スパイファミリー

スパイファミリーのボンド犬種や能力は?年齢や原作の何話に登場するかも紹介!

スパイファミリーのボンド犬種や能力は?年齢や原作の何話に登場するかも紹介!
Pocket

今回は、スパイファミリーのボンド犬種や能力は?年齢や原作の何話に登場するかも紹介!というテーマでお伝えしてまいります。

東西両国の間に-鉄のカーテン-が降ろされてから十余年!

スパイファミリーであるフォージャー家は西国ウェスタリスの諜報機関WISEの下で世界の平和のために生まれたかりそめの家族です。

今回のテーマはそのスパイファミリー-ちち-スパイ、-はは-殺し屋、-娘アーニャ-超能力者の家族に新たなファミリーが加わるという話です。

イーデン校新入生の中で初の快挙であるアーニャの人命救助に対するステラ獲得第一号!

まさかの展開のご褒美に-いぬさん-を飼うことになったスパイファミリー・フォージャー家?

果たしてスパイファミリー・フォージャー家にどんな新たな家族が加わるのでしょうか?

それでは、スパイファミリーのボンド犬種や能力は?年齢や原作の何話に登場するかも紹介!早速進めてまいりましょう。

 

スパイファミリーのボンド犬種は?

-オペレーション梟ストリクス-それがスパイファミリー・フォージャー家のミッション!

フォージャー家の-ちち-は-コードネーム黄昏-と呼ばれる西国ウェスタリス一番の敏腕スパイなのです。

そして-黄昏‐をはじめスパイファミリーのミッションは敵国である東国オスタニア一番の要人であるドノバン・デズモンドに近づくこと!

そのために娘アーニャを名門イーデン校に入学させ同級生であるドノバン・デズモンドの次男ダミアンへの接近を試みます。

戦略はふたつ!

プランA:インペリアル・スカラと呼ばれる特待生にアーニャを育て上げ、その-ちち-として要人に接近すること!

プランB:トモダチ作戦、アーニャと要人の息子を親しい関係にし要人の自宅に招待されること。

プランAを進めるためにはアーニャが特待生イペリアル・スカラとなり懇親会にでる権利を獲得する必要があります。

そのために必要なのが秀でた成績を収めたものや、大きな社会貢献をしたものに与えられる-星ステラ-を8つ獲得すること。

逆に良くない行動や成績が芳しくないものに与えられる-雷トニト-、これが8つたまると即退学となるのです。

アーニャは入学初日にターゲットである要人の次男ダミアンの意地悪に耐えかねて正義の鉄槌カウンターパンチを-ボガーン-とお見舞いして-雷トニト-1個を早くも獲得します。

‐アーニャがっこうへたくそでこめんなさい‐MISSIONの大きな一歩後退で意気消沈するアーニャたち。

そして、それを少しでも挽回すべくちょっとしたボランティアに参加するスパイファミリー・フォージャー家!

そのボランティア活動の中でなんとアーニャは溺れている男の子の心を察知し人命救助をするのです!

なんとその行いに対し新入生第1号の-星ステラ-が1つ与えられました。

そのご褒美として上流階級家庭の証でもある-いぬさん-をプレゼントして貰うことになったアーニャなのです。

そしてスパイファミリー・フォージャー家は一家揃ってペットショップに-いぬさん-を探しに出かけるのであります。

折しも西国ウェスタリスの外相一団が和平交渉のため東国オスタニアに訪れているときに事件は勃発します。

外相暗殺を企てるテロリストの摘発に動いている-ちち黄昏-をはじめWISEのメンバーたち。

かつて東国オスタニア旧政権下で行われていたIQの高い動物を生み出し武器とする軍事作戦-プロジェクトアップル-その生き残りの犬に大量の爆薬を積みウェスタリス外相を狙う計画をつかみます。

そんなご褒美の-いぬさん-を探すアーニャに不思議な光景が浮かびます。

アーニャの近くを通り過ぎる白い大型犬(後のボンド)の思考がアーニャの頭に飛び込んできたのです。

それはスパイファミリー・フォージャー家のみんなが笑顔でその大型犬(後のボンド)を見つめている幸せそうな光景。

アーニャはその不思議な白い大型犬(後のボンド)を一人追いかけていきます。

そしていつしかアーニャもその白い大型犬(後のボンド)が関係するテロ事件に巻き込まれていくのです。

その白い大型犬が後のスパイファミリー・フォージャー家の家族ボンドとなるわけですが、果たしてあの白い毛モフモフの犬種はなんなのでしょうか?

実は原作本編の中ではボンドが何犬なのかは一切触れられておりません。

ボンドの見た目やアーニャとの大きさの比較からセントバーナード、ゴールデンレトリバー、サモエド等が候補として上がっています。

しかしあのボンドのモフモフの犬種は本編以外のところにはっきりと書いてあるのです。

それは単行本4巻のカバーを外した裏表紙!

