのはやはり五条悟の無下限呪術の模倣だったようで…しかし六眼が必要となる無下限はさすがに乙骨憂太とはいえ模倣は不可能だったようです。

 

呪術廻戦250話ネタバレの確定!蜘蛛の巣状の捌で宿儺を追い詰める乙骨憂太!

これで出揃ったかと思った宿儺は返す手を考えていたのでしょうか?

しかし乙骨憂太が手を変え品を変え多くの術式模倣を繰り出して来たのは、宿儺が初見術式に対してどの程度の隙が出来るかということだったようです。

それならば更に宿儺に隙を作り出そうとあの術式模倣の刀を握ったのです。

そして素早い突きをくり出した刀から放たれた術式は捌”…それも先ほど宿儺自身が発した蜘蛛の巣状の捌を自ら食らうことになったのです。

 

呪術廻戦250話ネタバレの確定!感想と考察!

たとえダメージが回復していなかったとはいえ、仮にも完全体を取り戻した宿儺です。

乙骨憂太がこれだけワンサイドゲームを繰り広げるとは想像していませんでした。

確かに虎杖悠仁やリカちゃんの加勢もありますが、戦いの場としては乙骨憂太の独断場の様相を呈しているようです。

でも宿儺ほどの呪術師が自分の術式を受けて不覚を取るでしょうか?

宿儺も心配しているように、ここで虎杖悠仁の魂を捉える打撃で肉体から引きはがされまさかの呪物化してしまうのでしょうか?

呪術廻戦次回は2024年2月19日(月)発売の週刊少年ジャンプ12号に掲載される予定です。

 

まとめ

今回は、呪術廻戦250話ネタバレ確定!宿儺の術式模倣を駆使する乙骨憂太!というテーマでお伝えしてまいりました。

2024年2月11日(月・振替休日)にweb版発売の週刊少年ジャンプ11号に掲載の呪術廻戦250話-人外魔境新宿決戦㉒-のネタバレ確定でした。

楽しんで読んで頂けましたか?

乙骨憂太の術式模倣にいきなり新たに3つ術式が加わりました。

一つは天使のあらゆる術式を消滅させるという術式。

次に未来予知…これも謎は残りますがシャルル・ベルナールが誌面に登場していることからそうなのでしょう。

極め付けは、宿儺の斬撃、蜘蛛の巣状の捌!

このまま宿儺は自らの術式で切り刻まれてしまうのでしょうか?

呪術廻戦250話ネタバレ確定!宿儺の術式模倣を駆使する乙骨憂太!お楽しみ頂けましたか。

最後までお読みいただきありがとうございました、それではまた。

テキストのコピーはできません。