ボンドの紹介として-犬さん誕生秘話-に初期から現在の完成案までの絵コンテまで掲載されています。

それによると、ボンドの性別はオスだそうです。

そして作者の遠藤達哉先生はボンドのことを-グレートピレニーズ-を見て書いているということを明かしておられます。

これは‐もじゃ‐ことフランキーからの紹介という形で掲載されています。

ボンドの逸話としてとても面白いので是非見つけてみて下さいね。

 

スパイファミリーのボンド能力は?

アーニャとボンドの出会いは先ほども少しだけ触れたようにちょっと変わっています。

アーニャが-ははヨル-と犬の譲渡会でどの犬にするか迷っているときにテロリストと共に外を歩いていたボンド。

そしてお互いに何かを感じたのかガラス越しに見つめ合うアーニャとボンド!

アーニャの髪飾りがパチッとスパークして脳裏にボンドの思考が映像として飛び込んできます。

それはなぜか、ボンドを優しい目で見つめるフォージャー家の面々!

アーニャは思わずボンドの後ろをついていってしまいます。

そして次に見えてきたボンドの心にある映像が統計台の下で爆死した-ちち-の姿!

そうなのです、プロジェクトアップルで育てられた軍用犬ボンドには予知能力が備わっているのです。

ボンドの予知が正しいとすれば-ちち-が危ない!

アーニャは幼い頭脳を一生懸命に働かせてボンドと連携し-ちち-の救出に向かいます。

-ちち-の爆死を回避するためにボンドに跨り颯爽と事件現場まで走って行くのです。

アーニャはボンドに話しかけます‐おまえ、みらいわかる?‐と。

その姿はこの作品の序盤のクライマックスと言っても良い場面ではないでしょうか?

 

スパイファミリーのボンド年齢は何歳?

さて、そのような経緯を経てフォージャー家の一員となったボンドは果たして何歳なのでしょうか?

先ほども紹介しましたがボンドはオスという設定です。

また本編や単行本のどこを見てもボンドの年齢は書いてありません。

一般的に言えば大型犬は2年程度で大人になり、人間に換算すると20歳くらいと言われています。

作中で一つ明らかにされているのが-プロジェクトアップル-でボンドたちが実験対象となったのは東国オスタニアの旧政権下であったこと!

そこを作中をもとに時系列的に考証するとボンドは概ね10歳内外の年齢と思われます。

これを人間で換算するとボンドは70歳超えの年齢くらいでしょうか?

ボンドはたとえ軍用犬として育てられたとはいえ、この年齢であれば優しい気持ちが前に出てきていて安心な気もしますね。

 

スパイファミリーのボンド原作の何話に登場するかも紹介!

ボンドが原作に初めて登場するのは単行本4巻のMISSION18になります。

最初ボンドは軍用犬の能力を持ち、敵であるテロリストが計画している爆弾テロの武器として登場します。

当然の成り行きとしてそこにその計画自体を阻止しようと-ちち-をはじめWISEのメンバーたちが介入していきます。

一方ボンドの心に映る未来のフォージャー家の人たちの映像をアーニャはしっかりとキャッチしその流れで事件に関わっていくことになります。

自分が超能力者であることが知れたらみんなと一緒にいられなくなると思っているアーニャは誰にも告げずに、危険を顧みずボンドと共に爆弾に立ち向かっていくのです。

そして誰にも知られることなくアーニャはボンドとともに-ちち-の運命を変え爆死から救うことに成功するのです。

自分がアーニャとボンドに命を救われたことを知らない-ちち-は最初アーニャを叱りつけてしまいます。

しかし本当はアーニャに怪我がなかったのか心配で仕方がなかったのですね。

-娘を救ってくれて礼を言うよ-とボンドの頭を撫でる-ちち-ロイド。

そのあとボンドを連れ去ろうとするWISEの面々の前にアーニャは立ちはだかります。

-アーニャこのいぬさんがいい、このいぬさんかってくれなっきゃアーニャぐれてがっこうやめる-とご褒美をおねだりするかわいいアーニャ!

-ちち-たちはWISEの面々は-オペレーション梟ストリクス-を進める事を優先してくれたため、アーニャの願いは叶い晴れてボンドはフォージャー家の一員となるのです。

アーニャの人の心を読む超能力とボンドの未来予知の能力が合わさって今後どのような活躍がみられるのかとても-ワクワク-しますね。

 

まとめ

今回は、スパイファミリーのボンド犬種や能力は?年齢や原作の何話に登場するかも紹介!と題してお伝えしてまいりました。

スパイファミリーの作者である遠藤達哉先生は連載の漫画を単行本にするときにかなりのこだわりを持って作り込んでから発売されているようですね。

ボンドの秘密は本編にはまったく無く、実はカバーを外すと書いてあったのですね。

ちなみに1巻の同じところには-黄昏-のプロフィールが、肝心のところは黒でベタ塗りして掲載されています。

2巻はアーニャのお気に入りのやつ!が色々と!

あれ、この掲載はもじゃことフランキーが紹介するページなのですね!

なんか日陰の身が気の毒と思うのは僕だけでしょうか?

それでは、スパイファミリーのボンド犬種や能力は?年齢や原作の何話に登場するかも紹介!これで終了させていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。